オプション 取引ルール

アベレージコスト

アベレージコスト
〈図〉システム費用(新築)の内訳

平均コストと限界コストの関係は何ですか?

企業の基本的な平均コストと限界コストは非常に異なる概念ですが、それらは一緒に機能し、他のコストの増減に応じて上下に変動します。 平均コストは、販売された商品の総数に対する総コストの比率として説明できます。 これは、販売された商品の総コストを販売されたアイテムの数で割った値に等しくなります。 需給曲線と非常に強い関係があります。 平均コストは、平均変動コストと平均固定コストの合計として説明することもできます。 一方、限界費用は、追加のユニットまたは製品のために発生した費用です。 平均コストと限界コストは相互に関連しています。限界コストが上昇または下降すると、平均コストも変動するためです。

平均コストは、需要と供給の全体的な関係に依存するため、実際の価格とは異なります。 状況によっては、限界費用に応じて、価格が平均費用よりも低くなる場合があります。 限界費用は、追加ユニットを生産するための変動費用です。 平均コストよりも大きい場合、限界コストが平均を引き上げます。 平均コストよりも低い場合、限界コストは平均コストを引き下げます。 これらは、これら2つのエンティティ間の関係です。 平均コストと限界コストが同じ値の場合、平均コストは変化せずに一定のままです。

出力の増加に伴って平均コストが増加する場合、会社のコストは増加しています。 経費は、管理および従業員の調整のコストが困難かつ複雑になるにつれて増加します。 アベレージコスト 一方、時間の経過とともに平均コストが減少し、出力が増加すると、コストは減少します。 これは、従業員のカテゴリにさらにスペシャリストを追加し、カスタマイズされた計画を実装することで実現できます。 供給曲線は、平均コストと限界コストの関係を考慮すると非常に重要です。 組織の供給曲線は、平均変動費を上回る限界費用曲線の部分と見なすことができます。

平均コストと限界コストは両方とも相互に関連しています。 出力の変化に応じて変動する可能性があるため、限界費用は常に変化しています。 これは、出力の変化に対する総コストの変化の比率です。 平均総コストは開始時に減少しますが、一般的な動作として増加します。 アベレージコスト それはそれらの合計であるため、平均変動費と平均固定費に依存します。 平均変動費が上昇した場合、平均変動費が平均固定費よりも大きい場合にのみ、平均合計費用が上がる可能性があります。 また、平均変動費が急激に増加しても平均費用は増加しません。これは、平均固定費の急激な減少による可能性があります。

風力発電のコストは上昇している -英国からの報告-

杉山 大志

表 1. オークションにおける損益分岐価格
注: (a) モデル A における損益分岐価格 £114/MWh は、実際のコスト・性能データに加えて、 58% で一定という設備利用率を想定したもの。
(b) モデル B における :£68/MWh の損益分岐価格は、 2008-09 年に完了した浅い海での事業の運転費を想定し、また 60% で一定という設備利用率を前提としている。
(c) 「ラウンド 1 」と「投資契約」の損益分岐価格は、実際のコストデータに基づく分析結果である。

表から、陸上風力の場合、「ラウンド 1 」の平均ストライク価格は、 2018 年のコストと性能に基づいて計算した損益分岐価格とほぼ同じであることが読み取れる。

このことから、英国の陸上風力の実際のコストは、 MWh あたり £90-£95 の範囲にあると結論できる。

そして今後 10 年間でこれが大幅に減少すると予想する理由は無いことは、すでに述べた通りである。

洋上風力の場合、「投資契約」のストライク価格 161 ポンドは、 MWh あたり 152 ポンドという 2018 年の損益分岐価格よりもやや高いものだった。

だが、ラウンド 1 とラウンド 2 では、平均ストライク価格を正当化する為には、コストと発電性能について、非常に野心的な仮定をする必要が生じる。

ラウンド 1 では、平均ストライク価格は MWh あたり 112 ポンドであった。これを正当化するためには、発電コストが 2018-19 の実際の原価と同様であるとすると、 15 年間一定で 58% という高い設備利用率が必要になる、という分析結果になった。

このような高い性能は全く望むべくもない。 8-10 MW の設備を使用する洋上風力事業であっても、この事情は変わらない。

ラウンド 2 では、洋上風力の平均ストライク価格はさらに下がって MWh あたり 65 ポンドであった。損益分岐価格をそのレベルまで下げるには、 2008-09 年に完了した浅い海での事業と同等の低い運転費を想定した上で、 60% という高い設備利用率を一貫して想定する必要がある。このような仮定は幻想に過ぎない。

加重平均資本コストと事業リスク ―リスクをどちら側から見るか

斎藤 忠久

1) 永久年金型で毎年同額のキャッシュフローを生み出し、余剰キャッシュフローは全て投資家に還元(利子及び配当金)する企業を想定する。
2) この企業の企業価値(A:時価ベース)は100億円で、有利子負債(D)50億円、株主資本の時価総額(E)50億円で構成されているとする。
3) 有利子負債そして株主資本の提供者(投資家)は、それぞれ4%(有利子負債の期待利回り=rD)そして10%(株主の期待利回り=rE)の利回りを要求しているとする。WACCはrDとrEの加重平均であるから7%となる。

資産のリスクが変化したらWACCはどうなるか

1) 資産Aのリスクが上昇するので当然Aの利回りは上昇する。FCFが不変であれば(議論をシンプルにするためそう仮定する)資産の時価は減少する。
2) Dのリスクが極端に大きくならない限り、Dの時価額は不変であるので、Aの時価額が減少するとEの時価額も同額減少することになる。FCFは一定なのでEに対する毎年の配当金額は不変。したがってrE(Eへのキャッシュフロー額/E時価額)は当然、上昇することになる。一方、rDは不変なので、結果としてWACCはrEの上昇を受けて上昇することになる。

1) 資産の時価は70億円(=7億円/10%)に減少する。
2) 資産の時価額が70億円に減少したが、Dの時価額(50億円)は不変なのでEの時価額は20億円(70億円-50億円)に減少することになる。これによってEの利回りrEは25%(=5億円/20億円)まで上昇する。
3) rD=4%、rE=25%となるが、時価額はそれぞれD=50億円、E=20億円なので、
WACC=4%*50/70+25%*20/70=10%
となり、資産のリスクを表す利回りに一致することになる。

リスクはどこから生まれるのか

1) リスクは資産が生み出すFCFが変動することから発生する。
2) バランスシートの左側(資産側)で発生したこのリスクは、バランスシートの右側にあるDとEに分配される。
3) DはFCFを真っ先に受け取ることができることから配分されるリスクは極めて低く、一方、EはDに配分された後の残り物にしか権利がないことから、資産が生み出したリスクのほとんどはEに分配されることになる。
4) DとEそれぞれの利回りであるrDとrEは、それぞれ分配されたリスクの大きさに応じて決まる。

ドルコスト平均法とは? 毎月定額で積立てる方法の長所と注意点を解説

※一定の金額で定期的に金融商品を購入していく投資を「積立投資」と表現しています。
※上記のグラフは世界株式を示す指数(MSCI ワールド・インデックス(円ベース、トータル・リターン))の推移を示しています。投資家は直接インデックスに投資することはできません。インデックスには、有価証券や投資信託への投資に伴うトータル・リターンの低下要因となる売買手数料や運営にかかる費用は含まれていません。
※上記のグラフは前記試算前提条件にもとづき運用を行ったと仮定した場合の推移を事後的に検証したものであり、実際の運用実績とは異なります。 あくまでも仮定の数値およびその推移に過ぎず、将来の運用成果を示すものではありません。
<出所>MSCI アベレージコスト データ作成:アライアンス・バーンスタイン株式会社


ドルコスト平均法を利用した投資例

【ケース例①】値下がり時のプラス効果と赤字から黒字への回復期待効果

・毎月の投資額:10,000円
・毎月積立投資をする期間:10年
・10年後の投資元本:120万円

図のように下落が大きい場合、初期に120万円を一括投資すると、10年後は 60万円 になってしまう評価額が、積立投資の場合 約263万円 になります。

スタート時の価格が10,000円の金融商品を選んで投資を開始したところ、 投資開始後1年目までは12,000円まで上昇した後、4年目に1,000円 まで下落。6年後から回復し10年目に5,000円まで戻ったとします。

この差は、値下がり時に多くの口数を購入できている「値下がり時のプラス効果」と、当初の価格から下落しても、一定の水準まで価格が戻れば損から回復できる「赤字から黒字への回復期待効果」によるものです。投資の時間分散効果がよく分かる事例です。

【ケース例②】投資終了タイミングの重要性

投資終了タイミングによって評価額は大きく変わります。図のように投資開始時の価格より下落している中でも、Cだけが元本割れをすることになります。

・A:約364.8万円(積立換算年率 約19.3%)
・B:約262.6万円(積立換算年率 約14.1%)
・C:約107.7万円(積立換算年率 約▲2.22%)

評価額は、AとCで約257万円もの差になりました。Cのパターンでは、投資元本の120万円に対して元本割れを起こして約12.3万円の損失ということが分かります。最終価格は積み上げてきた「口数」すべてに反映されるため、最後の1年の値動きによっては、ここまで大きな差が出てしまうのです。

そのため、積立投資の場合、スタートのタイミングよりも終了するタイミングが重要であることに着目してください。運用期間の終わりが近づいてきたら、安定資産への組み直しも検討することが重要です。また、利益が目標金額に到達した場合も安定資産への切り替えタイミングと考えてもいいでしょう。

【2022年】太陽光発電の設置費用の相場は? 機器の価格や売電収入との関係についても解説

太陽光発電 費用

太陽光発電システムの設置費用

〈図〉システム費用(新築)の内訳

ソーラーパネルの価格

太陽光発電の設置費用

ソーラーパネルは、小さな四角い板の太陽電池を複数集めアルミ枠に入れて大きなパネル状にした製品です。太陽光パネルや太陽電池モジュールとも呼ばれています。ソーラーパネルの2021年の価格相場は1kW17.1万円なので、家庭で多い容量3~5kWの太陽光発電の場合、およそ51.3万~85.5万円がかかる計算になります。

パワーコンディショナーの価格

パワーコンディショナーは、ソーラーパネルで作った「直流」の電気を、家庭内で使用できる「交流」に変換するための機器です。パワーコンディショナーの2021年の価格相場は1kW4.2万円なので、家庭で多い容量3~5kWの太陽光発電の場合、およそ12.6万~21万円がかかる計算になります。ただ、メーカーによっては単体(3kW)で10万円を切る商品もありますのであくまで目安と考えてください。

架台の価格

架台(かだい)とはソーラーパネルを屋根などに固定する台のことで、太陽光を効率よく受けられるように、高さや角度を調整する役割を担っています。架台の2021年の相場は1kW2.1万円なので、家庭で多い容量3~5kWの太陽光発電の場合、およそ6.3万~10.5万円がかかる計算になります。屋根の状況や使用するパネルなどにより設置する工法はさまざまです。それに合わせて使用する部材もパネルによって異なります。屋根の状況やパネルのメーカーによっては架台が不要な場合もあります。

太陽光発電の設置工事費

太陽光発電の設置費用

その他の費用項目の例

蓄電池を設置する場合

太陽光発電の設置費用

蓄電池について詳しくはこちら
▶太陽光発電で使う蓄電池の仕組みとは? 電気が使えるまでを解説!

「エネカリ/エネカリプラス」で太陽光発電の初期費用をゼロにする

蓄電池の初期費用などの導入コストを抑える方法として、東京電力グループが提供する「エネカリ/エネカリプラス」を使用する方法があります。

「エネカリ」は、初期費用0円※、月々定額の利用料のみで蓄電池をはじめ、ソーラーパネル、エコキュート、V2HやIHクッキングヒーターなどの設備を導入することができるサービスです。また、太陽光発電で余った電気を売って収入を得ることができます。

「エネカリプラス」もエネカリと同様に、太陽光発電と蓄電池、さらに昼間にお湯を沸かす「おひさまエコキュート」をおトクに利用できるサービスです。エネカリプラスとエネカリの大きな違いは、売電収入がない分月額利用料を安く抑えられること。各家庭の事情や予算に合わせて選択できますので詳細は以下のサイト「TEPCOの新電化生活」で確認しましょう。

東京電力グループの新電化生活

太陽光発電を設置した後の費用

太陽光発電の設置費用

安全に安心して長く使うには、太陽光発電システムのメンテナンスは必要

鳩駆除や鳩対策の費用

ソーラーパネルの撤去費用

太陽光発電の設置費用

ソーラーパネルは老朽化や住宅のリフォームなど、さまざまな理由で撤去することになるケースもあります。しかもソーラーパネルには有害物質である鉛、カドミウム、セレンなどが含まれているため、法令やガイドラインを遵守しリユース、リサイクル、廃棄といった処分を行う必要があります。

自治体の補助金制度を利用して太陽光発電の設置費用を抑える

太陽光発電の設置費用

太陽光発電については、余剰電力の固定価格買取制度により設置コストを回収する仕組みがあります。太陽光発電設備の設置が必須のZEH住宅を対象とした補助金もあります(太陽光発電設備は補助対象設備対象外)。リフォームの一部として実施した場合、所得税の控除制度の対象となる場合もあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる