暗号資産オプション取引の基本

FX取引の基礎を勉強しよう

FX取引の基礎を勉強しよう

– 2015/2/17, 田畑 昇人 (著)

FXの準備2 まずは基礎を学ぶ

ノートを2冊、買いました。 今はとにかくFXを学ぶことに集中しようと思ってます。 断煙…やめました。 2日タバコを吸わなくて変化がでました。 ○とにかく眠い。 ○頭が痛い。 ○イライラして集中できない。 これではFXの勉強に支障があります。 実際、計画の半分しか進みませんでした。 昼寝をしてしまいました。 体がニコチンから脱しようとしている良い症状だと思います。 ただ、今のタイミングはよくありません。 生活に支障がでます。 今の時点ではやめるメリットとデメリットを考え、 とりあえずやめることをやめました。 いつの間にか吸わなくなっていたらまたご報告します。 FX取引の基礎を勉強しよう というわけで 今日の学習のおさらい 今日はFXならではの業界用語を学びました。 ○レバレッジ 「てこ」のことです。 支点・力点・作用点・・・物理は苦手ですが FXのレバレッジは少しのお金でたくさんのお金を運用できるすぐれもの。 ちなみに不動産の世界でも銀行からたくさんお金を借りて 大きな物件を運用することを 「レバレッジを効かせて~」といいます。ほか、 マンションを安く買って高く売るなどの儲けがキャピタルゲイン、 月々の家賃収入をキャッシュフローといいますね。 ○スワップ金利 スワップとは「交換」という意味です。 これを知るとふつうに外貨預金してるのがばからしいです。 FX取引の基礎を勉強しよう ○スプレッド 「売買手数料」のことです。なんかかっこいいですね。 売値と買値の差額のことです。exchange窓口とかすごい差額あるよね。 FX会社さんは基本、これが儲けですね。 買値はBid、売値はAsk。これも覚えればかっこいい感じ。 まったく関係ないと思うけど 英語で買うはBuy、フランス語で買うはacheter、 頭文字しかいっしょじゃないけど、ま、いっか。 ん~、覚えられるかな? ○トレンド ファッションじゃないっす。 FXでは2国間の通貨の強弱がトレンドとして現れます。 基本、上昇か下降かもみあい、この3パターンになるようです。 ○マージンコール 「追証」のことで、読んで字のごとく 「お~い、入れてるお金が半分くらいなくなってきて やばいから、追加でお金入れてくれなきゃ、勝手に決済しちゃうよ~」 という連絡(コール)がきてしまうことです。 恐ろしや! ○強制ロスカット マージンコールしたのにほっとくと強制執行です。 手数料もとられるそうです。 絶対避けなければ!!! ○ロングとショート 長いは買いで、短いは売りです。 ○ポジション ロング、ショートをいくら持ってるかのことです。 「米ドルを1万通貨売りポジションです」 =「米ドルを1万通貨ショートポジションです」 ややこしい! でもこう書いてあるときに読めるのは大事。 ○ブルとベア、レンジ相場 そうです。牛と熊です。 ブル(牛が角で下から上に突き上げる戦い方)=強気(上昇)相場 ベア(熊が手を上から下に振り下ろす戦い方)=弱気(下降)相場 牛も熊も強そうだからまぎらわしいね。 いっそのこと、鳥系の意外とすぐ逃げそうなハゲタカとかにしたらいーのに。 まぁ、下降相場を弱気としたところがまちがってるのかもしれないけど。 なら、強気じゃなくてアゲアゲ相場とサゲサゲ相場にしよっか。勝手に。 そして、トレンドのときも出たけど もみあいの相場のことをレンジ(範囲)相場といいます。 ○抵抗線 レジスタンス線=上にいこうとするのを抑える線。反抗軍の線ではありません。 サポート線=下にこれ以上下がらないように支える線。 あくまでもわたしのイメージでの解釈ですが。 つまり、同じ線がレジスタンスにもサポートにも成りうるわけですな。 やっぱり、なにごとにも(FXで売る人と買う人がいる限り) 抵抗っているのは起こるわけですよね。 よくビジネスなんかで「天井なし」なんていいますけど 一世を風靡したものでも必ず天井はありますし、下もまた然り。 レジスタンスとサポートはすごくいい言葉の使い方だと思います。 ○Pips(ピプス) FX取引の基礎を勉強しよう これ、取引レートの最小単位のことらしいです。 じゃ「通貨」っていい方やめて1ピプスとかいえばいいじゃん。 このあたり、頭がこんがらがる原因なので 「ひとつよろしく~」って感じです。 ふぅ。 今日のところはここまで。 明日は娘にこの2日間で学んだことを講義します。 教えるとなると準備がたいへん。 娘が部活に行ってる間にわたしも猛勉強しなきゃ。 なんせ、娘にウソを教えるわけにはいかないし、 FXを好きになってもらいたいし、 いい先生から学ぶことはとっても大事だと日頃言っている手前、 がんばらなければ!です。 きちんと、わかりやすく、教えられるようがんばります。 授業は1時間を予定しています。 録音もしておこうかな。

ど素人がはじめるFX(外国為替証拠金取引)の本

本書は株式投資に取って変わる勢いの「FX」をこれからはじめる人のための本です。
まずは外貨投資の基礎知識を学び、自分に合った商品選びのノウハウがわかります。
基本を学んだ後は、さらにFXでバリバリ稼ぐための為替レートやチャートの読み方、証拠金取引や適正なレバレッジについて説明します。なにしろアクセス20000PV!1日あたり8000人が見ているサイトの管理人「羊飼い」ならではのFXテクニックが満載です。とにかく、「損しないための本格的なFX」をはじめからちゃんと学びたい人にとって必見の一冊です!!

なぜ今FXなのか?株よりオイシイ!
FX取引の醍醐味、「レバレッジ」でハイリターン! FX取引の基礎を勉強しよう
スワップポイントで憧れの金利生活!
FXなら円高でも円安でも稼げる!
はじめに/購入者特典レポートダウンロードページについて

第1章 基礎編 はやわかり外貨投資とFXのキモ

外貨投資の種類はいろいろ FX取引の基礎を勉強しよう
FX vs 外貨預金 FXが外貨預金に勝る7つのポイント
FX vs 株式投資 FXが株式投資に勝る7つのポイント
レバレッジを利用すれば小額の元本でハイリターンが狙える!
スワップポイントは年利100%も可能なFXの「魔法」
自動売買が利用できる注文方法
収益に影響する手数料が外貨預金にくらべて格安である
小額からの取引が可能
24時間年中無休で取引できる
円がかかわらない世界の通過ペアも取引可能
既に、FXの悪徳業者は淘汰されている
インカムゲインとキャピタルゲインも同時に狙えるFX
COLUMN 為替相場の流動性と動く要因

第2章 取引編 FXで稼ぐための取引テクニック

外国為替取引の基本
円高?円安?どっちが儲かる?
為替レートの読み方 2WAYプライスとスプレッドの関係
スワップポイントのつき方
誤解されやすい証拠金とレバレッジ
ロングとショートの意味
基本的な注文方法を理解しよう FX取引の基礎を勉強しよう
マージンコールとロスカット 余裕を持った取引を行うようにしよう
時代はオンライン口座が主役 口座開設の方法
FX取引も株取引同様にネット取引が主体 FX取引の基礎を勉強しよう
まずはバーチャル取引やデモ取引から 無料でFXを体験してみよう
通貨ペアの賢い選び方はこれだ
FXは業者選びがとても大切である
COLUMN くりっく365

第3章 売買注文編 通貨ペアの選び方および取引ツールの活用

まずは主要通貨を覚えよう
いったい、1円動くと幾ら儲かるのか?
差益を狙っていくのか?金利を狙っていくのか?二兎追う者は注意が必要
損切りのテクニック ストップロスとロスカット
自動売買の実例
注文期限を活用しよう
両建てをするメリットは?
WEBサイトによる情報収集は無料のもので十分
為替が活発に動く時間にポジションを取ろう
為替差益で儲けたい人はスキャルで取引しよう
テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の知識はそれぞれ必要
金融政策と為替相場の関係
「利食い上手」は優秀なトレーダーの必須条件
COLUMN 相場を制するには需要に乗るべし

第4章 ファンダメンタルズ分析編 為替を動かす重要指標/要人発言

重要指標と要人発言のポイント
1 雇用
2 物価 FX取引の基礎を勉強しよう
3 住宅
4 製造業
5 景気
6 貿易などのお金の流れ
7 その他の国の指標
8 各国の金融政策について

第5章 テクニカル分析編 為替チャートの読み方

Vトップ・Vボトム
ペナント
ダブルトップ・ダブルボトム
ヘッド&ショルダー
移動平均線
MACD
RSI
ボリンジャーバンド
ストキャスティクス
DMI
一目均衡表
COLUMN ルールを守れるものが勝つ

第6章 取引業者編 主要業者の比較および選択ポイント

外為どっとコム
セントラル短資オンライントレード
FXオンラインジャパン
FXCMジャパン
サザインベストメント
FXA証券 FX取引の基礎を勉強しよう
その他主要業者一覧
COLUMN 休むも相場 相場のファッション

第7章 応用編 損しないための投資手法

取引業者の甘い言葉にご用心! 適切なレバレッジは自分で決めるもの
ドルを介さない通貨ペア ポンドスイスが狙い目
トレンドの把握して順張りしよう
相場の方向性を把握するには
相場を大きく動かすのは「サプライズ」
為替差益もスワップ金利も享受するトレード法 ナンピンは厳禁
「当たり前」の予想は「当たらない」のはなぜか?
3つのトレンドと投資期間 複数の時間軸のトレンド見通しが重要
スキャル手法 1 スキャル手法の流れ
スキャル手法 2 まるまる割れ狙い
今後のFXの行方

FX取引の基礎を勉強しよう

株式投資とは?

株式投資(株取引)とは、 株式会社が発行する株式を売買、保有すること で、売却益や配当金を狙う投資のことです。
投資の対象である「株式」は、常に価格の変動があるため、儲かることもありますが、値下がりによって損をしてしまうリスクもある点が特徴です。

初心者が押さえるべき株式投資の疑問点

(1)株式ってなに?

株式とは、 株式会社が資金調達を目的として発行する有価証券のこと です。

通常、投資家が株式を購入したい場合は、 証券会社を通じて購入 することができます(株式が証券取引所に上場されている場合)
なお、日本国内では、約3,800社の国内企業が証券取引所で上場・公開しています。
※2022年3月末時点

(2)株式投資で利益が得られる仕組みは?

1:値上がり益(売買益)
2:配当金
3:株主優待

値上がり益 とは、売却益(キャピタルゲイン)とも呼ばれ、株式購入時より売却時のほうが株式の価格が高額になった時に得られる利益のことです。
株式投資の基本ともいわれる、「安く買い、高く売る」ことで利益を得る方法です。

配当金 は、インカムゲインとも呼ばれ、利益を上げた株式会社が株主に対して分配するお金のことです。
配当金額は、保有する株式の数や企業の業績(利益)の大きさによって決まります。また、業績の悪化等を理由に配当金が出ないこともあります。

株主優待 は、値上がり益や配当金のように直接金銭を受け取るのではなく、保有する株式の発行企業の製品やサービス、割引券などを受け取ることです。
代表例としては、株主優待券(商品券やギフトカード、割引券など)をはじめ、商品カタログ、飲食品、衣類など企業によって様々なバリエーションが存在しています。

(3)株価はどんなときに動く?

(4)株式投資でよく見る用語の意味は?

●証券取引所
証券取引所とは、主に株式や債券の売買取引を行うための施設です。現在、札幌・東京・名古屋・福岡の4か所に設けられています。

●証券会社
証券会社とは、株式や債券などの売買の取次ぎや引き受けなどを行っている企業のことです。

●税制優遇制度
株式投資に関する税制優遇制度は、「NISA」と「iDeCo」が挙げられます。

NISAとは?
NISA(少額投資非課税制度)とは、株式投資(投資信託)などで得た利益が非課税になる制度です。通常、これらの投資で得た利益に対しては、20.315%の税金がかかります。

一般NISAつみたてNISAジュニアNISA ※
非課税期間最長5年間最長20年間最長5年間
非課税投資枠
(年間)
122万円(2階建て)40万円80万円
対象年齢20歳以上20歳以上20歳未満
対象商品株式投資信託・上場株式・REITなど長期投資に適した限られた投資信託のみ一般NISAと同じ

iDeCoとは?
iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、任意加入の年金制度であり、毎月一定金額を積み立てて(拠出)、投資信託などをはじめとする金融商品で運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取れる制度です。

●注文方法
株式を売買する際には、買い注文・売り注文を証券会社を通じて実施します。
その注文方法は「 成行注文 」「 指値注文 」「 逆指値注文 」の3つがあります。

成行注文指値注文逆指値注文
特徴値段を指定せずに注文する方法希望する売買価格を指定して発注する方法予め指定した価格以上(価格以下)に到達した場合に、指定した注文を発注する方法
メリット即座に売買することができる希望した価格で売買できる希望した価格で売買できる
損切り対策として活用できる
デメリット株価の値動きを常に確認する必要がある希望価格に達しない場合は、約定できず投資チャンスを逃すリスクがある希望価格に達しない場合は、約定できず投資チャンスを逃すリスクがある

●複利効果
複利効果とは、 運用で得た収益を再び投資すること で、いわば利息が利息を生んで利益額が膨らんでいく効果のことです。

(円)1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目
単利1,050,0001,100,0001,150,0001,200,0001,250,0001,300,0001,350,000
複利1,050,0001,102,5001,157,6251,215,5061,276,2821,340,0961,407,100

自身で運用が難しい場合はプロにお願いする事も一つの手です。
最近では IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー) とも呼ばれる、金融商品仲介業者の登録をした金融ドバイザーも増えてきています。
証券会社や銀行等から独立した方が多く、豊富な金融業界の知識や経験を元に市場動向の分析や、資産分配のアドバイス、株や債券、投資信託といった金融商品の説明とその販売を行っています。
知識や最新の情報を提供しながら運用してくれるので、ご自身でも金融知識を付けながら投資に取り組むことができます。

強化学習について

上のような手順によって、得られた一連の結果を τ= ( s1 , a1 , r2 , s2 , a2 , r2 , .. )を MDP ( Markov Decision Process )と呼びます。 ただし、強化学習の目的は、与えられた状態を元に「最適な」行動を取るエージェントを作ることです。平凡な行動しか取れないエージェントに用はありあません。ここで、最適な行動を定義するベースとなるのが、累積報酬の割引現在価値です。常にこの値を最大とするような行動を取るようにエージェントを学習させるのが強化学習の目的となります(強化学習と呼ぶのも、報酬によってエージェントの行動を強制( reinforce )させるているからですね)

強化学習アルゴリズム( PPO )

まず、 Model-Free , Model-Based FX取引の基礎を勉強しよう の違いです。これは環境の状態遷移過程について(何かしら近似的に)モデルを導入したかということです。 Model-Free の場合、実際に施行を重ね取得したモンテカルロパスを利用し、学習を行います。この方法は、ロボットのような実際に動作させて結果のサンプルを取ることが高コストとなるような領域の場合、学習効率がたいへん悪いので、Model-Basedの方法による解決が提案されています。ですが、今回の対象は Model-Freeになります 。

そして、 Model-FreeにはQ-Learning と Policy-Optimizationがあります。

まず Q-Learningについて です。、これは最適行動価値関数( Q 関数)を推定するというアプローチを取っています。この最適 Q 関数自体は最適ベルマン方程式を解くことで求めることができます。この Q 関数に DNN を用いた手法が DQN と呼ばれる代表的な手法です。この手法は Atari のゲームで高性能を出したことで話題になりました。

一方、Policy-Optimization は、方針( Policy )を直接パラメトリックな関数で表し、割引報酬の累積価値の期待値を最大にするようなパラメータを決定します。ポリシーの勾配の期待値は、モンテカルロ平均で求めることができ、不偏推定量ですのでサンプル数が多いと理論値に収束します。しかし、実用可能な試行回数程度では期待値の分散が大きく、収束しないという問題があります(下の疑似コード参照)。

Actor-Critic

割引報酬の累積価値に価値関数を引くことで、勾配のサンプル平均の分散が減らすことができます。パラメータに関係のない任意の関数を引いても、期待値に影響を与えません(つまり、不偏推定を維持)。かつ、平均値の分散が減り、期待値計算の安定性が高まります。このようなテクニックをベースライン除去と呼びます。 Actor-Critic FX取引の基礎を勉強しよう では、 Policy ( Actor )と価値関数 V ( s )( Critic )を共に NN 関数で表現し、学習対象とします。こうすることにより、 FX取引の基礎を勉強しよう PolicyGradient の精度が向上します。


Off-Policy

勾配のパラメータ更新の度に、モンテカルロパスを計算するは非効率です。これを On-Policy と呼びます。それに対し、 Off-Policy では、古いパスを再利用しながら、パラメータ更新します。パラメータ更新を複数回繰り返したら、パスを発生させた古い方針を新しい方針に置き換えます。パラメータを更新する度に、多くのモンテカルロパスを発生させる必要がなくなるので、効率的です。


PPO

ただし、もしパラメータ一更新の際、方針が大きく変わると、パスを計算している古い方針 からの ずれが大きくなり、勾配の計算が収束せず、効率が著しく悪くなるという問題が生じます。そのため、方針を改善しつつも、パラメータの一回の更新で方針を大きく変更しすぎないことが必要になります。そこで、提案されたのが PPO ( Proximal Policy Optimization )という手法です。これは、新旧のポリシーの確率の比率rを計算して、その値がしきい値以上超えると、打ち切るという方法をとっています。


FX取引の基礎を勉強しよう
図3はAdvantageの正負ごとにrに対するLのグラフです。 L が増大する方向へ r が一定以上変化すると、打ち切られる事が分かります。これにより、その方向へ過度に Policy が変化するのを防ぐことができます。

FXで勝ち組になるためのレベル別おすすめ本17選

FXで勝ち組になるためのレベル別おすすめ本17選

東大院生が考えたスマートフォンFX


– 2015/2/17, 田畑 昇人 (著)

2-3. プロが教えるFXの実践的な手法

岡安盛男の稼ぐFX 実戦の極意

– 2013/10/10, 岡安 盛男 (著)

3. テクニカル分析を勉強したい人が読むべき本2選

3-1. テクニカル分析の教科書と言われている本

先物市場のテクニカル分析

– 1990/5, ジョンJ.マーフィー (著)

3-2. テクニカル本の聖杯に匹敵

FX チャートリーディング マスターブック ~為替のプロが実践する本当に勝てるワザを大公開!

– 2010/10/1 井上義教・株式会社オスピス (著)

4. ファンダメンタル分析を勉強したい人が読むべき本2選

4-1. 「ファンダメンタル分析を勉強するならまずはこれから」といえる一冊

イチからわかる! FXファンダメンタルズの読み方・使い方

– FX取引の基礎を勉強しよう 2012/3/22 横尾 寧子 (著)FX取引の基礎を勉強しよう

単に用語の解説だけに終わらず、人気トレーダーの著者が「 どの指標を使ってどのようにファンダメンタル分析を行っているか 」という自身の手法まで紹介してくれていて非常にわかりやすい本 です。

書名の通り、 イチからファンダメンタルズを勉強したいという初心者におすすめ です。

4-2. プロのファンダメンタル分析が学べる至高の一冊

松崎美子のロンドンFX (金融の聖地で30年暮らしてわかった日本人が知らない為替の真実)

自らの経験をもとに特にヨーロッパ時間で稼ぐことを目的としたフ ァンダメンタルズの読み解き方や実践的な使い方までを紹介した、 実践的なファンダメンタル分析を勉強する上で非常におすすめな一 冊。

5. トレードスタイル別おすすめ本7選

5-1. スキャルピング向け2選

スキャルピングの基本から実践まで学べる入門書

世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

– 2011/6/24 二階堂 FX取引の基礎を勉強しよう 重人 (著)

本格的なプロの実践テクニックを学べる良書

FXスキャルピング ―ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門

2012/11/17 ボブ・ボルマン (著)

5-2. デイトレード向け2選

元外資系銀行為替ディーラーからインターバンク流トレードを学べる貴重な一冊

No.1為替ディーラーが伝授する インターバンク流FXデイトレ教本

テクニカル分析でデイトレードする一つの手法が学べる良書

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード

– 2013/11/16 齊藤トモラニ (著)

5-3. スイングトレード向け2選

勝ち組になるための投資哲学から独自の必勝テクニックまで紹介された価値ある一冊

田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック (WINNER’S METHOD SERIES)

– 2005/11/17 田平 雅哉 (著)

内容の網羅性が圧倒的な教科書的専門書

スイングトレード入門―短期トレードを成功に導く最高のテクニック

– 2004/10/31 アラン ファーレイ (著), 鎌田 伝 (翻訳), 高本 義治 (翻訳), 二宮 正典 (翻訳)

5-4. 長期投資(スワップポイント狙い)向け3選

長期投資に必要なほぼすべての知識が学べる至高の一冊

FXで究極の海外投資 為替変動に左右されない金利貯蓄型運用

– FX取引の基礎を勉強しよう 2012/1/20 結喜たろう (著), 北山広京 (監修)FX取引の基礎を勉強しよう

長期投資の際に最も重要な「リスクヘッジ」について学べる

FXギャンブルで終わらない長期投資 ~暴落対策も万全!ローリスク・スワップ運用

統計学的アプローチでリスクを減らしながらスワップ金利での運用が学べる王道本

ローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用

6. 色々と勉強して相当の知識はあるのになかなか勝てない人が読むべき本3選

6-1. 16人のトップトレーダーの成功の秘訣

マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

− 2001/8/1, ジャック・D. シュワッガー (FX取引の基礎を勉強しよう 著), 横山 直樹 (著)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる