初心者でもめざせ

リスク管理

リスク管理
地域別
北米
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
ドイツ
フランス
イギリス
イタリア
ロシア
その他のヨーロッパ地域
アジア太平洋地域
中国
日本
韓国
東南アジア
インド
オーストラリア
ラテンアメリカ
メキシコ
ブラジル
中東とアフリカ
トルコ リスク管理
サウジアラビア
アラブ首長国連邦

リスク管理

New Relic 脆弱性管理機能によって、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)のあらゆる段階におけるセキュリティリスクを発見、優先度付けが可能に

オブザーバビリティ企業であるNew Relic (NYSE: NEWR)は、企業がセキュリティリスクをより迅速に、より高い精度で発見・対処しやすくするNew Relic 脆弱性管理 機能をリリースしました。この機能により、セキュリティエンジニアリングチームなど、ソフトウェアチームのすべてのエンジニアがNew Relicを既定のプラットフォームとして利用できるようになります。全体のソフトウェアスタック上でネイティブ、およびサードパーティのセキュリティシグナルを集約し、セキュリティとリスク管理の包括的アプローチを実現します。エンジニアリングチームは、セキュリティリスクを広範囲で管理できるようになり、セキュアなソフトウェアデリバリーや運用を加速させることができます。新たな脆弱性管理機能は、Data Plus SKUを持つすべてのフルプラットフォームユーザーは無料で利用頂けます。これにより、New Relicをお使いのすべてのお客様にさらなる価値を提供します。

New Relicは、DevOpsのユースケースに関する同様の問題を、オブザーバビリティプラットフォームで解決します。複数のソースからパフォーマンスシグナルを収集し、スタック全体の包括的な可視性を提供します。New Relic の脆弱性管理機能は、そのオープンなエコシステムアプローチを拡張し、ネイティブな脆弱性検知や、既に利用しているセキュリティソリューションからの既存のセキュリティデータを簡単に集約することができます。これは市場で唯一のオブザーバビリティプラットフォームです。結果として、DevOps、SecOps、NetOps、およびSREのようなエンジニアリングチームは、数分足らずでソフトウェアスタック内のすべての脆弱性について包括的に可視性することができます。セキュリティギャップについて総合的に理解することで、お客様のデータを守ります。

「ソフトウェア開発ライフサイクル全体を通じて、セキュリティリスクを最小化することは非常に重要です。DevOpsに対し、イノベーションの速度を妨げないようにしつつリスクを管理するプレッシャーがますます高まっています。」New Relic CEO、ビル・ステイプルズは次のように述べています。「New Relic の脆弱性管理機能は、当社のプラットフォームアプローチを利用して、オブザーバビリティの力を実現しようとするエンジニアにさらなる価値を提供します。すべてのエンジニアが、意見ではなくデータによって彼らのベストな仕事をしやすくする、という当社のミッションに貢献しています。」

技術的要素をマッピングし、関連付けることにより、エンジニアは多くのセキュリティシグナルを一元化し、全ソフトウェアスタックを監視、デバッグ、および保護するとともに、全体的なリスクをより効果的に低減できます。New Relic の脆弱性管理機能は、以下の機能を提供してエンジニアリングチームをサポートします。

  • サードパーティのセキュリティツールを、ネイティブな脆弱性検知機能とシームレスに接続した統合型セキュリティ
  • サイロを取り除き、豊富な情報を提供するKPIによって組織全体のセキュリティの状況について、より深い理解が可能に
  • New Relicが提供するエンティティの相関性とトポロジー解析により、セキュリティリスクの優先度を設定
  • リスクを軽減するアクションを特定し、チケットシステムとの連携が可能に。これにより、SDLC全体のセキュリティワークフローと統合するための決定材料とアクションを提供
  • 開発中のみならず、本番前および本番環境において脆弱性を集約し、対処

Forrester Researchが2021年8月2日に発行したレポート「サイバー攻撃と差し迫る脅威から身を守る(Defend Against Cyberattacks And Emerging Threats)」によると「セキュリティの目標は、侵入を防ぐことではなく、信頼される企業になること」です。信頼される企業は、何度にもわたる侵入を許しません。そうでなければ、ビジネスは信用を失います。この段階は失敗の状態ではなく、特に顧客や従業員に対して、ここでは自分たちが被害者であることを示すことで、透明性を高め、改善する機会なのです。継続的な状況把握、効果的分析、高度で差し迫った脅威を発見する専門的なカバレッジをもたらすオブザーバビリティが、先ほどの段階を回避します。」

『企業にとってのリスクマネジメント』/『リスクマネジメント実務』/『DX時代のITリスク』ブレイン・ナビオン公開開始!(第21回リスクファイナンスセミナー)リスク管理

「第21回リスクファイナンスセミナー」をブレイン・ナビオンで公開開始しました。<企業にとってのリスクマネジメントの目的:株式会社プロエージェントホールディングス 代表取締役、三井住友海上火災保険 代理店会全国会長 三輪 久氏/今日から始めるリスクマネジメント実務の一歩:株式会社プロエージェントホールディングス 太田 惠巳氏/DX時代のITリスクを考える:株式会社ブレインワークス 代表取締役 近藤 昇>

第21回リスクファイナンスセミナー」をブレイン・ナビオンで公開開始しました。ぜひご覧ください。

0524:リスクファイナンス.jpg

【ライブ開催日】


【セッション】
◆企業にとってのリスクマネジメントの目的
株式会社プロエージェントホールディングス 代表取締役
三井住友海上火災保険 代理店会全国会長
三輪 久氏
◆今日から始めるリスクマネジメント実務の一歩
株式会社プロエージェントホールディングス 太田 惠巳氏
◆DX時代のITリスクを考える
株式会社ブレインワークス 代表取締役 近藤 昇

【イベント概要】
中小企業のためのリスクファイナンスの重要性をテーマに、
専門家がその背景や現状について、事故事例や対策などを、ご紹介します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる