取引戦略

MACDは最強のオシレーター系なのか

MACDは最強のオシレーター系なのか
『THEORIES 相場で生き残る11の法則』『THEORIES 相場で生き残る11の法則』はAmazon Kindle 有料書籍の「ビジネス・経済」部門、「投資・金融」部門、「財務会計」ランキングで堂々1位を獲得!(2020年2月10日時点)

MT4インディケーターMoving Average Convergence/Divergence (MACD)の使い方

MT4インディケーターMoving Average Convergence/Divergence (MACD)の使い方

Moving Average Convergence/Divergence (以下MACD)を日本語に訳すと、移動平均収束・分散という意味になります。

MACDは、2つの異なる移動平均線を分析し、市場トレンドを予測するインディケーターです。

MACDでの分析方法

MACDは、トレーダーに最も人気なインディケーターの1つで、他のインディケーターでは分析の難しい極端に市場の価格が変動している際の分析に役に立つツールです。MACDでの分析方法には、大きく3つの種類があります。

① クロスオーバー

シグナルライン(赤色のライン)を越えて、MACDが下降する際には、売りのシグナルを示します。

逆にシグナルラインを越えて、MACDが上昇する際には、買いのシグナルを示します。

② パニック買いとパニック売り

MACDでは、トレーダー達が市場で過剰に買い過ぎている時と、市場で過剰に売り過ぎている時を判断するのにも便利なツールです。

もしMACDのグラフが、極端に高いグラフへ移り変わった場合には、その時点での価格はパニック買いにより一時的に引き起こされたもので、すぐにもとの価格帯に戻る可能性を示します。

この分岐点では、価格のトレンドが後ほどMACDのトレンドに沿う可能性があります。

MACDブル傾向であるのに対し、価格が下落している際には価格もMACDのトレンド(ブル市場)へ修正されます。

MACDベア傾向であるのに対し、価格が下落していない、又は上昇している際には価格もMACDのトレンド(ベア市場)へ修正されます。

macd

Posted by Mori Masaaki

  • Mori Masaaki 最新の記事

最新のページ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • XM(XMTrading)の仮想通貨取引を徹底解説!XMで仮想通貨を取引するメリットとデメリット!
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 – ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更

他のFAQ

トピックス

IronFX 100%・40%・20%から選べる3つの入金ボーナス - 3つとも受け取れます

IronFX 100%入金ボーナス・40%入金ボーナス・20%入金ボーナス - 3つの入金ボーナスが受け取れます

XM(XMTrading)はセーシェル共和国のFSAとモーリシャス共和国のFSCのダブルライセンス。

XM(XMTrading)が、モーリシャス共和国の金融ライセンス(FSC)を取得 - 運営会社にFintrade Limitedを追加

FBS(エフビーエス)より、日本円口座の提供開始のお知らせ

FBS(エフビーエス)より、日本円口座の提供開始のお知らせ

FXGTでしか取引できない仮想通貨の指数。

FXGTの「GTi12インデックス」とは?- FXGT独自の指数GTi12インデックス

海外FX口座のレバレッジ制限の1つの仕組みが、「ダイナミックレバレッジ」です

ダイナミックレバレッジで取引する理由

みんなで海外FX限定の口座開設キャンペーン!最大10万円の口座開設キャッシュバック!海外FX業者との公式タイアップ企画もあります。

最大10万円!みんなで海外FX限定の口座開設キャッシュバック - 海外FX業者と公式タイアップキャンペーンあり

関連ページ

Axiory

XM

XM

FBS

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. MT4インディケーターMoving Average Convergence/Divergence (MACD)の使い方

最近のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

Kinjo のコメント

********* のコメント

GWも休み のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド
  • AXIORY(アキシオリー)より、公式ウェブサイトの大幅リニューアルのお知らせ

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • exness Premier キャッシュバック 最大3ドル/ロット
  • FXGT 暗号通貨ファン向け週末宝くじ 総額24万円
  • ThreeTrader 温泉旅行券プレゼント 100名様
  • MyFXMarkets 100%+50%入金ボーナス
  • FXDD 20%入金ボーナス
  • AXIORY 100%入金ボーナス

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

FXで失敗しない!最強インジケーターのランキングと鉄板組合せ手法

インジケーター

きな子

初心者りんちゃん

今回は「FXで失敗しない!最強インジケーターのランキングと鉄板組合せ手法」というテーマで見ていきます。

インジケーターとは?

FXで使用されるインジケーターとは、為替レートを様々な方法で加工した数値を今が買い時か、売り時かを判断するために使われる指標の事です。

ローソク足とインジケーター比較

インジケーターを使うことで、 トレンドの強弱や方向性 がはっきりして見えてきます。

ローソク足だけでは、判断がつかなかった相場もこのインジケーターを表示させることでエントリーのタイミングや決済のタイミングなどが視覚的にわかりやすくなります。

インジケーターは2種類

FXのインジケーターは2種類あります。
相場が「 上昇するのか、下降するのか 」がわかるものと「 買われすぎ、売られすぎ 」を教えてくれるものに分かれます。

トレンド系インジケーター

トレンド系インジケーターは、相場が「どのようなトレンド(上昇・下降)で動いているか」わかる指標です。

上昇トレンドや下降トレンドが発生している トレンド相場で、順張り でトレードする指標として使用する方が多いのが特徴です。

オシレーター系インジケーター

オシレーター系インジケーターは相場の「買われすぎ、売られすぎ」など相場の過熱感を教えてくれるものです。

トレンドが出ていない レンジ相場で、逆張り でトレードする指標として使用する方が多いのが特徴です。トレンド相場ではダマシが発生します。
ダマシとは、売買サインがでたものの、相場がそのサインとは反対方向に動いてしまう事。

代表的なオシレーター系インジケーターは、以下の3つ。
>> RSI <<
>> MACDは最強のオシレーター系なのか MACD <<
>> ストキャスティクス <<

失敗しない!最強インジケーターのラインキング

ランキング

1.移動平均線(MA)

MA

移動平均線(MA)は、期間を指定しその期間の終値を合計して、それを指定した期間で割った数値を連続させたものです。 相場の方向性がわかる メジャーなテクニカルツールですね☆

FX初心者のための勝ち続けられるチャート分析


・FXチャート分析のメリットとデメリットが理解できる!
・テクニカル分析ができるようになる!
・トレンド系指標やオシレーター系指標などチャート分析の種類がわかる!
・FXチャートの値動きパターンや売り買いのシグナル、順張り逆張りがわかるようになる!
・為替相場の予測が立てられるようになる!
・ローソク足、移動平均線、一目均衡表、RSI、MACD、ストキャスティクスなどのFX分析方法がわかるようになる!

電子書籍プレゼント

1.チャート分析のメリットとデメリット

吹き出し画像

吹き出し画像

吹き出し画像

チャートの動きを元に相場の状況を分析する、チャート分析 。
テクニカル分析を行うために必要なものですね。
もちろん将来の値動きを予測するために使いますですが、決して完璧なものではありません。

1-1.FXチャート分析のメリット

まず、チャート分析を行えば、 売り買いのシグナルを見極めること ができます。
チャートには、相場の状況が正直に現れるからですね。

1-1-1.経済情勢の知識がなくてもOK!

例えばアメリカで景気が落ちていたり、北朝鮮のミサイル問題が現実味を帯びてきたり、世界の経済情勢によって、相場はかなり左右されます。
世界経済から値動きを読み解くことを、「ファンダメンタルズ分析」と言います。
「ファンダメンタルズ分析」では、本や新聞を読んだりネットで調べたりして世界経済の情報を掴んでおきます。

地球儀

しかしチャートから値動きを読み解くテクニカル分析は、こういった 世界情勢を知らなくても問題ありません !
チャートの画面のみで値動きの分析を行うので、経済情勢の知識が少ない初心者にとってはありがたいですね。

しかも、チャート分析を極めると、チャートから世界経済を察知することが可能になります。
つまり、まだニュースにもなっていないような 世界の早耳情報を手にすることができる わけです!

1-1-2.訓練でチャート分析の予測精度を高められる

チャート分析は、繰り返し反復訓練することで分析精度を高めることができます。
練習すればするだけ、高精度な分析が可能になり、トレードで利益を出しやすくなります 。
チャートのパターンもだんだんと覚えていくことができます。

1-2.FXチャート分析のデメリット

1-2-1.「完璧」な予測や「突発的な値動き」への対応はできない

冒頭にも述べましたが、 チャート分析は完璧ではありません 。
チャート分析で導き出した売買シグナルを信じて行動する人は多いですが、相場において将来の値動きがどうなるかは誰にもわかりません。

1-2-2.チャート分析の種類が多い

1-2-3.ダマシがある

「ダマシ」というのは、 シグナルと実際のチャートが一致しない ことを言います。

つまり、チャート分析をした結果、上昇シグナルが出ている!と思って行動しても、実際の値動きは上昇しないということがあるのです。
上昇シグナルが出ていても、チャートは上昇しない。
下降シグナルが出ているけど、チャートは下降しない。

吹き出し画像

2.チャート分析は大きく分けて2種類

吹き出し画像

吹き出し画像

吹き出し画像

たくさんの種類のあるチャート分析ですが、シンプルに 2種類 のパターンに分けられます。
トレンド系指標とオシレーター系指標の2種類です。

チャ-ト

2-1.初心者にもオススメなトレンド系指標(順張り)

トレンド系指標とは、 相場のトレンドを掴む分析方法 です。
主にチャートが上向きになっている 「上昇トレンド」 と、チャートが下向きになっている 「下降トレンド」 を押さえておきましょう。

FXトレンドの定義

・トレンドの開始はいつなのか? (トレンドが始まったばかりなのか、もう終わってしまうのか)
・上昇トレンドか、下降トレンドか?
・勢いのあるトレンドなのか?

2-1-1.ローソク足とは

・陽線:期間終了時に値段が上がっている
・陰線:期間終了時に値段が下がっている
・始値:期間始めの通貨の値段
・終値:期間終了時の通貨の値段
・高値:期間内での最高の値段
・安値:期間内での最低の値段

2-1-2.移動平均線を使うのが最強トレード!?

吹き出し画像

吹き出し画像

吹き出し画像

トレンド系指標で特にマスターしてほしいのは、 「移動平均線」 です。

まず原理原則についてですが、物事には必ず 尺度 というものがあります。
尺度とは何か?というと、「どのような物差しでみるかによって捉え方が全く変わる」ことをさします。

しかし、どの考え方も、 一つの尺度の中のごく一部でしかない んです。
玄米とみそ汁だけ食べていた人が健康になったからといって、他の人も同じように食べたら健康になるかといったら違います。

トレンドラインだけじゃわからないから、macdも入れたほうがいいよね?
macdだけではちょっと心配だからボリンジャーも入れよう!まだ心配だから、maも入れておこう。
これだけだと微妙だから、一目均衡表を入れて・・・

吹き出し画像

この過程を通過すると、 「削ぎ落とし」 という引き算が起こります。
あまり必要のなさそうな情報を引いていくんですね。
結果的に、 「相場で重要なのは、結局どっちの方向に流れができているかってことだな」 ということが体感として理解できるようになります。

結局、トレードは シンプルが一番 だという答えに行き着きます。
そして次に出てくる課題は、 「長期足と短期足の両方で同じ方向に動く場面を見つける」 ということです。
実はここを捉えるのが、なかなか難しいんです。

じゃあ最強のインディケーターとは何か?ってなったら、 「移動平均線」 に戻るんです。

2-1-3.最強!?移動平均線で利益を出し続ける方法

吹き出し画像

期間についてですが、 「赤い線が100」「オレンジの線が8」「青い線が3」 です。

トレードのシグナルを見極めるには、 「この3本ともが同じ方向を向いている」 ということが重要です。

注意したいポイントとしては、 下方向を向く移動平均線の順番が上から「100」「8」「3」と数字の大きい方から小さい方へ並んでいる点 です。
かつ、 その時の日足の始値が3本の移動平均線の下にきているか? という点も重要ポイントです。

2-1-4.一目均衡表とは

基準線・・・過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値。中期的な相場の方向性を示す。
転換線・・・過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値。短期的な相場の方向性を示す。
遅行スパン・・・終値を26日過去にずらした線。
先行スパン1・・・転換線と基準線の中心を26日未来にずらしたもの。
先行スパン2・・・過去52日分のローソク足の高値と安値の中心を26日未来にずらしたもの。

吹き出し画像

2-2.逆張りで利益を出すオシレーター系指標

オシレーター系指標は、 相場を見て「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断する方法 です。
トレンド系のトレンドフォローとは逆発想で、逆張りをすることで利益を出します。

2-2-1.MACDは最強のオシレーター系なのか RSIとは

2-2-2.MACDとは

2-2-3.ストキャスティクスとは

吹き出し画像

3.FXを行う上で大切なポイント

吹き出し画像

吹き出し画像

3-1.チャート分析と合わせて、ファンダメンタルズ分析も併用する

トレードでしっかりと勝てるようになるには、チャートを見るテクニカル分析だけでは心許ないです。
必ず、 ファンダメンタルズ分析も併用して行う ようにしましょう!

地球儀

3-2.予測外の事態には損切りも恐れずに対処する

吹き出し画像

吹き出し画像

パソコンの前で落ち込む男性

吹き出し画像

4.FXで「完璧な予測」は不可能

4-1.チャート分析も大切だが、過去からの時間感覚でものごとをとらえないことが大切

吹き出し画像

吹き出し画像

過去の値動きに捉われがちな人は、もちろん改善した方がいいんですが、まずは 過去の環境に左右されがちな自分の思考のクセ に気づきましょう。

過去の値動きに引っ張られてしまうのは、 「過去からの時間感覚で物事を見るクセ」 がある可能性が高いです。

しかし、過去の時間感覚でものごとを見る人は、「今は良い人かもしれないけど、昔はこんなに悪いことをやっていたじゃん」という認識でしかその友人のことを見ないんですね。
どれだけ「今はもう改心したんだよ」と言っても、「昔は悪かった」と過去ばかりを見ようとします。
(もちろん、必ずしもそうではなく、こういった傾向が高いという話です)

トレード、ないしチャート分析では、 「過去の値動きもあるけど、相場は常に今現在の値動きが重要」 です。
「過去は過去」で、重要なのは「今の動き」です。

食べている物も、会っている人も、細胞だって多少入れ替わっています。
24時間の間に違う景色を見て、新しい人と会って、新しい情報が入ってきて、そういう意味では別人に変わっているんです。
それなのに、昨日の自分に、過去の自分に臨場感を持ってしまう。

吹き出し画像

FXで勝ち続ける次世代トレーディングの極意を知りたくありませんか?【豪華プレゼント付き】

メルマガでは、今回ご紹介したFXチャート分析の方法やコツについて、 ブログでは書けないような更に深い内容を、様々な事例を取り上げながらご紹介しています!

今なら、 FXで勝ち続けるためのメンタルと手法を学べる、電子書籍と講義もプレゼント しています!

仲間づくりのために、メルマガでは質問なども受け付けていますので、 ボクに直接ホットラインで質問できる MACDは最強のオシレーター系なのか MACDは最強のオシレーター系なのか ようになります!
メルマガやここの記事で取り上げて、解説できることもあるかもしれませんので、ぜひ質問や感想も送ってくださいね!

電子書籍プレゼント

P.S.
FXについてどこからはじめて良いかわからない方はこちらの記事から読んでみてください!

P.P.S.
FXで自由な時間とお金が欲しい? まずはこの記事で「FXトレーダーの真実」を知ってください…。

人気ブログランキング参加しています!
良ければ下リンクをポチッとお願いします!

  • メンタルをブラされることなく、ストレスフリーで勝ち続けられている3つの秘密
  • 初心者がゼロから勝ち続けるトレードスキルを習得するための成功法則
  • ドラゴンボールから学ぶ究極のFX上達法

無料メール講座に登録する

コメントを残す コメントをキャンセル

RECOMMEND

初心者必見!!pipsの計算方法から損切り・利食いのポイント、そしてロッ…

FX初心者におすすめ!初めてのトレードのための基礎知識まとめ

FXの必読本はFXが上達する上で本当に必要なの?

FXチャート分析の超基本。ローソク足と移動平均線だけで勝てる!

FXの鉄板テクニカルパターン「ヘッドアンドショルダー」の攻略法とは?

FXでなぜ借金? 皆の体験談と抜け出す方法を常勝トレーダーが解説

トレードで100%成功しない人の行動パターンTOP3

最短で勝てるトレーダーになるための最大にして最強の切り札

FX初心者はまずここから!「FX基礎編動画無料セミナー」↓↓

FX初心者はこの順番で記事を読もう!↓↓

FXを初めて3ヶ月〜半年以上の方へ!伸び悩んだらここをチェック!↓↓

海沼 光城

海沼 光城 / Mitsushiro Kainuma

『THEORIES 相場で生き残る11の法則』『THEORIES 相場で生き残る11の法則』はAmazon Kindle 有料書籍の「ビジネス・経済」部門、「投資・金融」部門、「財務会計」ランキングで堂々1位を獲得!(2020年2月10日時点)

「FXの発信をしている人は、『勝ててないのに勝っているフリをしている』人が多い中、海沼さんは、本当に勝ち続けているんだな、というのが伝わってきます。」「みつしろさんの失敗談やそこから来る人生観が書かれていて、凄いエネルギーをもらえる本です!」など、発売開始直後から大きな反響をいただいています。

『FX2.0』
ついに累計48000ダウンロード超え!
特に鉄板手法の「逆張りからのトレンドフォロー」とどんなに手法を覚えても身に付けることができない秘伝の「負けなくなるメンタルコントロール術」が無料で手に入ると、FX初心者からベテラントレーダーまでロングランの人気電子書籍です。

人気記事ランキング

カテゴリー

無料メルマガ特典の電子書籍の感想

Yと申します。今回メールさせていただいたのは、みつしろさんのおかげで、8月のトレードで利益が残すことができたからです!
しかも390pipsを獲得することができました!FXを始めて2年くらい経ちますが、月単位で結果を残すことができたのは初めてです。
5月からグランドセオリーに入会し、翌日から養成ギプスでコツコツとエントリー、利食い、損切りを無意識にできるよう訓練してきました。
それから、みつしろさん推奨の日足、4時間足で朝一の環境認識だけでトレードする手法を使い、大きく利益を残している状況です。
これからもロットを上げながらコツコツとこの手法を使い、利益を残せるよう頑張っていきます!

suideiさん

kazuさん

kenboさん

こんにちは。とても無料とは思えない内容のコンテンツを提供していただきありがとうございます。
最も感心させられてしまったのは、プロの手法や考え方を惜しげもなく披露していただけることは
もちろんですが、トレードを通した人生感や哲学も教えていただけるところでした。
とかくどのくらいの期間でどのくらい設けたという話が跋扈するこの業界の中で、健康や日常生活とをうまく融合させてトレードにあたるという考え方に脱帽といった感じです。ありがとうございます。
また、自分も格闘技と麻雀に興味があり桜井章一さんを勝手に人生の師としているところでしたが、動画で桜井章一さんの本の一文を引用されていたことにはとても驚愕しました。
桜井章一さんの言葉で日常がだらしない人間が ”勝負のときだけ勝とう”というのは誤りだ、みたいなのがあるのですが、トレードについても同じなんだなぁと感心させられました。
現状マイナスからのトレードとなっていますが、勉強しなおしてコツコツ日常生活ともども修正していきたいと思います。
いやぁとても良い方にネットを通してですがお会いできたことに感謝です!

自分はFXを始めて1か月くらいの初心者です。いつも勉強させていただきありがとうございます。
自分はレジサポ転換をメインでやっていこうとトレードインターセプターで検証を重ねていましたが、実践では謎のポイントでエントリーし見事に高値や安値をつかんで敗北したり、いいポジションを持っても逆行するローソク足の動きにビビって決済したりで全く勝てませんでした。
しかし、今日こそみつしろさんの教えを実践しようと思い、今日の夕方につけたユーロ円の高値をブレイクしたあとの戻しを待ってエントリーし、ついに12pipsとることができました!!本当にうれしいです。みつしろさんのおかげです!
特に勉強になったのは待つことの重要性です。みつしろさんはとにかく待てとおっしゃっていましたが本当にその通りだと思いました。あとはカップアンドハンドル、フラッグなどの具体的な形を教えていただいたのでレジサポ転換をする上での武器が増えたような気がします!また、トレードで大事なのはメンタルだなとも感じてきたので、そのあたりも詳しく話していただいて勉強になります。逆張りからのトレンドフォローもレジサポ転換を極めたら挑戦しようと思います!
当然まだまだマイナスなんですが今日の初勝利の気持ちを忘れずに徐々に利益を出せるトレーダーになりたいと思いますので、これからもたくさん勉強させていただければと思います。

ISAMIさん

現状、勝てていない人には素晴らしい電子書籍だと思います。本当に有料級だと思います!私にはとても勉強となりました。
これからは自然体でできるトレードスタイルで、エネルギー効率が高いトレードを確立していきたいと思います。
FXで負ける人の4パターンでは、その全てに当てはまっていました。
解決するための具体的な方法も書かれていますので参考にして変えていくための努力をしていきます!
まずは「トレードしている以外の時間」の過ごし方から変えていくことがとても大事なんですね。
そして、とにかく「余計なことをしない」、コレがやっぱり究極の上達法だと思います。
これからも、いろいろと勉強させていただきたいと思います。どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

RSIとMACDを組み合わせたバイナリー攻略法を解説!勝率を上げる使い方や設定とは?

RSIとMACDを組み合わせたバイナリー攻略法を解説!勝率を上げる使い方や設定とは?

「RSI」は、MT4に既存で導入されているインジケーターですので、すぐに利用することができます。また、インジケーターの数は計り知れないほどあるわけですが、その中でもRSIはとても便利なインジケーターです。

ただですね、 実際にRSIだけを利用してエントリーするようなことは危険であると言えます。

MACDは最強のオシレーター系なのか MACDは最強のオシレーター系なのか

私自身、バイナリーオプションを始めたばかりの頃は、RSIだけを利用してエントリーを行っていたわけですが・・・

やはり、RSIだけでエントリーポイントを正確に把握することは難しく、利益を得ることができていませんでした。

しかし・・・・・

ある時期から、RSIだけでなく、自作のオリジナルインジケーターをRSIと組み合わせて利用するようにしました。

例えばですが

①RSIとストキャスティクスとCCIを組み合わせしたサインインジケーター「 SRC 」を利用

②RSIとストキャスティクスの数値をMTFで表示できるインジケーター「 Rsi-Sto-View 」を利用

③RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーター「 BS signal 」を利用

などといった、組み合わさったインジケーターを利用していったわけですね。

そして、上記のインジケーターを組み合わせて利用してみたところ、勝率がどんどんと上がっていき、最終的に収益が大幅に上がっていったんですよね。

「BS signal」というインジケーターも、完全オリジナルで制作されたインジケーターですが、RSIとボリンジャーバンドを組み合わせたレンジ相場で活用できるインジケーターなので、逆張りの時に有効的に使うことができ、エントリーポイントを的確に把握できるようになります。 ※サインの出方としては、ボリンジャーバンド「±2、3σ」に触れ、RSIが指定数値以内の時に、エントリーサインが出るようになっています。

この時に私は、「 RSIを利用する際は、RSIを様々なインジケーターと組み合わせて利用すれば、初心者でも勝率を上げることができるぞ !」っと実感しました。

それから私は、RSIを利用していく際には、「SRC」、「Rsi-Sto-View」、「BS signal」の3つを上手く活用しながら取引するようになり、 MACDは最強のオシレーター系なのか 初心者だった私でも、最終的にバイナリーオプションを専業で取り組めるレベルにまで成長することができました。

因みに、サインインジケーター「SRC」、「Rsi-Sto-View」、「BS signal」は、完全オリジナルで制作されたインジケーターですので、通常であれば、有料で購入するしか手に入れることのできないインジケーターです。

しかしですね・・・・

なんと今現在であれば、無料で手に入れることができます!

なぜなら・・・

今現在!完全オリジナルで制作されたインジケーターを 期間限定で無料配布 しているからですね!

サインインジケーター①「SRC」、②「Rsi-Sto-View」、③「BS signal」を無料で手に入れたいと思ったのであれば、下記のURLから詳しい内容を確認することができますので、まずは内容を確認してみて下さい。

↓↓

MACDとは|見方・使い方や最適な設定とシグナル|計算式やルールも解説


MACDとは、期間の異なる2本の移動平均線を使って、株式やFXの売買タイミングをはかるためのテクニカル指標です。Moving Average Convergence Divergence(移動平均収束拡散法)という手法を採用しており、比較的ダマシが少ないとされてます。そのため、多くのトレーダーに人気のツールになっています。一部では、オシレーター系最強のテクニカル指標とも呼ばれることもあります。

1.FXや株に使えるMACDの見方や使い方と最適な設定値


この章では、MACDの見方や、どのような設定を行えば最適かを解説していきます。また、売買サインや、ヒストグラムの意味と見方についても説明します。

1-1.MACDは最強のオシレーター系なのか MACDとは|オシレーター系テクニカル指標

MACDとは上記で説明したように、2本の移動平均線を使って相場の強弱を観測するツールです。ちなみにMACDは、「マックディー」と発音します。エムエーシーディではないので気をつけて(笑)。現在の価格が買われすぎなのか、売られすぎなのかを見るテクニカル指標をオシレーター系と呼び、MACDはその中の一つに数えられます。

オシレーター系のテクニカル指標には、他にストキャスティックスやRSIなどがありますが、これらとMACDの決定的な違いは、MACDには上限や下限がないということです。通常、オシレーター系テクニカル指標の場合、例えば上昇方向にトレンドが発生すると、ずっと買われすぎのサインが出っぱなしになるだけで、使いものにならなくなります。しかし、MACDには上限がないことから、トレンド状況下でも機能することが優れた点だと言えるでしょう。

MACDは、直近の価格をより重視する計算がなされています。これにより出来る限り、ダマシをより少なくできるとされています。どうでしょう? MACDを、ちょっと使ってみたくなったのではないでしょうか? 早速、次項で実際のMACDを見ていきましょう。

1-2.MACD買いサイン(シグナル)|ゴールデンクロス

MACDは、MACDという線とシグナルという線、そしてヒストグラムの3つの要素で構成されています。MACDという言葉は、インジケーターそのものを表すと同時に、インジケーター中のラインのことも指す言葉です。ややこしいので、テクニカル指標内のMACDという線を指す場合、この記事では「MACDライン」と呼びましょう。また、もう一本の線のシグナルは「シグナルライン」ということにします。また、MACDというインジケーターを示す場合は、単に「MACD」と呼ぶことにします。

下図にチャートを示しました。上がローソク足チャート、下がMACDです。図中に示したように青い線がMACDライン、赤い線がシグナルライン、水色の棒状の連なりがヒストグラムです。

MACDの使い方の基本的な使用法として、MACDラインがシグナルラインを上から下に突き抜けたら売り、MACDラインがシグナルラインを下から上に突き抜けたら買いとなります。前者をデッドクロス、後者をゴールデンクロスと呼びます。下図では、上と同じチャートを使って、デッドクロスとゴールデンクロスの位置を緑の丸で示してみました。

左側の緑の丸で囲った箇所を見てください。青色のMACDラインが赤色のシグナルラインを上から下にクロスしていますよね。これがデッドクロス。これから価格が下げに転じるサインとされています。右側の緑の丸で囲った箇所では、青色のMACDラインが赤色のシグナルラインを下から上にクロスしているのが見て取れます。これがゴールデンクロスで、これから価格が上がる合図とされています。

上の図では、MACDがきちんと機能して、デッドクロスで価格が下げに転じていて、ゴールデンクロスで価格が上昇しています。けれど、MACDがいつもこのように、見事に相場の動きを捉えているとは限りません。使用する前に、現在の相場の動きにMACDが対応しているかを検証してから使用することが大切です。対応していないなら、今はMACDで取引すべきではないという判断もできます。

1-3.MACDの見方|ヒストグラムの意味とは

上記で、MACDラインとシグナルラインの見方について説明しましたが、では水色の棒状の連なりで表示されているヒストグラムは、どのように使えばいいのでしょうか。主に2つの機能があります。下図に、ヒストグラムを拡大した図を示します。

ヒストグラムの一つの機能として、デッドクロスやゴールデンクロスが起こった時に見やすくする役割があります。上図の緑の丸の位置で、デッドクロスが観測できます。デッドクロスが起こっていると同じ位置にあたるヒストグラムを、オレンジ色の矢印で示しました。ヒストグラムが中央のラインから、下に転じているのがわかるでしょうか。このようにヒストグラムが中央の線から下に転じれば、デッドクロスが起こっており、反対にヒストグラムが中央の線から上に転じればゴールデンクロスが起こっています。つまり、ヒストグラムは、MACDラインとシグナルラインの位置を、簡略に示したものだといえるでしょう。

ヒストグラムのもう一つの機能として、トレンドの継続を測るということが挙げられます。こちらの使い方のほうが実用的です。たとえば、下落トレンド時に直近(1つ前)のヒストグラムより新しくついたヒストグラムがのほうが低ければ、トレンドは継続していると考えられます。反対に直近のヒストグラムより、新しくついたヒストグラムのほうが高くなると、そろそろトレンドの終わりに警戒するという使い方ができます。

1-4.MACDの設定方法と計算式|最適なパラメータとは

MACDのパラメーターの数値として、短期は12、長期は26、シグナルは9が使われるケースがほとんどです。ですから、特別な意図がない限りは、この数値を基本に使用するとことをおすすめします。

MACDに限らず、テクニカル指標はダマシも含めて、多くの人がどう考えているか、どう考える可能性が高いかをみるものです。ですから、誰も使っていないパラメーターの数値で、取引することにはあまり意味がありません。そんな使い方をすれば、テクニカル指標はオカルトや迷信のようなものになってしまうでしょう。

MACD=短期EMA-長期EMA(短期と長期のEMAの乖離幅)
シグナル=MACDのEMA

EMA=(1日目の終値+2日目の終値+3日目の終値+3日目の終値)/3日間+1日

2.FXチャートでMACDを解説| 1分足・5分足の設定も

2-1.MACDの売買手法例|相性の良いテクニカル指標

MACDを単体で使うことは否定しませんが、より強力なのは他のテクニカル指標と組み合わせて使用することです。どのテクニカルにも欠点があり、ダマシもあります。それを少しでも少なくする一つの考え方として、テクニカル指標の併用が挙げられます。

ここでは、MACDとボリンジャーバンド、ストキャスティクスを組み合わせてみましょう。特にボリンジャーバンドは、MACDと相性がいいテクニカル指標です。

上図の中央に位置するMACDに、ゴールデンクロスが出ています(緑の丸)。それを裏付けるように、一番下にあるストキャスティクスも底値圏から上向きになっているのが確認できます。また、ローソク足を囲むように配置された、ボリンジャーバンドはスクイーズからエクスパンションに移行する前兆がみられます。

このように、3つのテクニカル指標が全て同じ方向を指し示した時にのみ、エントリーするとこで失敗することが驚くほど少なくなるでしょう。けれど、多くの人はとにかく儲けたいという欲ばかりが先行して、待つことができず、満足にサインを確認せぬままにポジションを取るから、最終的には負けてしまうことがほとんどです。

2-2.MACDのダイバージェンスはどう見る?


ダイバージェンスとは、簡単に言えば、価格は上げているのにオシレータが下げている状態のことを指します。価格が下げているのに、オシレーター
が上がっている場合も同じです。実際の相場では、MACDのダイバージェンスはよく観測できます。

余談になりますが、相場を大きく動かすのは多くの人が希望に満ちてポジションを取るときではなく、止むに止まれず損切りしたり、ロスカットしとなったときです。これ以上損ができないとポジションを不利な状態で投げ捨てなければならなくなった人が多ければ多いほど、価格は大きく動くのです。そういう視点でチャートを見ると、今まで漫然と見ていたチャートに、意味が見い出せてくるのではないでしょうか。

2-3.1分足・5分足の設定値について

パラメーターを頻繁に変えるのは、どんな相場であっても儲けようとする考え方からきているのだと思います。けれど、相場は常に予測できるものではありません。標準的なパラメーターを使って、現在の相場に当てはまらないようでしたら、その日はトレードしないという決断ができるということの方が、長期的に稼ぐには大切なことになります。

3.おわりに|MACDはFXで機能する優れたオシレーター


MACDは特にFXで機能しやすい、優れたテクニカル指標と言えます。つまり、それだけMACDというテクニカル分析が、FXのトレーダーに一般的になっている証拠でもあります。けれど、それを拠り所にする人が多くなると、ダマシも増えてきます。

FXは、基本的にゼロサムゲームです。あなたと画面の向こうで売買しているトレーダーの、両方が儲けることはできません。誰かが儲けたということは、誰かが損したということです。あなたがポジションを取るときに、ではどんな人があなたと反対の売買をしているかを意識してみてください。あなたと反対の売買をしている人が、初心者であればあるほど、そのポジションは利益を生む可能性が高いといえます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる