FXデイトレードとは

仮想通貨FX テクニカル分析

仮想通貨FX テクニカル分析
今週のポイントは 下げ止まることが出来るのか否か ということである。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

暗号資産(仮想通貨)でテクニカル分析をゼロから学びたいと思いますが、入門者におすすめの書籍がありましたらお聞かせください。

ベストアンサーに選ばれた回答

そしたらまずは暗合資産と限らずに株の取引のテクニカル分析の書籍を利用すれば良いので、
①ローソク足の説明をしている教科書
(プライスアクションも込みならベスト)

②ダウ理論の教科書

と段階経て学のがベターです。
①については言わずもがなですが、チャートを読むにはローソク足を正しく知らないとダメです。
ローソク足の形、大きさ、ヒゲの有無だけでも、どういう状況か?を知ることが出来るので、これを飛ばしたテクニカル分析の学習はあり得ません。
《知ってるとは思いこまず》に、大事なプライスアクション(ローソク足の形でも大事なパターンのこと)をしっかり学びましょう。

②何故ダウ理論と指定したのか?というと、テクニカル分析をする際に様々な手法がそれらの基礎がダウ理論だからです。
ローソク足とダウ理論でチャートを見て、何が起きているか?の状況を掴むのがテクニカル分析の初歩の初歩ですし、国内外のテクニカル分析者も多かれ少なかれ必ずやっています。

例えばエリオット波動とか、フィボナッチ数とか、各種インジケーターや、平行チャネルとかあるじゃん?
と思うかもしれませんが、これらはダウ理論の応用やダウ理論をより高めるエッセンスなので《ローソク足とダウ理論を『正しく』知らないと生かせません》。

テクニカル分析入門者はこの2つを学ぶだけでも十分に大変ですし、マスターしデモトレードにするのだけでも相当な時間がかかるのですが、やらないことには先に進めないので、繰り返しますが
ローソク足とプライスアクション→ダウ理論
と順番に学ぶのが王道かつ正道です。

ローソク足の教科書は難しいのも多いので、実は選びにくいのと『FXや短期トレードに傾倒して学んでも、絶対に勝てるようにはなれない』のが現実です。

ですから素直に株の個別株式の売買を学ぶ書籍を読むと良いですね。
そうすれば、テクニカル分析+テクニカルかるより大事な需給把握も理解できますからね。
したがって個人的には 仮想通貨FX テクニカル分析
zai編集部から出ている
めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版

一番売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編
の二冊を順番に読むのが、株、為替、暗号資産トレーダー(笑)になる為の基礎の基礎だと勧めています。
《個別株式のチャートすら読めない人が、これより遥かに難しい為替や暗号資産のチャートを読めるはずがありません》からね。
逆を言えば《読めるなら全部読めて当たり前》なのです。
((笑)を付けた意味が分かれば、トレーダー入門者卒業です。)
仮想通貨FX テクニカル分析
この後に例えば
・プライスアクションとローソク足の法則 ――足1本の動きから隠れていたパターンが見えてくる (ウィザードブックシリーズ)

・マーケットのテクニカル分析 ――トレード手法と売買指標の完全総合ガイド

の中上級者向け書籍をマスターすれば、《少しは》テクニカル分析《だけ》は戦えるようになるでしょう。

しかし、いくらテクニカル分析を学んでも
・資金管理
・ロット管理
・トータルの資産管理
・信用取引とオプション取引のルールのマスター
・信用取引とオプション取引の知識による需給解析
が伴わない限りは《永遠に博打から変化はしない》ので、《絶対に博打要素が絡むトレードにのめり込もうとしないで下さい》。

その為にも上記した基礎の書籍を読んだら
・お金の教科書で正しいお金の知識を付ける

・トレードで破産しないように、《負けの方が絶対に多くなるトレードで使うお金よりも貯金を優先して実行する》

・《あなたは天才ではない》ので、トレードで身を立てようとせず、《積み立てNISA等による資産形成がメイン、貯金がサブ、トレードがサブのサブになるくらい》の、資産形成の正道を歩み資産形成を成功させる

・絶対にトレードで億り人にはなれないので、労働を中心に稼ぎの幅を増やす

という意識を持たないとダメです。
これが出来ない限りは永遠にトレード入門者は抜けられないので、もっともっと慎重に考える習性を身に付けましょう。
《トレードはゲームや遊びではなく、現金を賭けた戦いなのです》からね!

これが各種投資と15年間付き合ってる私なりの見解です。

最後に繰り返しますが、
絶対にトレードオンリーにのめり込もうとしないで!
ください。
あなたが破産しては困ります!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる