初心者でもめざせ

バイナリー オプション 60秒

バイナリー オプション 60秒
5分足ドル円チャート

バイナリーオプション60秒トレード攻略法

バイナリーオプション60秒トレード攻略法

トレンド発生を見つける

15分足ドル円チャート

トレンド発生を見つける

5分足ドル円チャート

トレンド発生を見つける

15分足、5分足でトレンドを把握して1分足でタイミングを測ってポジションを持つ

15分足チャートパターン分析でトレンドが出ていない、
レンジ相場になっている時は、逆張りをしかけるべきでしょう。

これが1分バイナリーオプション取引攻略法です

であれば、トレンドが発生している勝つ確率の高い相場だけトレードして
勝つか負けるか運任せの相場には手を出さない。

バイナリーオプションの60秒(1分)取引を攻略するには?特徴と勝ち方を解説

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションの60秒(1分)取引を攻略する方法

バイナリーオプションはFXなどと違って極めて短い時間の間で取引を完結させることができます。
もともとFXなどもトレードという言葉がある通り投資の世界の中では短い期間で決済をすることができると人気でしたが、バイナリーオプションはその比ではありません。

1日という時間軸はバイナリーオプションの世界においては極めて長い部類に入ってしまいます。バイナリーオプションも基本的には1時間あるいは2時間、もう少し長い時間を判定時刻とするケースもありますが、基本的に60秒というのは極めて短い判定時間であることを認識することがまず重要です。

日本国内では法的な規制のために2時間までの判定時刻と規制が入っていますので、 海外のバイナリーオプション業者でしかこの60秒取引はトライできません。

相場の取引量に気を配る

バイナリーオプションの60秒取引は基本的に1分しか判定時間がありません。まずこのことを頭に叩き込みましょう。その上で、 1分間に相場の変動が発生するような取引量を持つ通貨ペアと時間帯でバイナリーオプション取引を行うということが何よりも重要です。

例えば、1分間の間に相場が動くとは思えないような通貨ペアの場合、あるいはそういった時間帯の場合、そもそも相場の活発度が低いため、エントリーをしたところで判定時刻までに相場が動かない可能性があります。この場合、バイナリーオプション業者によって取り扱いが分かれますが、基本的にはドロー・引き分けという判定となります。

引き分けの際にユーザー側が負けとみなされるのか、全額返金してくれるのか、このあたりの扱いはバイナリーオプション業者によってまちまちです。基本的にドローになった場合は負けとする業者も多いため、相場の取引量が少ない時に1分取引を行わないというのは立派な攻略法の一つとなります。

反対に、ある程度活発に取引のある相場であれば、1分取引でも十分に相場の変動が期待でき、最低限勝敗は決定すると言ってよいでしょう。ある程度のボラティリティが確保できている状態ではじめて相場を読んだり、分析をかけていくというイメージでいてください。

資金管理を徹底する

60秒取引の場合、資金管理を通常の取引にも増して徹底するというのが攻略法の一つとなります。ここでいう方法は勝つ為の攻略法というよりは大きく負けないための攻略法ということになります。

ここまでの条件が揃うと、どうしても資金管理がぐずぐずになってしまったり、投資ルールを自分で決めていたにも関わらず外れてしまう可能性が極めて大きくなります。 つまり思考停止状態に陥ってしまいギャンブル的な取引になってしまう可能性があるということです。

このような部分をきちんと管理できるようになってから、より上級者向けの分析やテクニック・ツールなどを使うようにしたいところです。どんなにテクニカルな分析手法や数字の上での解析が正確でもそれを行使する人間のメンタルがぶれてしまっていると、それらは全て役に立ちません。役に立たないどころか、時には大きな損失をもたらす存在になることも考えられます。マインドセットは重要であり、特に瞬間的な決着がつく60秒取引においては決して無視できない存在であることを認識しましょう。

強めのトレンドは順張りでフォローする

相場の状態によっては、強めにトレンドが発生するというケースもあります。一般的な上昇トレンド・下降トレンドの中でも特にその勢いが強く、反発が形成される回数がそこまで多くないというケースです。

この場合は、基本的にトレンドフォローをしておけば問題は無いと言って良いでしょう。なぜなら、もう少し長い判定時間や判定時刻の場合は途中で反発が発生したり、あるいはトレンドが終了してしまいレンジ相場に戻ってしまうという可能性も考慮に入れつつ予測を立てて行かねばなりませんが、1分取引の場合は反発の形成が若干間に合わないというケースもあります。

反発が間に合わないということは、基本的に値動きがトレンド方向で固定されているのと同じことです。つまり バイナリー オプション 60秒 イメージ的には大きな波が来た時に順張りでエントリーをしておき、反発の波が押し寄せる前に利益を確定してしまうといったイメージでしょうか。 本来であればバイナリーオプション1分取引よりも短い判定時間である30秒取引で使えるような方法なのですが、1分取引でもこの手法はまだ有効と言えます。

上位足は必ずチェックすべし

一つ上のローソク足を見ておくことで、60秒取引の分析をより豊かに、より効率的に行うことができます。もちろん正確性もアップします。

理解しづらいというよりは、全体像が把握できていないため、誤った投資判断を下してしまうことがあります。これを避けるために、60秒取引でも必ず5本足のローソク足をチェックしておきたいというわけです。

こういった分析が行えることで、相場の方向性を予測する可能性やデータが一つ増えるということになります。分析は短い時間ではあるものの材料が多いに越したことはありません。そのため、必ず5分足もチェックしておくようにしましょう。

ノイズを見逃さない

ある程度のボラティリティがある通貨ペアと時間帯に限定される話ではありますが、トレンド相場であれレンジ相場であれ、ノイズが発生することがあります。60秒取引でもまだこのノイズを利用して勝率をアップさせることが可能です。

このノイズが発生した際に「頂点」のタイミングで逆張りエントリーを行うことにより、勝率をアップさせていくことが可能となります。 これについてはテクニカル分析などの分析で導き出すことができないもので、理由は様々あれど基本的にノイズというぐらいですからランダムに発生します。60秒よりも長い時間軸での取引になるとノイズを使った取引や攻略はほぼ不可能となります。

理由はいたってシンプルで、ノイズは大原則として1秒から5秒程度で、どんなに長くても十数秒程度しか持続しないからです。
そのため判定時間が長ければ長くなるほど、ノイズによる影響は受けづらくなるというわけです。5分以上の時間軸になった場合は、ほぼノイズの存在すら確認できないような状態となります。

バイナリーオプションの60秒(1分)の特徴

バイナリーオプションの60秒取引には、他の判定時間にはないような特徴がいくつかあります。まず、こういった特徴をつかんでおくことがバイナリーオプションの60秒取引を攻略するための鍵となるといってよいでしょう。

まず 大前提としてバイナリーオプションの60秒取引は、判定時間が他の時間よりも短く、超短期的な取引となります。 そのため、テクニカル分析を行うことも不可能ではありませんが、どちらかと言うと直感的な取引やその場の状況に応じた瞬間的な取引の方が勝率をアップさせることができるケースもゼロではありません。

1分取引のメリットには様々なものがありますが、特に勝敗が素早く決定するというのは大きなメリットの一つと言ってよいでしょう。また、短い時間で結果が判明しますので、普段なかなか本腰を据えてバイナリーオプション取引に参加できなかったり、長時間PCの前に座ってチャートに張り付くことが難しいという方でも簡単に取引をすることができるという部分があります。

実際に私もバイナリーオプション投資を始めたときはそのようなこともあり、理解ができます。その上で申し上げるならば、1分取引はそこまでストレス値がかかりません。なんだったら1日という取引の場合はエントリーをしてから一旦席を離れたり日常生活のことをしなければならないという部分があり、常にバイナリーオプションのことを考えていなければならない、頭から離れないと言ったケースがあります。しかし 1分取引の場合はその場でほとんど結果が出るようなものですから、勝ち負けを一日中引きずったり結果がわからないまま悶々とする時間を過ごさなくても良いというメリットがあります。

デメリット

60秒取引はメンタル的な部分の他にさまざまな恩恵があったりメリットづくしのように思えますが、その反面デメリットも存在します。まず、バイナリーオプションの60秒取引は1日取引や1時間取引などの中長期的なスパンでの取引と比較して違う部分があまりにも多すぎます。

これは、長い判定時間だからこそ分析が成り立つのであって、刹那的な取引になりがちな60秒取引ではそういった分析が役に立たない、あるいはデータが十分に出揃わないために、なかなか正しく分析ができないといった弊害が発生する可能性があります。 そのため、デメリットとしては他の判定時間や分析手法で培ったものが60秒取引に必ずしも適用できるわけではないといった部分があります。

そのため他の投資手法やはるかにバイナリーオプションよりも長い判定時間に慣れている投資経験者はバイナリーオプションの60秒取引に慣れるまでに時間的なコストがかかると言わざるを得ません。投資の中級者から上級者にとっては、非常に「とっつきづらい」ものであるということは認識しておくべきでしょう。

どんな人に向いているの?

きちんと資金管理ができる人
メンタル管理に自信がある人
出来る限り精神的な負担を負いたくない人
いいニュースと悪いニュースがあれば先に悪いニュースから聞きたいタイプの人
ギャンブルではなく投資と捉えられる人
細かい分析は後回しにしてとにかくバイナリーオプションの取引の練習をしてみたい人
1回あたりにかけられる判定時間が短くなりがちな人

バイナリーオプションを競艇や競馬と同じように捉えてしまうタイプの人
何回か負けるとすぐにマーチンゲール的な手法に走ってしまいがちな人
特定の分析手法やツールなどを持っており、腰を据えて取引を行いたい人
より長い判定時間に特化した攻略手法を既に得ている人
1時間取引・1日取引などですでに結果を出している人
国内バイナリーオプション業者を利用している人

バイナリーオプションの60秒取引と3分取引の違いは?

バイナリーオプションには60秒取引よりもやや判定時間が長い3分取引というものがあります。こちらも超短期的なスパンでの取引には変わりありませんが、60秒取引と並んで人気の手法となっています。

こちらの取引方法の違いですが、基本的には1分取引と大差はありません。スピーディーに決着をつけることができて、また1回あたりにかかる時間的なコストも少ないため、スムーズに取引を繰り返すことが可能というわけです。

しかし、あえて60秒取引と3分取引の違いを挙げるならば、その違いは相場の分析のしやすさという部分に集約されるでしょう。
3分取引の場合は少なくともローソク足の1分足が3本ぶんの判定時間となります。そのため 若干ではあるものの1分取引に比べると予測が立てやすく、またある程度様子を見てからエントリーを行うこともできます。

バイナリーオプションの60秒取引は、他の判定時間とはやや異なり、長期的な分析や腰を据えた取引というよりは比較的瞬間的に取引を行うようなカラーの取引となります。そのため、分析も不可能ではありませんが、現在の状態がどうなっているか、また上位の脚を見て全体的な相場がどのように推移しているかなど、未来予測というよりは現状を把握の方にリソースを割きつつ、チャンスが来ている時には迷わずエントリーをするなどの方法がお勧めの攻略法と言えます。デメリットもメリットも両方存在する手法ですが、相性が合う方にはとことんまで「やりやすい」取引です。

【追伸】60秒取引でトコトンまで勝ち上がるにはどうしたらいいの?

超短期スパンの取引で、なおかつわずか1分で結果が出る。ある意味どのバイナリーオプションの取引よりも刺激的で、どのバイナリーオプションよりも状況が読みづらいのが60秒取引の特徴と言えるでしょう。
そして、60秒取引でとことんまで勝ち上がるにはどうしたらよいでしょう?

答えはいたってシンプルです。特に60秒取引の場合は予算の組み方や勝った時の考え方、負けた時の撤退ルールの引き方など、人間の本質的なところに関わる内容を勉強する事です。
そして、こういった情報はブログや他の無料コンテンツではあまり公開されていません。プロの投資家から直接教わるのが一番でしょう。
ここに私の直通[email protected]をご用意しました。 無料です。スマートフォンにLINEが入っていればすぐに繋がれます。
ですが、本気で稼ぎたい方、本気で勝ち上がりたい方、60秒取引の勝率を高めていきたい方のみを対象としています。
本気の方を対象にしているからこそ、私も本気でぶつかります。本気の情報や熱いマインドセットを受け取る覚悟のある方のみ、ご連絡をお待ちしています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる