デイトレード

売りたい強気

売りたい強気

車を高額買取させたければ、3月と9月を意識しましょう。この時期には、どのような車種でも査定の高くなる傾向がみられるからです。

売りたい強気

株価を動かす要因


業績と株価

人気と株価

金利と株価


外国為替と株価

たとえば、今まで1ドル=100円だったのが、1ドル=80円になる(円高)と…
1台1万ドルで車を輸出していた会社の収入は、
1台 1万ドル=100万円で売れていたのに、
1台 1万ドル= 80万円となり、20万円もうけが少なくなる。また、ドルでの価格を上げれば車が売れなくなる。→業績が悪くなるので、株価は下がる
1ドル=120円になる(円安)と…
1台 1万ドル=120万円で、20万円もうけが多くなります。→業績が良くなるので、株価は上がる。

政治と株価

国際情勢と株価

自然災害、天候と株価

まとめ 株価は会社の価値を表すとともに、会社の未来に対する通信簿です。様々な要因によって決まります。皆さんの生活も株価に影響を与えているのです。

車は年末に買取へ出すとよいって本当?


車買取は年末までに済ませてしまうのがおすすめです。というのも車の買取価格を決めるにあたって走行距離のほかに「年式」が重要なポイントになるからです!

年末でも余裕をもって売るのがおすすめ

年末でも余裕をもって売るのがおすすめ


年末以降に車を売りに出すと年式が1年古くなる分、買取価格が低くなることはすでに紹介しました。しかし、年末ぎりぎりに査定に出すのではなく少し余裕をもって売るのがおすすめです。

年間で見るともっと高く売れるタイミングはあります!

年間で見るともっと高く売れるタイミングはあります! ①新生活デビューのタイミングは狙い目


まず、おすすめなのは2~3月です。

年間で見るともっと高く売れるタイミングはあります! ④3月と9月も決算期が重なるため要注目


車を高額買取させたければ、3月と9月を意識しましょう。この時期には、どのような車種でも査定の高くなる傾向がみられるからです。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら

年末は決して買取におすすめできる時期ではない

年末は決して買取におすすめできる時期ではないです


年式が更新されてしまう問題を避けるために、年始をまたぐのではなく年末までに車を売却することも大切です。しかし、年末は年間で見た場合、あまりおすすめの時期ではないと言えるでしょう。

足元を見られないようにすることも大事です


年末に車を売却する場合、買取業者がこちらの足元を見てくるケースもありますから注意しましょう。

ネットでの査定であれば安心


インターネットで簡単査定ができるものであれば、このようなやりとりも必要ありません。年式や走行距離などを入力することで、簡単に査定をすることが可能です。

買取アプリ「オファー買取」で楽器を売ってみた!

それから、 オファーについてくるコメントがポジティブな内容ばかり! これは以前、楽器店に買取のお願いで持ち込みをしたときのことなのですが、結構ネガティブなことを言われるんですよ……。「あー、このモデルは今、人気ないから◯◯◯円ですね」とか。正直、へこみますし、売りたくなくなります。それが、一切ないのが素晴らしい!! 個人売買と違って愛用品を任せられる安心感もありますし、こういう人に買ってもらいたいと感じました。

「オファー買取」で簡単出品してみよう!

offer_kaitori_61.jpg

「ハードオフ楽器STUDIO吉祥寺店」
で「オファー買取」の秘密を探る!

大原店長登場!

── あのー、先日、私のフルアコを買い取っていただき、ありがとうございました!

大原店長 ── いえいえ、1958年製という年式の割に状態も良かったです。こちらこそ、ありがとうございました。

売りたい強気 ── 写真を付け忘れちゃったのですが、ピックガードを止めるネジが1個変わっていたと思うんですが……。

大原店長 ── そうですね。1つがプラス、1つがマイナス・ネジでしたから、変わっているなと。でも音質や演奏性に大きく影響する部分ではありませんので、精一杯査定させていただきました。

── 今回、「オファー買取」を利用してみて、査定額の確かさに驚きました。なぜああいった査定が出来るんですか?

大原店長 ── 全国のハードオフには楽器に詳しいスタッフが多いんですよ。私はもともとクラフト系の学校に行っていたので、作りや状態を見るのは得意なんです。ほかにも大手楽器店さんで働いていたという楽器が大好きなスタッフが全国に多くおり、毎日の業務から得られる経験から、プロとしての目利きができるのだと思います。

── どの店舗からのオファーもポジティブで素敵なコメント付きでいただいたのですが、特にハードオフ楽器STUDIO吉祥寺店さんからは、薄型ボディのフルアコならではのエアー感について言及されていました。相当詳しい方がいらっしゃるんだなとすごく熱意が伝わりましたし、私の楽器をそこまで評価してくれたんだぁ〜って、うれしくなりましたね。

大原店長 ── オファーの段階で、価格に多少ばらつきがあったと思うのですが、店によっては特定のジャンルの買取を強化していたりするので、そういった店では精一杯の価格をつけることができます。例えば、ブルースの盛んな街の店舗はブルース系の楽器の買取に強かったりと、地域性も関係していますね。そこは全国展開している弊社の強みですよね。

── なるほどー。ところで、こちらのお店の商品を見せていただいたところ、リーズナブルな価格のものもあれば、強気の価格のものも展示してありますよね?

大原店長 ── そうなんです。強気の価格の商品は、正直なところ“買取価格の宣伝”という意味合いもありまして……。とにかく、私たちは買取をしなければ回転しないので、「この価格で売っている店なら、買取価格も良いだろう」と思っていただくために、あえてそうしているところもあります。

── そうなんですね。最後にお聞きしたいのですが、「オファー買取」を使って満足いく買取をしてもらうコツはありますか?

大原店長 ── 良いところも、そうでないところもしっかりと撮影、説明していただけると、オファー金額は良かったのに、最終買取金額が良くなくてがっかり、ということがなくなるかと思います。あとは[詳細・型番]の記入欄に熱い説明文が書いてあると、こちらも少しでも金額を上乗せしたくなりますね。とにかく、楽器を売る方は、大事な楽器を残念ながら手放すことになったけれども、できれば次に良い人に買ってもらいたいと思っているはずなんです。その仲介をしっかりやっていきたいですし、そのためにもできる限りの査定をしますので、ぜひ私たちに任せていただければと思います!

【市況】 後場に注目すべき3つのポイント~想定以上に底堅い日本株を素直に受け止めてよいか

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

・日経平均は続伸、想定以上に底堅い日本株を素直に受け止めてよいか
・ドル・円は反落、上値の重さを嫌気
・値上がり寄与トップはファーストリテ、同2位が東エレク

  • ・伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月5日版
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱! (06/05)
  • ・【杉村富生の短期相場観測】 ─独自に、マーケットの「梅雨明け」宣言! (06/05)
  • ・【村瀬智一が斬る!深層マーケット】半導体株物色の広がりと経済正常化で浮上.. (06/04)
  • ・株価指数先物【昼のコメント】 権利行使価格2万7750円~2万8000円のレンジに移行 (06/06)
  • 売りたい強気
  • ・話題株ピックアップ【昼刊】:旅行関連、三菱重、INPEX (06/06)
  • ・本日の【ストップ高/ストップ安】 前場 S高= 7 銘柄 S安= 2 銘柄 (6月6日)
  • ・日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え <株探トップ.. (06/04)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集> (06/05)
  • ・【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月3日現在)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 東京為替:ドル・円は一段高、午前の高値を上抜け
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 後場に注目すべき3つのポイント~相場は今年の正念場を迎えようとしている
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:Jパワー、三菱UFJ、ソフトバンクG
  • ALSOKがしっかり、かんでんジョイライフ及びかんでんライフサポートを子会社化へ
  • フジコーポ---急落、上半期上振れ決算も出尽くし感が優勢に
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★マーチャント、極東開発、ジョイ本田などに注目!
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (売りたい強気 6月7日記)
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月6日発表分)
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>

お薦めコラム・特集

  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月7日記)
  • 大谷正之氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(2) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

金標準は週明けのNY金の反発によって下げ幅を縮小、白金標準は7営業日連続の上昇

(東京石油市場)
6日のドバイ原油は海外原油の強調地合いによって大幅続伸。ドバイ原油の10月限は前週末比2730円高の8万5030円。
週末の夜間立会の時間帯で前日の開催されたOPECプラスの閣僚級会合での増産に対する懐疑的な見方から海外原油は大幅続伸しWTIの7月限は120.46ドルまで高値更新を見せた。この海外原油の強調地合いを受けてドバイ原油の中心限月は為替の円安基調もあって8万5770円まで大幅続伸した。日中立会は週明けのWTIが朝方に120.90ドル台まで上昇するなど強調地合いを維持するとドバイ原油は寄付き直後に8万6000円まで上げ幅を拡大する動きとなったが、10時過ぎにWTIが120ドルを割れて118.90ドル台まで急落するとドバイ原油は8万4370円まで下がる動きとなった。その後はWTIが再び12時過ぎに120.90ドル台まで買い直されるとドバイ原油も8万5410円まで戻りを見せたが、昼過ぎからは為替の円高の動きによってドバイ原油は上げ幅を縮小し、15時過ぎにWTIが119.30ドル台まで売られるとドバイ原油は8万4890円まで水準を下げた。日中の海外原油は乱高下を見せ、WTIは一時118.96ドルまで下がった後に120.20ドル台まで戻りを見せている。高値警戒によって売られる動きと、NY石油製品の強調地合いによる買いの動きが交錯する展開となっている。まだ海外原油の高値圏での乱高下も警戒されるが、引き続きNY石油製品の動きに注目したい。ドバイ原油は日中に8万6000円まで上昇した後に8万4300円台まで崩れる動きを見せている。まだWTIの乱高下によってドバイ原油も荒い値動きかが想定され短期の仕掛けが無難と見たい。NY石油製品に注目しながら臨機応変に見て行きたい。

(貴金属市場)
6日の金標準は週明けのNY金の反発によって下げ幅を縮小、白金標準は7営業日連続の上昇。金標準の中心限月4月限は前週末比12円安の7764円、白金標準の中心限月4月限は同28円高の4167円。
週末の夜間立会の時間帯で強気な米雇用統計によりドル高・ユーロ安の動きからNY金の8月限は1849.7ドルまで急反落する動きとなった。このNY金の動きを受けて金標準の中心限月は為替の円安基調によって7796円まで上昇する動きとなったが、その後はNY金の急反落の動きによって7747円まで売られる動きを見せた。日中立会は週明けのNY金が朝方に1856ドルまで上昇するなど反発し金標準は寄付き直後に7764円まで戻りを見せたが、為替が円高方向に進むと金標準は7749円まで売り直される動きとなった。しかし日中立会の安値をつけてからはNY金がNY銀の上昇をきっかけに1859ドル台まで上げ幅を拡大する動きになり金標準は7771円まで戻りを見せたが、15時過ぎに為替の円高基調によって7760円まで売り直された。日中のNY金はNY銀の上昇に反応して1859.2ドルまで急反発となっている。週末に1850ドル割れの動きから出直りの動きを見せ安値から10ドル近い戻りを見せている。NY銀や海外原油の上昇によって再びインフレヘッジの買いとなればNY金の更なる戻りも想定される。目先は1860ドル台まで戻るか注目したい。金標準は週明けのNY金の反発によって7770円台まで下げ幅を縮小する動きを見せているが、為替が円高方向に動いており様子見が無難となっている。為替の円安基調の一服によって金標準の上値を抑える動きも警戒され臨機応変に見て行きたい。
白金は夜間でNY白金の7月限は1037.1ドルまで上昇した後にドル高・ユーロ安基調によって1011.4ドルまで急落する動きとなったが、引けにかけては1020ドル台まで下げ幅を縮小した。このNY白金の動きを受けて白金標準の中心限月は為替の円安基調もあって4175円まで上昇する動きを見せたが、その後は4117円まで急反落した。しかし引けにかけてNY白金の戻り基調によって白金標準は4140円付近まで買い直された。日中は週明けのNY白金が12時過ぎに1028ドル台まで反発し白金標準は4171円まで買われる動きとなったが、日中立会の高値をつけてからはNY白金の上げ一服と為替の円高の動きによって白金標準は4157円まで上げ幅を縮小した。日中のNY白金は反発し1028.7ドルまで上昇する動きとなっている。他の貴金属の強調地合いによってNY白金は買われる動きを見せ、目先は1030ドル台まで戻るか注目したい。ただ先週末は1037ドル台まで上昇してから急落した経緯もあって高値警戒も想定される。白金標準は日中に4170円台まで上昇する動きを見せたが、為替の円安にブレーキがかかっており、NY白金が1030ドル台で上値の重い動きも警戒され、白金標準も高い水準での買いは避けたい。

(ゴム市場)
6日のゴムRSS3号の中心限月は続伸し263円台まで高値を更新。ゴムの中心限月11月限は前週末比2.8円高の262.6円。
週末の夜間立会の時間帯でゴムRSS3号の中心限月は260.5円まで続伸する動きを見せたが、その後は259.0円まで売られる動きとなった。日中立会は週明けの他の商品市場の上昇に反応してゴムは続伸し14時過ぎに263.9円まで直近の高値を更新する動きとなったが、その後は上げ一服の展開から262円台まで上げ幅を縮小した。ゴムの中心限月は7営業日連続の上昇を見せ263.9円まで直近の高値を更新する動きを見せている。まだゴムの強調地合いは続いているが、週明けの上海ゴムは上げ一服の展開を見せており、ゴムもこの動きにつられる可能性も。国内のゴムの需要を踏まえると売られる動きが想定されるが、外部要因によっての上昇が警戒され高値を見極める動きに注視したい。

(トウモロコシ市場)
6日のトウモロコシの中心限月は続騰し5万4000円台を回復。トウモロコシの中心限月5月限は前週末比1940円高の5万4580円。
週末の夜間立会の時間帯でシカゴコーンはシカゴ大豆や小麦の急落と米国のコーンの豊作観測によって続落し7月限は7.25ドルまで売られる動きとなった。このシカゴコーンの動きを受けてトウモロコシの中心限月は夜間の序盤に52030円まで売られた後に為替の円安基調もあって5万2380円まで戻りを見せたが、その後は5万2100円台まで売り直された。日中立会は寄付き直後に5万2000円まで下げ幅を拡大する動きとなったが、週明けのシカゴコーンが急反発する動きになるとトウモロコシは5万4660円まで急伸する動きとなった。しかしその後はシカゴコーの上げ一服の動きと為替が円高方向に動きトウモロコシは上げ幅を縮小し5万4090円まで下がる動きを見せたが、14時過ぎに再び5万4600円まで買われる動きとなった。日中のシカゴコーンは週明けのシカゴ小麦の急騰に反応して上昇し7月限は7.39ドルまで上がる動きを見せている。週末にエジプトの植物油の買い付けオファーを世界市場に出した事により、次は小麦に同様のオファーを出すと見られシカゴ小麦は急騰している。ただ米コーンベルトでは豊作観測も出ており、明日発表予定の作柄も良好との見方からシカゴコーンは上昇したところは売り場提供になると見たい。ひとまず明日の作柄状況の発表を見極めたい。トウモロコシは日中に5万4600円台まで上昇する動きを見せたが、シカゴコーンの豊作観測からの値崩れが想定されトウモロコシも高いところから売り有利の展開になると見たい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる