初心者必見

為替チャート

為替チャート

リアルタイム為替チャート

googleplay appstore

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 為替チャート 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。 為替チャート
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

チャートの見方

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

世界25カ国の産業別名目・実質実効為替レート

一般に輸出価格競争力を測る指標として実質実効為替レートが広く用いられるが、輸出価格競争力を産業別に測る「産業別実質実効為替レート」(Industry-specific Real Effective Exchange Rate: I-REER)を公表したのは本研究が初めてである。2015年3月からアジア9カ国の産業別名目・実質実効為替レート、2016年4月からは欧州・北米・オセアニア9カ国を加えた世界18か国の産業別実効為替レートが月次データと日次データの両方で公表された。2018年2月からは、新たに7カ国を含めた世界25カ国のデータを公表する。

アジア諸国

日本の実質実効為替レート(日次)グラフ

韓国の実質実効為替レート(日次)グラフ

中国の実質実効為替レート(日次)グラフ

台湾の実質実効為替レート(日次)グラフ

シンガポールの実質実効為替レート(日次)グラフ

マレーシアの実質実効為替レート(日次)グラフ

タイの実質実効為替レート(日次)グラフ

インドネシアの実質実効為替レート(日次)グラフ

フィリピンの実質実効為替レート(日次)グラフ

欧州・北米・オセアニア9カ国

英国の実質実効為替レート(日次)グラフ

ドイツの実質実効為替レート(日次)グラフ

フランスの実質実効為替レート(日次)グラフ

イタリアの実質実効為替レート(日次)グラフ

スペインの実質実効為替レート(日次)グラフ

ギリシャの実質実効為替レート(日次)グラフ

米国の実質実効為替レート(日次)グラフ

カナダの実質実効為替レート(日次)グラフ

オーストラリアの実質実効為替レート(日次)グラフ

その他欧州・オセアニア7カ国

ベルギーの実質実効為替レート(日次)グラフ

スイスの実質実効為替レート(日次)グラフ

オランダの実質実効為替レート(日次)グラフ

ノルウェーの実質実効為替レート(日次)グラフ

スウェーデンの実質実効為替レート(日次)グラフ

ロシアの実質実効為替レート(日次)グラフ

ニュージーランドの実質実効為替レート(日次)グラフ

データの説明

このデータベースの最大の特徴は、アジア・欧州・北米・オセアニア諸国を中心に対象国の「産業別の生産者物価指数」を収集し、実質実効為替レートを産業別に構築している点にある。実質実効為替レートは当該国の輸出価格競争力を測る指標として用いられるが、実際には、輸出価格競争力は産業別に異なりうる。たとえば、日本の電気機械産業(例:電子部品)と輸送用機器産業(例:自動車)の競争力が異なることは容易に理解できるだろう。Sato, Shimizu, Shrestha and Zhang (2013) は、産業別実質実効為替レートを用いて日本と韓国の両産業の輸出価格競争力を比較している。

産業別実質実効為替レートの用途は、「産業別」のデータとしての利用にとどまらない。各産業の加重平均値である「全産業」の実質実効為替レート(Avg-I-REER)は、当該国の輸出競争力を測る優れた指標である。Sato, 為替チャート Shimizu, 為替チャート Shrestha and Zhang (2015) は、BIS (Bank for International Settlements) が公表する実質実効為替レート(BIS-REER)との比較分析を行い、アジア9カ国のうちの5カ国において、Avg-I-REERとBIS-REERの動きが大きく異なることを示している。さらに、Avg-I-REERで測った実質実効為替レートの増価は実質輸出に有意に負の影響を及ぼすのに対して、BIS-REERを用いた場合は実質輸出に有意な影響を与えないことを実証分析によって明らかにしている。

産業別名目・実質実効為替レートのデータ構築の詳細はSato, Shimizu, Shrestha and Zhang (2013, 2015) で説明されている。産業・相手国別貿易ウエイトについては、追加資料 [PDF:658KB]を参照されたい。本データベースの利用に際してはRIETIのウェブサイトからダウンロードしたことを明記するとともに、謝辞として下記の論文を引用して頂きたい。

為替チャート

インドルピー/円 *1 - -

日本国債10年 - - -

米国債10年 - - -

米国債30年 - - -

オーストラリア国債10年 - - -

ドイツ国債10年 - - -

ご注意事項

  • 当コンテンツは、投資判断の参考としての情報提供を目的としているものであり、投資勧誘を目的にしたものではありません。
  • 当コンテンツの情報は、モーニングスター株式会社、Morningstar, Inc.、またはSBIリクイディティ・マーケット株式会社から提供されています。国債利回りの情報は、財務省(日本)、米財務省(アメリカ)、オーストラリア準備銀行、ドイツ連邦銀行で公表している情報をもとに、モーニングスターが作成しています。掲載されている内容に関しては、万全を期しておりますが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。著作権等の知的財産権その他一切の権利はモーニングスター株式会社、Morningstar, Inc.、SBIリクイディティ・マーケット株式会社、その他の情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
  • 掲載されている数値情報を利用した結果、または情報の遅延、中断、誤りによって被ったとされるいかなる損害についても、モーニングスター株式会社、およびSBIリクイディティ・マーケット株式会社は一切責任を負いません。

*1「インドネシアルピア/円」「インドルピー/円」の情報は、Morningstar, Inc.より提供を受けています。
平日1日1回、日本時間の午後4時に更新されます。

リアルタイム為替レートの見方|FX取引き初心者向けにやさしく解説

黒川ヤスヒト

株の売買では、株価の値動きをみます。一方、FX取引をしようとするときにみるのは、為替レートの変動です。 為替レートは、通貨と通貨の交換比率 。たとえば米ドルと円を交換しようとするときに、1米ドルは何円と交換できるかを表します。経済情報などでは、現在の為替レートが 1米ドル110円といったように表示されています 。この為替レートは常に変動していて、1米ドル109円50銭、1米ドル110円05銭といったように、小さな単位で少しずつ動いているのです。

FX取引をしようとするときには、為替レートについてもう少し知っておきたいことがあります。それが「ビッド」と「オファー(アスク)」。ひとつの通貨ペアで同時に2つの異なる数字が表示され、たとえば米ドル円の為替レートは「110.05円‐110.10円」のようになります。 左側の小さい数字が投資家にとって売値のビッド、右側の大きい数字が買値のオファー(アスク) です。オファー(アスク)とビッドの差は「スプレッド」と呼ばれ、このスプレッドの値も変化します。スプレッドを決めているのは、おもに市場の流動性。取引が盛んになるほどスプレッドが小さくなるのが通常です。

外貨→円貨、円貨→外貨で注意すべきこと

外貨→円貨、円貨→外貨で注意すべきこと

FX取引では通貨ペアを、米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルといったように表示しています。このとき 「米ドル/円」を買うという場合には 「米ドルを買って、円を売る」という意味 になります。「米ドル/円」を売るのは「米ドルを売って、円を買う」という意味です。外貨と円貨の組み合わせなので、理解しやすいかもしれません。ユーロ/米ドルを買うというときには、ユーロを買って米ドルを売るということになります。いろいろな通貨ペアでイメージしておくと良いでしょう。

このようにFX取引では、外貨と円貨、外貨と外貨を交換します。このときに知っておきたいのが スワップポイント の存在。通貨にはそれぞれの「金利」があります。たとえば円の金利が1%、米ドルの金利が5%だったとしましょう。米ドルを買って円を売ったときには、金利差4%から計算されるスワップポイントを日々受け取ることができるのです。逆に米ドルを売って円を買っているときには、スワップポイントを支払わなければなりません。FX取引を行う際には、スワップポイントをチェックしておきましょう。

こんな日は要注意!?為替レートの動く日の傾向

こんな日は要注意!?為替レートの動く日の傾向

ひとつは 経済指標の発表 。経済指標のなかには世界経済に大きな影響を与えるものがあります。たとえば米国雇用統計。毎月第1金曜日に発表されます。とくに結果がサプライズとなった場合などは、発表直後に急激な値動きになることがあります。また米国の金融政策を決定する会合となっている、年8回のFOMC(連邦公開市場委員会)。ここでの結果は、世界の金融市場への影響が大きく、為替レートを大きく動かします。

このほか外貨の需給要因によって大きく値が動く日もあります。 日本では5や10のつく日 は、輸入業者などの決済需要でドル買いが出やすくなる日です。また月初や月末に変動要因となるのが、 投資信託の設定 。外貨が関係する大型の投資信託が設定されると、為替レートを大きく動かすことがあります。設定日は事前に発表され、注目されるものは経済ニュースにもなるので、チェックしておくのも良いでしょう。

押さえておきたい証券口座『楽天証券』の情報はこちらをクリック

押さえておきたい証券口座『楽天証券』の情報はこちらをクリック 楽天証券は低コストではじめられる、続けられる資産運用のサポートが特徴。 はじめてでも使いやすい商品が多く、楽天ポイントをゲットできるサービスも。 さらに楽天ポイントを使っての投資で、楽天市場でのお買い物時のポイントが最大+1倍になります

リアルタイム取引で注意すべき点

リアルタイム取引で注意すべき点

FXではリアルタイムでの値動きをみながら取引できます。たとえば楽天証券のFXだと、売りと買いのレートが表示されたボタンを押すと売買が成立する 「ストリーミング注文」と呼ばれるタイプの注文方法が利用可能 です。

為替レートの値動きが大きいときにリアルタイム取引をおこなうと、 ボタンを押すタイミングによって、売買の成立するレートが大きく違ってきます 為替チャート 。またデイトレードで、すぐに利益確定や損切りの反対売買をするつもりであれば、レートの動きに遅れないよう判断する必要が出てくるでしょう。

リアルタイム取引で注意しておきたいのは、まずシステムリスク。取引業者のサーバーに問題があったり、インターネット回線に障害が生じたりすると、取引に支障が起こることがあります。もうひとつ気をつけたいのが スプレッドの急拡大 。米国雇用統計の発表直後などは、ビッドとオファー(アスク)のレート差が大きく開くことがあります。タイミングによっては思ったとおりの値で取引が成立しないこともあるので、留意しておきたいところです。

このようにFXは、時として大きく動くレートをリアルタイムでみながら取引できる金融商品です。少ない資金でも取引をはじめられ、 最大で証拠金の25倍の通貨 を取引できる ため大きな利益を狙えます。一方、損失が思ったより膨らむ可能性もあります。資産の一部、もし失敗してもファイナンシャルプランに影響の出ない範囲での取引が大切です。24時間、世界の市場にリアルタイムで参加できるFX取引。チャレンジしてみたいと感じたら、ぜひ楽天ユーザーにお得な楽天証券FXで始めてみましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる