FX初心者が稼ぐために

インデックス投資とは

インデックス投資とは
値動きが気になる

インデックス投資

インデックス投資

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。 インデックス投資とは
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

インデックス投資とは

人気ファイナンシャルプランナー北野琴奈さんが語る投資に成功する人の共通点とはby利回り不動産

インデックス投資とは何?

代表的なインデックスには、日本株式であれば、東証一部に上場する銘柄のうち225銘柄の株価を対象に算出する「日経平均株価(日経225)」や、東証一部に上場する全銘柄を対象に算出する「東証株価指数(TOPIX)」などがあります。
また、外国株式であれば、米国企業を代表する大型500社を対象とする「S&P 500指数」、米国企業を代表する大型30社を対象とする「NYダウ(ダウ工業株30種平均)」などがあります。
そのほかにも、債権であれば、国債や社債など日本債券市場の動向を表す代表的な指数である「NOMURA-BPI総合指数」、日本を除く先進国の国債の動向を表す代表的な指数である「FTSE世界国債インデックス」が代表的です。

この記事でインデックス投資に初めて触れた方は、なぜインデックスと同じ動きを目指すのか疑問に思われたかもしれません。
これは、ひとことで言えば「インデックスに連動させておくだけで儲かる」ケースが多いから。
現在用いられている多くのインデックスは、10年、20年といった長期目線で見ると上昇を続けており、これが根拠となっています。

インデックス投資のメリットとは?

プロが運用する投資信託にはさまざまなものがありますが、いずれもその道のプロが自らの経験と考えをもとに運用しています。
ところが、利回りを見てみると、その4分の3は「インデックス投資」に劣っているといわれます。
つまり、インデックス投資以上の収益を上げるのは、プロでもなかなか難しいのが現実です。
この点からインデックス投資は、初心者にオススメの投資方法といえますが、そのほかにも以下のように多くのメリットがあります。

「インデックス投資」は、市場の動きを示す指数と同じ値動きを目指す投資スタイルというわかりやすい投資手法です。
そのため、初心者にとっても始めやすいのが大きな利点です。
日経平均株価やTOPIX、NYダウなどの指数は認知度が高く、その値動きは毎日のニュースでも取り上げられます。
そのため、値動きなどもわかりやく、また情報に触れることで、なぜベンチマークが変動するのかも、徐々に理解を深めていくことができます。
日本やアメリカ、さらに世界の大きな流れに連動しているインデックス投資は、初心者にも理解しやすいといえるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる