FXってなに

FXテクニカルを極める

FXテクニカルを極める
外貨exアプリ NEXTの中で、とくに スピード注文系 が優れており、全36種類のテクニカル分析を使用できます。

FXテクニカルを極める

EMA(Exponential Moving Average)指数平滑移動平均線

【加重移動平均WMA :Weighted Moving Average】
加重移動平均は、個々の価格データへの加重を「線形的」に減少させて、平均値を計算します。
10日加重移動平均は、直近の価格データを10倍し、その前日の価格データを9倍し、10日前の価格データは、1倍し、合計を55で割ることで算出します。

特徴1 FXテクニカルを極める
最新の価格を2倍することで重視し、N日間の価格の影響も約86%を残ります。それ以前の過去の数字の影響は、単純移動平均線では、全く無くなりますが、わずかに残っており、徐々に消滅していきます。
特徴2
単純移動平均線に比べて、振幅が小さく、反応が早いため、トレンドの分析では、転換点を早めに認識することができます。

使い方のポイント

指数平滑移動平均線では、当日の平均値は、「前日の平均値」と「当日の終値」の間にあります。
指数平滑移動平均線が上向き⇒価格は指数平滑移動平均線の上に位置している
指数平滑移動平均線が下向き⇒価格は指数平滑移動平均線の下に位置している

指数平滑移動平均線は「MACD」「ATR」に応用されています。
チャートは、赤線が「指数平滑移動平均線」、青線が「単純移動平均線」です。
「指数平滑移動平均線」の方が、相場変動に対する感応度がやや高くなっています。

また、文言、データなどの著作権は、株式会社フィスコにあります。 これらのコンテンツは著作権法などの法律、規制により知的所有権が 保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

テクニカル分析辞典

※「テクニカル分析辞典」は、あくまで情報提供を目的としたものであり、 投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、掲載される情報は信頼できると判断した情報源をもとに (株) フィスコが作成したものですが、 その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、 (株)フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

また、本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的 所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

(テクニカルを極める)ゴールデンクロスとデッドクロス

前回の記事で、ゴールデンクロスとデッドクロスについて簡単に説明しましたが、おさらいしてみましょう。

長期線を短期線が上側に突き抜けるとゴールデンクロス。
長期線を短期線が下側に突き抜けるとデッドクロス。
ゴールデンクロスが起こると、チャートは下降しやすい。
どの時間足に関してもこの現象は見られ、日足で起これば長期間のトレンド継続に繋がります。

移動平均線の使い方

移動平均線を使うときは、現在のチャートが移動平均線が上にあるか?
それとも下にあるか?を見るのが基本です。
単純に移動平均線より上に出ていれば相場は上昇基調ですし、下にあれば下降基調となります。
また、最も重要なことは、どんな本数の移動平均線であれ、 チャートが移動平均線に触れるとその方向に反発する力が働くということです。
上向きの移動平均線に触れれば、触れた瞬間にチャートは上に反発しますし、下向きの移動平均線に触れれば触れた瞬間に下に反発します。
この現象は必ずしも起こるわけではありませんが、デイトレードやスキャルピングなどでは絶対に抑えておきたい概念なので覚えておくようにしましょう。

移動平均線の接点でチャートは反発する


移動平均線に触れると、チャートは移動平均線の方向に向けて反発する。
この現象はどの足でも起こるし、どの本数の移動平均線でも起こる。
なぜ、この現象が起こるのかと問われれば、 相場に参加する世界中の人が同じ画面を見ていて、同じ本数の移動平均線を使っているトレーダーはそこに触れたときにその方向に向けて、一斉にエントリーするからである。
10日線を使っていれば、世界中の10日線を使っているトレーダーは同じことを考えるし、20日線を使っていれば、世界中の20日線を使っているトレーダーは同じことを考える。
よって、どの本数を使っていても、結果的に移動平均線に触れれば反発するという現象が起こる。
また、移動平均線からどのくらいチャートが離れているかを示すことを 乖離 といって、
乖離が大きい場合は戻ってくる力が働きます。
移動平均線より大きく上に乖離していたら下落してくる力が働き、 大きく下に乖離していたら上昇してくる力が働きます。
これはどの本数の移動平均線を表示していても同じで、引き寄せの力が働きます。
つまり、移動平均線は触れると反発して、離れすぎると引き寄せられるという磁石のようなものだとイメージしてください。

移動平均線乖離と引き寄せの力


移動平均線からチャートが離れすぎるとまた戻ってくる力が働く。
この現象も前述したようにどの足をみていても起こるし、どの本数の移動平均線でも起こる。

グランビルの法則

上記の反発と引き寄せの概念を利用したのが、グランビルの法則です。
アメリカの投資家、ジョセフ・グランビルが考案した2本の短期線と長期線の移動平均線のパターンで、売りと買いのタイミングを計るものです。
このグランビルの法則は、ゴールデンクロスとデッドクロスに加えて、その他の基本となる反発・引き寄せのパターンが網羅されています。
パターンはたった8種類ですが、グランビルの法則通りにチャートが動くケースも良くあり、多くの投資家に意識されているパターンとなります。
移動平均線はどの本数であれ、短期と長期の2本を任意で用意すれば、下記のパターンを描くようになりますので、実際にチャートを表示して観察してみるといいでしょう。 FXテクニカルを極める

資金10万円で月5万円の利益を生む方法を学ぶ

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる