よくあるご質問

レバレッジとは

レバレッジとは
各種お知らせ

レバレッジとは

「Metro Ad Creative Award」は「これからの新しい交通・OOH広告を創造する」を旗印に掲げ、メトロアドエージェンシーと宣伝会議が企画・運営するものです。
社会環境が刻一刻と変化していく状況において、あらゆる消費者に発信可能なメディアとしてのOOHのメリット、そして可能性とははなにか。
改めて考え、見つめなおすことで、OOHの新しい活用や効果を最大化するヒントになっていくと編集部は考えます。
本コラムでは、「Metro Ad Creative Award」の審査員らが登場。交通・OOH広告を広く、街の魅力を創造するメディアとして捉え、最前線で活躍するクリエイターたちが自身を刺激する都市におけるクリエイティブについて語ります。

グランプリはF&Sクリエイションズ「聴く路線図」と電通クリエーティブX「ありえない、と笑いますか。」―Metro Ad.

東京メトロの交通メディアを活用し、新たな価値を創出する表現や、アイデアを顕彰するアワード「Metro Ad Creative Award 2021」の各賞が3月25日発表された。プランニング部門のグラ.

多様でオープンマインドなTikTok――Metro Ad Creative Award 2021 リレーコラム

メトロアドエージェンシーと宣伝会議が企画・運営する「第5回Metro Ad Creative Award」が10月6日から募集中です。5回目を迎えた2021年のコラムテーマは「多様性」。OOHは、さま.

違いをレバレッジにOOHは話題の起点へ――Metro Ad Creative Award 2021 リレーコラム

必要な仕事ってなんなんだ論――Metro Ad Creative Award 2021 リレーコラム

OOHは街の多様さに寄り添い、行動を喚起するもの――Metro Ad Creative Award 2021 リレーコラム

メトロアドエージェンシーと宣伝会議が企画・運営する「第5回Metro Ad Creative Award」が10月6日から募集を開始します。 レバレッジとは 5回目を迎えた2021年のコラムテーマは「多様性」。第1.

【Metro Ad Creative Award】受賞作品を乗せたギャラリートレインが運行

メトロアドエージェンシーは5月1日、「Metro Ad Creative Award 2020」のグランプリをはじめとする受賞した企画やグラフィックを掲載したギャラリートレインを銀座線1編成にて運行を.

Metro Ad Creative Award 2020

第4回を迎えた「Metro レバレッジとは Ad Creative Award」。八木義博氏、尾形真理子氏、渡辺潤平氏、木村健太郎氏、佐藤カズー氏、吉田宗平氏が審査員の講評とともに、各賞を一挙に紹介する。

クリエイターが考える、withコロナ時代の交通・OOH — Vol.8 八木義博氏

メトロアドエージェンシーと宣伝会議が企画・運営する「第4回Metro Ad Creative Award」の作品募集が開始しました。「Metro Ad Creative Award」の審査員らが登場。.

クリエイターが考える、withコロナ時代の交通・OOH — Vol.7 過去受賞者インタビュー動画公開

「第4回Metro Ad Creative Award」の作品募集が10月12日に開始しました。本リレーコラムには、「Metro Ad Creative Award」の審査員らが登場。第7回はメトロア.

クリエイターが考える、withコロナ時代の交通・OOH — Vol.6 吉田宗平氏

「第4回Metro Ad Creative Award」の作品募集が10月12日に開始しました。本リレーコラムには、「Metro Ad Creative Award」の審査員らが登場。第6回は審査員の.

クリエイターが考える、withコロナ時代の交通・OOH — Vol.5 尾形真理子氏

本リレーコラムには、「Metro Ad Creative Award」の審査員らが登場。第5回は審査員の尾形真理子氏が担当します。

クリエイターが考える、withコロナ時代の交通・OOH — Vol.4 佐藤カズー氏

本リレーコラムには、「Metro Ad Creative Award」の審査員らが登場。最前線で活躍するクリエイターたちが自身を刺激する都市におけるクリエイティブについて語ります。第4回はTBWA\H.

クリエイターが考える、withコロナ時代の交通・OOH — Vol.3 木村健太郎氏

本リレーコラムには、「Metro Ad Creative Award」の審査員らが登場。最前線で活躍するクリエイターたちが自身を刺激する都市におけるクリエイティブについて語ります。第3回は審査員の木村.

クリエイターが考える、withコロナ時代の交通・OOH — Vol.2 渡辺潤平氏

本リレーコラムには、「Metro Ad Creative Award」の審査員らが登場。最前線で活躍するクリエイターたちが自身を刺激する都市におけるクリエイティブについて語ります。第2回は審査員の渡辺.

クリエイターが考える、withコロナ時代の交通・OOH — レバレッジとは Vol.1「Metro Ad Creative Award 2020.

「第4回Metro Ad Creative Award」が9月下旬より募集を開始します。2020年のコラムテーマは「withコロナ時代にクリエイターが考える 交通・OOHに贈る期待」。第1回はメトロア.

「Metro Ad Creative Award 2019」ギャラリートレインが運行

東京メトロの交通メディアを最大限に活用するアイデアを募集する「Metro Ad Creative Award 2019」。その受賞作品が掲出された「ギャラリートレイン」が6月に運行した。

最高賞はアディダス「青春でかプリ」

第3回目を迎える「Metro Ad Creative Award」は、東京メトロの交通メディアをフル活用し、新たな価値を創出する表現や、アイデアを顕彰するアワード。グランプリはじめ各賞を受賞した企画や.

クリエイターを刺激する都市とクリエイティブの未来とは?Vol.4-2 木村健太郎氏(博報堂ケトル)

2019年9月27日から募集が開始になった、第3回「Metro Ad Creative Award」(応募締切は12月25日)は「これからの新しい交通・OOH広告を創造する」を旗印に掲げ、メトロアドエ.

クリエイターを刺激する都市とクリエイティブの未来とは?Vol.4-1 木村健太郎氏(博報堂ケトル)

2019年9月27日から募集が開始になった、第3回「Metro Ad Creative Award」(応募締切は12月25日)は「これからの新しい交通・OOH広告を創造する」を旗印に掲げ、メトロアドエ.

クリエイターを刺激する都市とクリエイティブの未来とは?Vol.3 佐藤カズー氏(TBWA\HAKUHODO)

2019年9月27日から募集が開始になった、第3回「Metro Ad レバレッジとは Creative Award」(応募締切は12月25日)は「これからの新しい交通・OOH広告を創造する」を旗印に掲げ、メトロアドエ.

クリエイターを刺激する都市とクリエイティブの未来とは?Vol.2 渡辺潤平氏

クリエイターを刺激する都市とクリエイティブの未来とは? 「Metro Ad Creative Award」募集開始

本コラムは、第3回「Metro Ad Creative Award」(応募締切は12月25日)の審査員らが登場。最前線で活躍するクリエイターたちが自身を刺激する都市におけるクリエイティブについて語りま.

日本初!ビットコインSV (BSV)の取扱い開始に関するお知らせ

フォビジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:関 磊、以下「フォビジャパン」)は、暗号資産 ビットコインSV (BSV) の取扱いを6月中旬より開始することをお知らせいたします。

暗号資産名:ビットコインSV (Bitcoin SV / Bitcoin Satoshi Vision )

【ビットコインSVの概要】

  1. 名称:ビットコインSV レバレッジとは (Bitcoin SV)
  2. 暗号資産コード:BSV
  3. 発行元:クレイグ・ライト氏ら
  4. URL(外部サイト):https://bitcoinsv.com/

【ビットコインSVとは】

【暗号資産ご利用の際の注意】

  • 暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。
  • 暗号資産の取引を行う場合、当社から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

【レバレッジ取引に関するリスク説明】

【リスク警告】

フォビジャパン株式会社(Huobi Japan inc.)

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。

各種お知らせ

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

レバレッジとは
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる