弱気相場での取引

ECプラットフォームとは

ECプラットフォームとは
サイトの全てを自分流にカスタマイズできます。
ただし、 1から作り上げるため膨大な時間・手間・コスト がかかります。
感覚的には導入に数億円のコスト、時間としては年単位かかるといわれています。

ECプラットフォームとは

ここからが とっても重要。
特徴を知ることでECプラットフォームを選べるようになります。

上記の特徴をまとめると、「手間が少なく、集客が楽ちん。でも価格競争起きるかも」ということです。

一方、 デザインやブランドイメージの強いサイトにしたいのであれば、選択肢は自社EC型 になるでしょう。

とは言っても、まだまだ選ぶことって難しいですよね。

ECプラットフォーム「Amazon」「楽天」の特徴

①Amazonの特徴

モール形態:カタログ型

商品A
└─店舗a
└─店舗b:相乗り
└─店舗c:相乗り

そのため、商品販売までが非常に早く、簡単に始めることができます。在庫数や価格設定を行うだけで、商品販売がスタートできますので、特にデザインやコーディング知識がなくても始めることができるのが特徴です。

出品者側は、販売したい商品をAmazonという、大きなお店の中に商品を並べて販売が出来る!!というイメージを持ってもらえると大丈夫です。

ユーザー層

集客力

Amazonに出品すると、自社ECサイトでは集客が出来なかった、お客様にも認知してもらうことが可能になります。
大抵のネットショッピングユーザーは、Googleなどの検索サイトで、 探している商品をキーワードに入れて検索し、販売サイトを探します。 自社サイトを検索結果の上位に表示させようと思うなら、地道なSEO戦略やリスティング広告に、コストがかかってきます。

ECプラットフォームとは

リクルートサイトへ

プレスリリース

  • 2022.05.13

代表からのメッセージ

合言葉は、「Happyをシェア」

私たちのサービスは、SaaS(Software as a Service)として、たくさんのお客様に"Eコマースプラットフォームを共有(シェア)"していただくサービスです。

なぜなら、
世界はどんどん進化しています。
情報のスピードは速く、とてつもない量から有効なソースを見つけ出すことは、もはや単独の知恵では難しくなっています。しかし、 2,900 を超える稼動店舗から日々集まってくる実践的アイデアは、机上の空論でも推論でもない、何にも勝るノウハウとして「futureshop」に実装され、より一層、充実したEコマース環境をお客様にシェアしていただけるのです。

CREDO

私たちのミッション

私たちは、日々進化するインターネット環境にて販売活動を行う事業者(=お客様)のために、安全かつ先進的で魅力的なEコマースサイトが実現可能であり、それによってお客様がより 競争優位を確保し、利益を生むことができるプラットフォームを、専門的な技術と情報収集能力をもって開発・提供し続けます。
その結果、消費者にとって有意義な商品・サービスが、世の中に行きわたり、健全で魅力的な市場形成に貢献します。

私たちが目指すプラットフォームとは
サービス開発についての姿勢
  1. お客様がより競争優位を確保できるプラットフォーム開発のため、お客様のビジネス環境をよく知り、本質的な問題解決に挑みます。
  2. 正しい解決方法を導き出すために、情報収集能力を磨き、常にお客様にとって最適な機能を提供できるよう努めます。
  3. 常にお客様の問題解決ナレッジを積み上げて成長させていくことによって、私たちはよりいっそう専門性を高めます。
システム開発についての優先順位
  1. お客様の経営資源を守るため、安全なシステムを開発することを第一優先とします。
  2. お客様のビジネスを守るため、安定したシステム稼働に努めます。
  3. 競争優位を確保できるサービス提供のため、コスト意識を持ち効率的にスピーディに開発します。
私たちの信条

私たちは、お客様にとって有意義な提案をし、問題解決に果敢に挑戦します。
私たちは私たちの存在意義にこだわり、全力で貢献することに喜びを感じるとともに、私たちの社員が、自身のサービスに自信を持ち、一点の曇りもなく、誇りをもって仕事ができる企業文化を守り続けます。
私たちは、私たちの企業活動によって、お客様のみならず、パートナー企業様および取引先企業様、そして私たち自身に"正しい利益"がもたらされ、それによってまた、意義のある"正しい企業活動"を継続しつづけることを信条とします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる