バイナリ―オプション取引

トレンドとは

トレンドとは
イベントに登壇したMS統括本部 第二営業本部のメンバー。左から、営業1部セールス3リーダー酒井淳氏、本部長・三村真氏、営業2部セールス2榊麗菜氏、営業2部セールス1、2リーダー吉川美咲氏

会社概要 COMPANY

2021年4月 ”仕切り形成体”特許取得 登録第6864328号 2021年2月 ”スマートスクリーン”特許取得 登録第6832035号 2019年2月 第23回震災対策技術展横浜会場に出展
”ユニキューブ”商標登録 登録第6122887号 2018年11月 ”回転バスード極楽”特許取得 特許第6440053号
”回転バスード極楽”意匠登録 登録第1619425号 2018年10月 第45回国際福祉機器展に出展 出展10回目(10年連続)による表彰
”回転バスボード極楽”を発表 2018年5月 東京国際消防防災展に出展 2018年2月 トレンドとは 第22回震災対策技術展横浜会場に出展 2017年11月 第50回緑十字展(神戸国際展示場)に出展 2017年9月 第44回国際福祉機器展に出展 2017年2月 トレンドとは 第21回震災対策技術展横浜会場に出展
”ユニキューブ”屋外テントを発表 2016年10月 第43回国際福祉機器展に出展
”LED杖先ゴム””クイックベース”を発表、販売開始 2016年3月 ”クイックバーミニ”を販売開始 2016年1月 ”ユニキューブ”意匠登録 登録第1543440号
第20回震災対策技術展横浜会場に出展 2015年12月 ”ユニキューブ”特許取得 特許第5846593号 2015年10月 第42回国際福祉機器展に出展 2015年7月 第9回オフィス防災エキスポに出展 2015年4月 ”置楽立ち上がり手すりシリーズ””ユニポンチョ”を販売開始 2015年2月 第19回震災対策技術展横浜会場に出展
ユニトイレパック薄型使い捨て消臭プラスを販売開始 2014年10月 第41回国際福祉機器展に出展
”はね上げ式バスボード”を発表、販売開始(2013年9月に実用新案登録)
危機管理産業展に出展 2014年2月 第18回震災対策技術展横浜会場に出展 2013年10月 第40回国際福祉機器展に出展 2013年2月 第17回震災対策技術展横浜会場に出展
”ジョイントスクリーン”、”ユニテントワイド”、”ユニルーム”を発表 2012年9月 第39回国際福祉機器展に出展
LEDライト付杖”ユニステッキ”、”ハンディーグリップ”を発表 2011年9月 第38回国際福祉機器展に出展 2011年9月 業務拡大のため、千葉県柏市中央に移転 2011年8月 トレンドとは JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2011に出展 2010年9月 第37回国際福祉機器展に出展 2010年3月 回転式シャワーチェア、回転式バスボードの販売を開始
バスdeグリップの販売を開始
飾れる防災バッグの販売を開始 2010年2月 第14回震災対策技術展横浜会場に出展 2009年10月 第36回国際福祉機器展に出展
回転式シャワーチェア、回転式バスボードを発表 2009年9月 一人用防災セットの販売を開始 2009年2月 第13回震災対策技術展横浜会場に出展 2008年10月 第35回国際福祉機器展に出展 2008年2月 第12回震災対策技術展横浜会場に出展 トレンドとは 2007年10月 第34回国際福祉機器展に出展
吸盤式手すり”クイックバー”発表 トレンドとは 2007年7月 高輝度蓄光材”ユニほたる”販売開始 2007年5月 第1回震災対策技術展大阪会場に出展 2007年4月 アウトドア2007に出展 2007年2月 第11回震災対策技術展に出展
新商品”ユニトイレパックポケット””洋式トイレ用受けネット”トレンドとは を発表 2006年9月 第33回国際福祉機器展に出展
新商品”ユニトイレ・プチ”を発表 2006年7月 千葉県福祉サービス第三者評価機関認証取得 2006年5月 経営革新計画 千葉県知事認証 2006年4月 アウトドア2006に出展 2006年2月 第10回震災対策技術展に出展 2005年9月 第32回国際福祉機器展に出展 2005年5月 安全健康快適フェアに出展 2005年3月 埼玉県福祉サービス第三者評価機関認証取得 2005年2月 第9回震災対策技術展に出展
新商品”ユニトイレパック””ユニトイレ・安心””ユニトイレ・ミニ”を発表 2005年1月 「有限会社ユニトレンド」を商号変更
「ユニトレンド株式会社」設立(資本金1000万円) 2004年10月 第31回国際福祉機器展に福祉用具を出展 2004年3月 高機能吸水紙パック”華パック”を開発、実用新案登録 2003年12月 東京都福祉サービス第三者評価機関認証取得 2003年5月 「夢の笛」中心メンバーにより、「有限会社ユニトレンド」設立(資本金300万円) 2002年8月 「夢笛会」を発展、福祉と街づくり、社会教育をめざす特定非営利活動法人「夢の笛」設立 2001年2月 福祉用具専門相談員による任意団体「夢笛会」をスタート

検索データから見える激変する旅行者トレンドとは? 新たな時代を勝ち抜く秘策、ヤフーの旅行業界向けイベントを取材した(PR)

ヤフーは2021年8月、旅行業界向けのライブ配信イベント「Yahoo! JAPAN Travel Day」を開催した。業界特化型イベントとして、旅行業界の広告主を対象にYahoo! JAPANユーザーの旅行に関する最新の検索動向などを伝えるもので、今回が初めての開催。ヤフーのビッグデータから導き出した分析結果をもとに、コロナ禍前後で様変わりした旅行者の姿を解説し、今後の観光再開に向けて、打ち手のヒントとなる情報を提供した。

目まぐるしく変わる旅行への意識、消費者は何を求めているのか?

How:どんな旅行を検討しているのか?

宿泊施設自体でレジャーを楽しむ、目的に合致した旅行を探す、といった傾向が強まっている

Where:どこへの旅行を検討しているのか?

トップ3を占めた大阪、京都、東京がランキング圏外に

Who:誰が旅行を検討しているのか?

海外旅行を待望するシニア層の需要が見て取れる

When:いつ検討していつ旅行するのか?

What:どこの旅行サービスを検討しているのか?

データをもとに動き出した旅行業界

「Yahoo! JAPAN Travel Day」には、旅行、交通など旅行業界の大手広告主を中心に約30社、130名超が視聴した。開催した8月は、まだ新型コロナウイルスの感染が拡大中で、旅行業界は状況の改善後を見据えた需要獲得策を準備する段階にあった。

MS統括本部 第二営業本部 営業2部 セールス1、2 リーダーの吉川美咲氏

MS統括本部 第二営業本部 営業2部 セールス2の榊麗菜氏

コロナ禍で様変わりした生活者の変化をつかむためには、データ活用が重要だ。第二営業本部 本部長の三村真氏は、「約100のサービスを展開するYahoo! JAPANの検索データは人々のニーズの指標となるものであり、その変化を見れば生活者のインサイトも分かる」と、ヤフーだからこそ提供できるデータの価値を説明。価値あるデータを可視化して共有し、コロナ禍後の反転攻勢を、旅行業界と二人三脚で目指す方針を示している。

イベントに登壇したMS統括本部 第二営業本部のメンバー。左から、営業1部セールス3リーダー酒井淳氏、本部長・三村真氏、営業2部セールス2榊麗菜氏、営業2部セールス1、2リーダー吉川美咲氏

トレンド調査とは?マーケティングに活用すべき理由やおすすめツールまで全ガイド

3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/

マーケティングにトレンド調査を活用して業績アップへつなげよう

  • トレンド調査とは、定義した調査対象をサンプル抽出して一定期間ごとに調査すること
  • 生活者のトレンド調査を行うのであれば、ソーシャルリスニングツールが効果的
  • いち早く生活者のトレンドを掴みたいなら、SNS解析サービス「AIGENIC」がおすすめ

トレンド調査とは、定義した調査対象をサンプル抽出して一定期間ごとに調査することです。SNSには、トレンドになりきらない「種」もたくさん投稿されています。

その種から新しい企画を考えるには、効率的に情報収集・分析できるソーシャルリスニングツールが効果的なんです。

もし、 いち早く生活者のトレンドを掴みたいなら、SNS解析サービス「AIGENIC」をおすすめ します。

3分でわかるAIGENIC資料ダウンロード

\SNS上のユーザーニーズ・本音をAIが分析・レポート/

D2Cで成功するための必須知識!D2C事業が流行している3つの業界と5つのトレンド

フセラボ 不正注文対策について

〜ネット通販(EC)やD2C事業に付きまとう不正注文が起こる原因や対策を解説〜

D2Cとは?

D2C(D to C)とは「Direct to Consumer」の略です。

  1. 顧客データを蓄積・活用できる
  2. 高い収益性を期待できる

「D2Cって言葉を最近よく聞くけどいまいち言葉の意味がわからない!」というお悩みの方に向けて今回は D2Cの定義 D2Cが流行っている背景 D2Cのメリット・デメリット についてまとめました。 D2Cは専門用語のようで難しく感.

D2C事業がトレンドとなっている業界3つ

D2C事業がトレンドの業界1:アパレル業界

D2C事業がトレンドの業界2:美容業界

例えば2016年には、ユニリーバ社がシェービングとカミソリを毎月届けるサブスクリプションモデルでビジネスを展開するDollar Shave Club社を約1,100億円で買収しています。

D2C事業がトレンドの業界3:食品業界

アパレル・美容・食品業界でD2C事業がトレンドな3つの理由

消費者と直接繋がれるツールが登場したため

D2Cがトレンドとなっている1つの理由は消費者と直接繋がれるツールが登場したためです。

消費者のニーズにきめ細やかに応えていく必要があるため

次に消費者のニーズにきめ細やかに応えていく必要があることが理由として挙げられます。

商品そのものではなく”ブランドストーリー”がより重要になったため

モノそのものではなく、その背景の”トレンドとは ブランドストーリー”がより重要になったのも1つの理由です。

D2C事業に関する5つのトレンド

  1. Amazonなどのプラットフォーマーからの撤退
  2. 老舗企業による新規D2C事業の立ち上げ
  3. リアル店舗を持たない小売企業の台頭
  4. 個人にパーソナライズされた顧客体験の提供
  5. マイクロブランドが商品を直接消費者に対して販売

Amazonなどのプラットフォーマーからの撤退

大手企業のAmazon離れが加速しているのはトレンドの1つです。

老舗企業による新規D2C事業の立ち上げ

老舗企業による新規D2C事業の立ち上げもトレンドの1つ。

リアル店舗を持たない小売企業の台頭

リアル店舗を持たない小売企業が台頭しているのもD2Cのトレンドです。

個人にパーソナライズされた顧客体験の提供

D2Cでは個人にパーソナライズされた顧客体験を提供することもトレンドに。

マイクロブランドが商品を直接消費者に対して販売

マイクロブランドが商品を直接消費者に対して販売しているのも大きなトレンドの1つです。

D2Cのトレンドを押さえてビジネスに取り入れるのが重要!

  1. Amazonなどのプラットフォーマーからの撤退
  2. 老舗企業による新規D2C事業の立ち上げ
  3. リアル店舗を持たない小売企業の台頭
  4. 個人にパーソナライズされた顧客体験の提供
  5. マイクロブランドが商品を直接消費者に対して販売

「D2C事業って難しそうだけど、売上を伸ばすためのポイントとかあるの?」というお悩みの方に向けて今回は D2C事業で売上を拡大するために重要な3つのポイント D2C事業で売上拡大に成功しているスタートアップ3選 について整理しました。 .

フセラボ 不正注文対策について

〜ネット通販(トレンドとは EC)やD2C事業に付きまとう不正注文が起こる原因や対策を解説〜

D2Cの戦略から集客ツールまでまとめて解説!鍵はお客さんとコミュニケーションにある

効率よく売上を拡大したい方必見!D2Cマーケティングの進め方と成功に向けた3つのポイント

2021年のデジタルヘルスのトレンドと未来像とは?【加藤浩晃先生に聞くvol.6】

加藤浩晃・編著『デジタルヘルストレンド2021』(メディカ出版)

デジタルヘルスのハイプサイクル

ガードナー「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」より引用

2021年、デジタルヘルスのトレンド動向

加藤 :ええ。いわゆる侵襲型というものですが、これはいずれ、Apple Watchなどのリストバンド型や眼鏡型など、非侵襲型へ流れが向かって行くでしょう。形態も、機能もどんどん多様化していく局面になっていきます。

デジタルヘルスの近未来モデルとは

加藤浩晃・編著『デジタルヘルストレンド2021』(メディカ出版)より引用

加藤浩晃(かとう ひろあき)
2007年浜松医科大学卒業。専門は遠隔医療、AI、IoTなどデジタルヘルス。16年に厚生労働省に出向、退官後はデジタルハリウッド大学大学院客員教授、AI医療機器開発のアイリス株式会社取締役副社長CSO、厚生労働省医療ベンチャー支援(MEDISO)医療ベンチャー支援アドバイザー、京都府立医科大学眼科学教室、千葉大学客員准教授、東京医科歯科大学臨床准教授など幅広く活動。『医療4.0〜第4次産業革命時代の医療』(日経BP社)など40冊以上の著書がある。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる