オプション取引活用術

仮想通貨とは

仮想通貨とは
出典:CoinMarketCap

仮想通貨とは

次世代 の 社会基盤 となりうる 可能性 を秘めた 技術 「 ブロックチェーン 」。
デジタル 時代 の 革新的技術 ともいわれており、今や 仮想通貨 にとどまらず、 金融分野 仮想通貨とは からそのほかの 分野 にも 実用化 に向けて 実証実験 の動きが 加速 しようとしています。
本記事 では、 ブロックチェーン の 定義 や 仕組 み、 利点 などについて 紹介 するとともに、 ブロックチェーン 技術 に 関連 した取り組み 内容 ( 利用用途 )を 具体例 として 解説 します。

ブロックチェーンの基本的な仕組みや特徴

ブロックチェーン とは、なんらかの 取引 データ (※1) を箱「 ブロック 」ごとに 時系列 で 記録 し、 インターネット につながったP2P(Peer to Peer: ピア・トゥー・ピア ) ネットワーク の 参加者同士 で 取引履歴 を 仮想通貨とは 共有 し、改ざん 耐性 を持つ 生成 された箱( ブロック ) 同士 を鎖( チェーン )のようにつないで 蓄積 する 仕組 みを指します。 ブロックチェーン は「 分散型台帳 仮想通貨とは 」とも言われます。
いままでの ネットワーク は、 中央集権型 の 一元管理 されたものが 主流 ですが、 ブロックチェーン では 相互 に 管理 する 分散型 となっています。

また ブロックチェーン の 技術 には、さまざまな 暗号 アルゴリズム を 活用 しているため、改ざんされにくい データ 構造 を有しています。これらの 仕組 みや 技術 、 管理方法 により、高い セキュリティー を 担保 でき、 データ の 耐改 ざん性・ 透明性 が 実現 できるとされています。さらに 今後 は 拡張 の幅が広がることにより、単に 送金 システム だけでなく、さまざまな 経済活動 の プラットフォーム となる 可能性 を秘めています。

  • (※1): 取引 データ とは、 文字通 り、ある 特定 の 取引 に関する 情報 の固まりのことです。 ビットコイン・ブロックチェーン の 仮想通貨とは 場合 、 取引 データ には、 送金額 などの 取引情報 が含まれています。 ブロック は10 分間 に1回の 頻度 で 生成 され、この間の 取引 データ 仮想通貨とは が ブロック に 格納 されています。また ブロック の中にはその他にも、一つ前の ブロック の 情報 を 暗号化 した ハッシュ 値、新しい ブロック の ハッシュ 値を 調整 するための ナンス 値が含まれています。

ブロックチェーンとビットコインの違い

ビットコイン と ブロックチェーン はまとめて 議論 されることが多いからか「 ブロックチェーン = 仮想通貨 ( 暗号資産 )」と 認識 している方も少なくありませんが、 ビットコイン は、 仮想通貨とは 世界初 の 仮想通貨 ( 暗号資産 )です。
ビットコイン は、 サトシ・ナカモト (Satoshi Nakamoto)と 名乗 る 人物 が2008年に 発表 した 論文 ( 通貨価値 を 保証 する 外部機関 がいなくても 成立 する 金融 システム )が 誕生 の 発端 として知られており、 ブロックチェーン 技術 を使っている サービス です。 一方 、 ブロックチェーン は ビットコイン を支える 中心的 な 技術基盤 として 明確 な違いがあります。

また ブロックチェーン の 技術 は、 ビットコイン のように 仮想通貨とは 金融 サービス 業界 に 限定 されるものではなく、 流通 を通じて 商品 を 販売 している 業界 や、 電気 や 上下水道 の 利用状況 仮想通貨とは を 測定 ・ 追跡 する 公共事業 も 対象 となり、 住宅賃貸 、 カー・シェアリング 、 農場 から 食卓 に至る 食糧 の 生産 仮想通貨とは 仮想通貨とは ・ 流通 も、 ブロックチェーン による 利用用途 としての 可能性 を秘めています。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーン の 種類 には、大きく分けて パブリックチェーン と プライベートチェーン と コンソーシアム ( 共同事業体 ) チェーン の3つがあります。 パブリックチェーン が 参加者 に 制限 がなく 許可 を 必要 としない( パーミッションレス )のに対して、 プライベートチェーン は 特定 ユーザー のみ 参加 することが許され、 パーミッション を 必要 とする点で大きく異なります。また コンソーシアムチェーン はこれらの 中間的 な立ち 位置 となります。それぞれどのような違いがあるのか、詳しく 解説 しましょう。

パブリックチェーン の 特徴 は、 管理者 仮想通貨とは が 存在 せず、 参加者 に 制限 がなく 不特定多数 の ユーザー が 利用 できる点です。また 取引 データ が全て 公開 されており 透明性 が高い点も挙げられます。しかしながら 単独 で ルール を変えることはできず、 参加者 の 一定数以上 の 合意 があった 場合 に 変更可能 となるため、 合意形成 までに何カ月も 時間 を要することがあります。
パブリックチェーン の 典型的 な 用途 として挙げられるのが、 ビットコイン をはじめとした 仮想通貨 です。

プライベートチェーン の 特徴 は、 単体 で 管理者 が 存在 し、 限定 仮想通貨とは された ユーザー のみが 利用 できる点です。また パブリックチェーン に比べると 透明性 ・ 公共性 がやや低く、 中央集権的 な 要素 が含まれていますが、 参加者 が限られているため、 取引 の 仮想通貨とは 承認 は スムーズ です。
プライベートチェーン の 用途 は、 企業単体 や 組織内 、たとえば 金融機関 などにおいて 取引 を 記録 する際に用いられます。

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーン 仮想通貨とは の 特徴 は、 複数 の 企業 や 組織 ( 特定 できる 多数 )の 管理者 が 存在 し、 限定 された 仮想通貨とは ユーザー のみが 利用 できる点です。 パブリックチェーン と プライベートチェーン の 中間 に 位置 する ブロックチェーン とも言われており、 パブリックチェーン より 参加者 が少ないため 合意形成 仮想通貨とは の スピード は保ちながら、 プライベートチェーン のように 単独 で ルール を書き換えることができなくても、 一定数以上 の 合意形成 が 必要 となってくるため、ある 程度 の 透明性 は 担保 仮想通貨とは することができます。
さらに セキュリティ に関しても 単独企業 の 運営 に任せるわけではなく、 複数 の 企業 がそれぞれ セキュリティ 対策 を講じるため、3つの中では最も セキュア な システム を 仮想通貨とは 構築 することができます。

代表的 な例についてはこのあとでご 紹介 します。

ブロックチェーンのメリットと課題

ブロックチェーン の 仕組 みや 特徴 、 種類 が分かったところで、 ブロックチェーン の メリット を 整理 するとともに、 今後 の 課題 や 問題点 として考えられる ポイント をあわせて 紹介 します。

ブロックチェーンのメリット

信頼性とセキュリティが担保される

パブリックチェーン の 場合 、 データ の改ざんや 削除 が極めて 仮想通貨とは 困難 で、さらに 取引 を 実行 した ユーザー を 特定 することもできないため、 記録 された データ に関しては高い 信頼性 と セキュリティ を 担保 仮想通貨とは できるのが 最大 の メリット といえます。

システムダウン への 耐性 が高い

ブロックチェーン は 中央集権的 な 仕組 みとは異なり、 複数 の ノード によって 仮想通貨とは 構成 されるため、 特定 の サーバー が ダウン して 機能不全 に陥る 心配 もなく、 システム の 安定的 な 維持 が 可能 です。何らかの 理由 によって 特定 の ノード から データ が 消失 したとしても、その他の ノード が データ を 保有 しているため、 取引 データ が 消失 する 心配 もありません。

中央集権的 な システム では サーバー が 一括 して 処理 を行いますが、 ブロックチェーン の 場合 はそれぞれの ノード が 分散 して 処理 を行います。そのため、 高額 な サーバー を 個別 に 構築 する 必要 がなく、 導入 コスト および 運用 コスト の 節約 につながります。

スマートコントラクトによる契約の効率化と改ざん防止

スマートコントラクト とは、 ブロックチェーン 上で 第三者 を介さずに 信用 が 担保 された 取引 データ を 自動処理 できるという 仮想通貨とは 特徴 があります。これによって 当事者間 で交わされる 契約書 の 締結 など多くの 作業 が 不要 になるため、 事務 コスト を 大幅 に 削減 できます。また 暗号化 仮想通貨とは 、 分散管理 によって 契約内容 の改ざんも防げるのです。 証券 や 不動産取引 、 ローン のような 契約 が 複雑化 しやすく 第三者機関 による 審査 や 照合 が 必要 な 領域 において 活用 が 期待 されています。

ブロックチェーンの課題

取引 の 増加 に伴い 承認 に 遅延 が生じる 問題 仮想通貨とは のことです。これは ビットコイン のような極めて ユーザー 数の多い パブリックチェーン で起こりやすい 問題 のひとつで、1つの ブロック に 記録 できる量が限られているために 発生 します。 ビットコイン が 登場 した 仮想通貨とは 直後 は ユーザー 数が限られていましたが、 仮想通貨 に 注目 が集まるようになり ユーザー 数と 取引量 は 爆発的 に 増加 しました。そのため 処理速度 も 低下 し、 決済 や 送金 をしてから 完了 するまでに 遅延 が生じるようになったのです。

51% 攻撃 とは、 特定 の 個人 または グループ が ブロックチェーン 上の 過半数 を超える 処理能力 を持ち、 不正 な 取引 を 実行 するというものです。 パブリックチェーン では 不特定多数 の ノード が 多数決 で 取引内容 の 仮想通貨とは 仮想通貨とは 承認 を行っています。そのため、仮に誤った 計算結果 であったとしても、 過半数 を超えれば 承認 されてしまうという 問題 をはらんでいるのです。51% 攻撃 が 実際 に起こると、たとえば 仮想通貨 の 決済 を 妨害 仮想通貨とは する、 特定 の 取引 において 二重 に 決済 されてしまうなど、さまざまな トラブル が 想定 されます。

運用 を 実現 するために、今の 社会的仕組 みを 変更 仮想通貨とは しなければ 解決 しない 課題 もあるため、国や 政府 を巻き込み 法律 を変える 必要 があり、そのための 検討 や 調整 に 数年単位 の 時間 がかかる 可能性 が出てきます。 重要 な データ であればあるほど、厳しく 制限 することで 部外者 の 進入 を防ぐのは 安心 につながる 一方 、 法律 が イノベーション の足を引っ張ってしまう点が 懸念 されています。

KDDIにおける ブロックチェーン技術の取り組み内容

ブロックチェーン といえば 仮想通貨 が 代表的 な 活用事例 として挙げられますが、その他でも ブロックチェーン で何ができるのかを知るために、KDDIが取り組んでいる 事例 を 紹介 します。

ブロックチェーン 上に 発行 仮想通貨とは 仮想通貨とは した デジタル 通貨 の 処理 を 自動化 する 検証 を 実施

KDDI、au フィナンシャルホールディングス 、 ウェブマネー (現au ペイメント )、 ディーカレット 仮想通貨とは 仮想通貨とは 仮想通貨とは の4社は、2020年2月に ブロックチェーン 上に 発行 する デジタル 通貨 に関する 共同検証 を 実施 しました。

近年 、 ブロックチェーン での 取引 と 親和性 が高く、 プログラム 制御 が 容易 な 決済手段 の ニーズ が高まっており、 今回 ディーカレット が 構築 した ブロックチェーン の プラットフォーム において、 ウェブマネー が 発行 した デジタル 通貨 を 共同検証 の 参加者 に 配布 し、 参加者 は 共同検証用 に 用意 した カフェ 仮想通貨とは で デジタル 通貨 を用いて 決済 するという流れで行われました。また、 カフェ での 購入代金 は、 前日 よりも 気温 が低い 場合 は ホット 飲料 の 値段 を下げるなど、 スマートコントラクト による 自動割引 の 有効性 についてもあわせて 検証 されました。

今後 も、 プラットフォーム の 活用 および ブロックチェーン を 活用 した デジタル 通貨 の 普及 に向け、さまざまな 検討 をしていきます。

KDDI グループ が ブロックチェーン 活用 のP2P 電力取引 の 事業成立要因 を 検証開始

KDDI グループ の エナリス 、au フィナンシャルホールディングス 、au ペイメント は ディーカレット と2020年11月から2021年2 月末 にかけて、 太陽光発電 や 蓄電池 などの 余剰電力 を 所有 している 仮想通貨とは 個人 ・ 法人 に対して、別の 需要家 に 電力 を 供給 し、 ブロックチェーン 技術 を用いて 取引 する 仕組 み(P2P 電力取引 プラットフォーム )を 構築 するとともに、 電力業界 の デジタル 通貨活用 を進めるための 社会実装 に向けて 共同実証事業 を 開始 しました。これは 東京都 が 実施 する「 令和 2 年度 次世代電力 システム におけるP2P 電力取引 プラットフォーム 構築実証事業 」の 共同 プロジェクト の 一環 であり、 東京都 の呼びかけで始まった「 スマート 東京 (※1)仮想通貨とは 」の 実現 に向けた取り組みでもあります。

本実証実験 では、au ペイメント が 環境価値 トークン ( ブロックチェーン 技術 を 利用 して 発行 された デジタル 資産 )を 発行 し、 発行 された トークン を エナリス が 企業 に 配布 します。 企業 は プロシューマー ( 生産消費者 )から 再生可能 エネルギー 仮想通貨とは を 譲渡 してもらい、 プロシューマー はその 謝礼 として 環境価値 トークン をau PAYで受け取ります。このような「 ブロックチェーン 上で デジタル 通貨 を 発行 ・ 管理 する プラットフォーム 」の 検証 を通して、 トークン 活用 の 課題 やP2P 電力取引 における 課題 、そして 企業 に対して 再生可能 エネルギー を 供給 する スキーム についても 検証 を行っていきます。

  • (※1): 令和 2 年度次世代電力 システム におけるP2P 電力取引 プラットフォーム 構築実証事業

  • (仮想通貨とは ※2): 企業 が 事業 の 使用電力 を100% 再生可能 エネルギー で賄うことを 目指 す 国際的 な イニシアティブ 。 本記事 ではRE100 加盟企業 仮想通貨とは を「RE100 企業 」と 記載 。

企業間情報連携推進 コンソーシアム 「NEXCHAIN」への 参画

KDDIは、お客さまおよび 企業 の 双方 に 有益 な エコシステム の 実現 と オープンイノベーション の 加速 を 目的 とする 企業 コンソーシアム 「NEXCHAIN」に 参画 しました。

この取り組みは 日本政府 が 提唱 する「超 スマート 社会 (※3)」の 実現策 (Society 5.0 (※4))で、 デジタル 技術 や データ を 活用 した、新たな ユーザーメリット の 創出 や 利便性 の 向上 を 目指 しており、 企業間 で 情報 を 連携 し、 異業種 データ の 相互補完 や サービス の 連携 を 実現 する 基盤整備 の 一環 として行われています。

NEXCHAINは、 ブロックチェーン を 活用 した 独自 の 情報連携制御技術 を 採用 し、お 客様 の 仮想通貨とは 意思 に基づく 情報連携先 の 制御 を 実現 。お 客様同意 のもと 情報 を 企業間 で 連携 し、 利便性 の高い サービス を受けられる 仮想通貨とは 仕組 みを 確立 しています。

NEXCHAINでは オフチェーン 方式 との 併用 により、GDPRの 削除権 (忘れられる 権利 )(※5) などや 個人情報 の 削除要請 に備えています。

  • (※3): 必要 な モノ・サービス を、 必要 な人に、 必要 な時に、 必要 なだけ 提供 し、 社会 のさまざまな ニーズ にきめ細やかに 対応 でき、あらゆる人が質の高い サービス を受けられ、 年齢 、 性別 、 地域 、 言語 といったさまざまな違いを乗り越え、活き活きと 快適 に暮らすことのできる 社会 。
  • (仮想通貨とは ※4): 日本政府 が掲げる新たな 社会像 であり、その 実現 に向けた取り組みのこと。AIやIoT、 ロボット などの 革新的 な 科学技術 を用いて、 社会 のさまざまな データ を 活用 仮想通貨とは することで、 経済 の 発展 と 社会課題 の 解決 を 両立 し、 人間中心 の豊かな 社会 を 目指 す。 狩猟社会 、 農耕社会 仮想通貨とは 、 工業社会 、 情報社会 に続く5 番目 の新たな 社会 として 位置 づけられている。
  • (※5):EUにおける 個人 データ 保護規則 に基づき、 一定 の 場合 に データ 主体 ( 本人 )が 管理者 に対して 個人 データ の 消去 を 請求 できることを 明確 にしている 仮想通貨とは 権利

ビジネス 業界 で最も 注目 されている ブロックチェーン は、 今回紹介 したように多くの 業種 ・ 企業 においてさまざまな 用途 で 検討 が行われ、 実運用 に向けて 実証実験 や 検証 が始まっています。多くの伸びしろや 利点 がある 一方 でいくつかの 課題 があることも分かりました。
その 課題 を 解決 する鍵となるのは、もしかするとKDDIでも取り組んでいる コンソーシアムチェーン なのかもしれません。 コンソーシアム を 形成 することにより、 一社 では 到底解決 できなかった 難題 を多くの 企業 を巻き込み 一緒 になって進めていけば、 希望 の 道筋 が見えてきそうです。 今後 は、 資産 の 取引履歴管理 や 不動産登記 、 公共 サービス など、 非金融分野 にも 活用 できるかもしれない、そんな 未来 を 期待 せずにはいられません。

みなさんもまず ブロックチェーン の 基本的 な 仕組 みや 利点 を 理解 したうえで、 自社 の 業務課題 の 解決 や新たな ビジネスモデル の 構築 に向けて 検討 してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨とは

BTC

仮想通貨とは ETH

XRP

ONT

QTUM

BTC

ETH

XRP

BCH

LTC

仮想通貨を始めてみるのに
おすすめの読み物

    • お知らせ一覧(2020年10月以降)
    • 2020年9月以前のお知らせはこちら
    • プレスリリース一覧
    • ニュースレター一覧(2021年8月以降)
    • 2020年9月以前のお知らせはこちら
    • メンテナンス情報一覧(2020年10月以降)
    • 障害情報一覧(2020年10月以降)
    • 2020年9月以前のお知らせはこちら

    オープンな情報とコストを抑えた
    取引が魅力の取引所

    暗号資産(仮想通貨)を少額から。
    今すぐかんたんに購入・売却

    500円からはじめる
    かんたん自動積立

    はじまる。電子マネーチャージ

    強固なセキュリティ体制

    情報セキュリティ

    暗号資産(仮想通貨)を分別管理

    マルチシグで秘密鍵を管理

    24時間365日対応の入出金

    かんたんに暗号資産(仮想通貨)を送付・受取

    QRコード ※ とアドレス帳を利用して、
    いつでもかんたんに暗号資産(仮想通貨)の送付・受取が可能です。
    ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です

    仮想通貨SANDとは?The Sandboxの特徴や今後の将来性・買い方を初心者向けに解説

    仮想通貨SANDの特徴 アイキャッチ

    SAND_world

    出典:The Sandbox

    The Sandboxは、仮想空間の「メタバース」を自由に楽しむ、オープンワールドのブロックチェーンゲームです。

    1. 謎解きや収集を楽しむ
    2. キャラクターやアイテムを作成できる
    3. 3Dゲームを自作できる

    自作のNFTを販売できる

    SAND_NFT

    出典:The Sandboxショップ

    The Sandboxでは、ゲーム内で使えるキャラクターやアイテムを作成し、NFTとして売買できます。作ったNFTは、仮想通貨SANDを使った取引が可能です。

    The Sandboxには、遊んで稼げる「Play to Earn」が実装されているワン!

    LANDでマネタイズできる

    SAND_LAND

    出典:The Sandbox

    The Sandbox内の土地「LAND」を活用した、さまざまなマネタイズ方法が生まれています。

      仮想通貨とは
    1. LANDの売買・貸し出し
    2. 有料ゲームの提供
    3. イベントを開催して集客する

    ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

    仮想通貨SANDの価格推移

    仮想通貨SANDの価格推移

    SANDの全期間チャートを確認

    SAND_ALLchart

    出典:tradingview.com

    SANDは2020年8月にバイナンスに上場し、5か月ほど0.03~0.05ドルの価格帯で推移しました。

    2021年より上昇傾向に転じ、11月は最高値となる 7.4ドル台 を記録しています。

    2021年までの値動き【チャート】

    SAND2021chart

    出典:CoinMarketCap

    メタバース・NFT市場の拡大を追い風に、SANDも急激に価格を上げています

    なお、アディダスがThe Sandboxに関するTwitterを投稿した11月25日に、SANDは最高値の7.4ドル台を記録しています。

    2022年の価格動向【チャート】

    SAND2022chart

    出典:CoinMarketCap

    2022年に入り、SANDは市場全体の停滞に影響を受ける形で価格を下げました。1月下旬には一時3ドル台まで下落しています。

    2月には4.7ドル台をつけたものの大きな上昇には至らず、4月30日には一時2ドルを割り込みました

    \SAND取り扱い記念キャンペーン開催/

    SANDを合計5万円以上購入で、抽選で10名様に10万円が当たります。
    さらに今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!

    仮想通貨SANDの今後の将来性

    仮想通貨SANDの将来性

    1. メタバース市場の成長
    2. NFTゲームの拡大
    3. 有名企業のさらなる参入に期待

    メタバース市場の成長

    アメリカの金融大手のシティグループは、「2030年までにメタバースの経済圏は最大13兆ドルユーザー数50億人に達する可能性がある」という予測を出しました。

    NFTゲームの拡大

    2022年に入り、ブロックチェーンゲーム市場は急速に拡大しています。DappRadarの調査によると、2022年第1四半期は前年同期に比べ、 ユーザーの活動が2,000%増加した ことが分かりました。

    NFTゲームへの投資総額は、2022年第1四半期だけで約25億ドルに到達しています。

    有名企業のさらなる参入に期待

    SAND_JOIN

    出典:The 仮想通貨とは Sandbox

    1. Adidas
    2. HSBC(イギリス大手メガバンク)
    3. スクウェア・エニックス
    4. エイベックス
    5. SHIBUYA109

    国内取引所のコインチェックは、The Sandboxと共同で「Oasis TOKYO」を建設しているワン。
    商店街・美術館・ライブハウスなど、さまざまなアーティストと交流できる場が生まれるワン!

    今後はどこまで上がる?SANDの将来価格を予想

    仮想通貨SANDの将来価格

      …2027年までに18.98ドル(約2,470円)に到達 …2027年までに20ドル(約2,600円)に到達 …2027年までに33.43ドル(約4,350円)に到達

    \SAND取り扱い記念キャンペーン開催/

    SANDを合計5万円以上購入で、抽選で10名様に10万円が当たります。
    さらに今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!

    仮想通貨SANDはどこで買う?【購入できる取引所】

    仮想通貨SANDはどこで買える

    コインチェック

    手数料入金手数料:無料
    出金手数料:407円
    送金手数料:21.0 SAND
    取引手数料:無料
    取扱銘柄数 18銘柄
    提供サービス 販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
    公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
    ※2022年5月中旬時点

    手軽にスマホアプリの画面がシンプルで分かりやすく、 迷わず購入画面までたどり着けます

    コインチェックSAND上場キャンペーン

    キャンペーン詳細

    • 期間
      →2022年5月24日 取扱い開始時 〜 2022年6月7日 23:59
    • 参加条件・商品
      →キャンペーン期間中にCoincheckで「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント
    • 賞品付与方法
      →キャンペーン期間終了から1ヶ月以内に取引アカウントへ付与

    \SAND取り扱い記念キャンペーン開催/

    SANDを合計5万円以上購入で、抽選で10名様に10万円が当たります。
    さらに今なら口座開設&入金で、全員に2,仮想通貨とは 500円相当のビットコインをプレゼント!

    仮想通貨SANDの買い方・購入方法

    仮想通貨SANDの購入方法

    1. Coincheckで無料口座開設する
    2. 開設された取引口座に日本円を入金する
    3. SANDを購入する

    Coincheckで無料口座開設する

    Coincheck

    まずはCoincheckの公式サイトにアクセスし、無料登録をします。

    • メールアドレス・パスワードの登録
    • 二段階認証の設定
    • 基本情報の入力
    • 重要事項の確認
    • 本人確認書類と自分の顔を撮影

    「スマホで本人確認」を利用すれば、 最短5分で登録作業が終わります 。本人確認書類として、免許証かマイナンバーカードが必要です。

    \最短5分で完了/

    開設された取引口座に日本円を入金する

    Coincheck_start2

    開設された取引口座に日本円を入金すれば、取引の準備完了です。

    入金方法は銀行振込・コンビニ入金・クイック入金から選べます。コストを抑えたい方は、 入金手数料無料の銀行振 込を選びましょう。

    SANDを購入する

    SANDを購入する

    • 「販売所」をタップし、SANDを選択
    • 「購入」をタップし、購入したい金額を入力
    • 入力内容を確認して「購入」をタップ

    【まとめ】仮想通貨SANDとは

    仮想通貨SANDのまとめ

    Coincheckは ユーザー数が非常に多い、国内大手の取引所 です。

    \SAND取り扱い記念キャンペーン開催/

    SANDを合計5万円以上購入で、抽選で10名様に10万円が当たります。
    さらに今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!

    注目の仮想通貨銘柄もチェック

    ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

    IG証券 キャンペーン アイキャッチ

    IG証券の最新キャンペーン情報をご紹介!オトクに投資を始めよう!

    ヤマイチ・ユニハイムエステート

    ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(2984)【IPO上場企業紹介・初値予想】
    仮想通貨とは 仮想通貨とは

    アクセスランキング

    限定キャンペーン

    New Posts

    おすすめネット証券

    投資初心者

    Podcast更新情報

    法人クレカのおすすめは?

    ETCカードおすすめランキング

    カテゴリー

    アーカイブ

    いろはにロゴ

    当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
    (株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
    運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
    また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
    当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
    Please Follow us!

    暗号資産(仮想通貨)とは?

    ■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。 仮想通貨とは 仮想通貨とは
    ■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
    ■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
    ■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
    ■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
    ■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
    ■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
    ■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
    ■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

    仮想通貨(ビットコイン)の正しい6つの稼ぎ方|初心者でも儲かる取引方法とは?

    ゴリわかくん

    ゴリ美ちゃん

    そこで今回の記事では、 初心者の人でもかんたんにできる稼ぎ方を紹介していきます!

    この記事を読めば、 初心者でも仮想通貨でガッツリ稼げるようになりますよ!

    • 仮想通貨の稼ぎ方は「現物取引」「レバレッジ取引」「ポイントサイト」「積み立て投資」「貸仮想通貨サービス」「PoS通貨の保有」の6つ。
    • 初心者におすすめな稼ぎ方は、やはり安心して硬く仮想通貨で稼げる現物取引。
    • 現物取引を行うには「bitFlyer」「CoinCheck」「DMM 仮想通貨とは Bitcoin」などの取引所に登録する必要がある。
    • 中でも最もオススメなのは、『Coincheck』※
    • Coincheckなら、 多くの仮想通貨を取引でき、販売所手数料が無料。仮想通貨 で稼ぐならおすすめ!

    ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

    おすすめ仮想通貨口座の比較一覧表

    仮想通貨とは
    仮想通貨取引所名 特徴 公式サイト
    bitFlyer
    ・2014年からサービスを展開しており、取引所の中では長い歴史を誇る。
    ・ 合計で14種類ものビットコイン・アルトコインを取り扱っている。
    bitFlyer公式
    DMM Bitcoin
    DMM ビットコイン
    ・動画事業などを展開している「DMMグループ」を親会社に持っていて安心。
    ・ 取引手数料に加え、入金・出金・送金手数料も全て無料 ※BitMatch取引手数料を除く
    DMM Bitcoin公式
    coincheck
    Coincheck
    取引手数料が無料! 500円から仮想通貨を買うことができる
    東証一部上場企業「マネックスグループ」を親会社に持っているので、信頼性抜群。
    coincheck公式
    GMOコイン
    GMOコイン
    ・ 「GMOクリック証券」の長い運用経験で培った万全な管理体制
    ・「取引・出入金・送金手数料」が全て無料
    GMOコイン公式
    LINE BITMAX
    LINE BITMAX
    ・ SNSアプリLINEから手軽に取引を行うことができる
    ・LINE Payと連携することでより便利に
    LINE BITMAX公式
    bitbank
    ビットバンク
    ・業界最小水準の価格で暗号資産が購入可能
    ・ 国内取引量No.1
    bitbank公式
    BITPOINT
    BITPOINT
    ・ 国内で唯一JMY(ジャスミー)が上場している
    ・手数料が無料で提供されている
    BITPOINT公式
    SBI vc Trade
    SBI VCトレード
    ・初心者でも簡単にスマホで取引ができる
    ・ 仮想通貨レンディングサービスを利用できる
    SBI vc Trade公式
    マネックス証券 仮想通貨とは
    マネックス証券
    ・ 下落相場でもトレードを行うことができる
    ・暗号資産CFDでお得に取引
    マネックス証券公式
    Liquid
    リキッドバイコイン
    ・ コールドウォレットで資産を100%安全に管理
    ・円建て以外にも海外通貨で取引が可能
    Liquid公式

    【6パターン】仮想通貨(ビットコイン)での稼ぎ方をご紹介!

    ゴリわかくん

    ゴリ美ちゃん

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる