トレーダーが解説

インデックス投資

インデックス投資

つみたてNISA「実は買うべきじゃない」インデックス投資信託3選

4月以降、食料品や電気の値上げが相次いでいます。物価の値上げが続くと、預貯金だけでなく、運用を考える方もいるのではないでしょうか。 つみたてNISAの運用実績(出典・金融庁) ネットなどで調べると、「初心者におすすめ!」とあるのがつみたてNISA。 たしかにつみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがあります。つみたてNISAはあくまでも投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 インデックス投資 さらに金融商品によってパフォーマンスが異なることにも注意が必要です。 また、つみたてNISAはほとんどがインデックス投信を購入することになります。 今回はこれからつみたてNISAをはじめる方に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAの商品は多岐にわたる

つみたてNISAは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選ますが、金融庁によると、つみたてNISAの商品は全部で210本もあります。内訳は以下のとおり。 ・指定インデックス投資信託:181本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):22本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年3月24日時点) 「インデックス投資信託」が一番多く、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 一方アクティブ運用投信とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、手数料も高く設定されることが多いです。 以上のことから、初心者の方におすすめなのはインデックス投信だといえます。 ただ、次にご紹介する3点のようなインデックス投信の購入はよく考えるべきでしょう。

1. 勧められただけで自分では内容がよくわからないファンド

今はネットやSNSを見ればつみたてNISAに関する情報が数多く載っています。具体的にどのインデックス投信がおすすめか、銘柄まで紹介されていることも。 しかし「このサイトやこの人が勧めているから多分大丈夫」と鵜呑みにするのはNGです。自分でろくに調べもせず始めるのは避けましょう。 金融商品の数が多いので、こうした口コミ等を参考にするのは構いません。ただ実際にどのような先に投資しているのか、信託報酬はいくらかなど、内容については自身で必ず確認することが大切です。 つみたてNISAは長期間運用することで、利息に利息がつく複利の効果を期待するものです。 お金が必要になれば売却して引き出すこともできますが、基本的には10年以上という長期運用を続けることが望ましいです。 つまり、10年先、もしくはそれ以上運用し続けても自分で大丈夫だと思えるものを選ぶ必要があります。 あくまでも投資は自己責任です。利益を得るのも、損をするのも責任はすべて自分にあります。ネットやSNSの記事を書いている人も当然責任は取ってくれません。 受け身の姿勢ではなく、自分で調べて納得のいく商品を選びましょう。

インデックス投資

「コストからではなく、リターンの夢から考える」という、当たり前の原点に立ち返るべきだと日興アセットは考えているのです。

「インデックスへの投資は、過去の成功をミラーリングしているだけ。いわばバックミラーを見た投資と一緒だ」

したがってキャシーに言わせれば、インデックス投資とは「すでにうまく行った過去の成功」に追随した「後ろを見た」投資なのです。彼らはそれには一切の興味がなく、ただ「未来の世界に何が起こるのか」という「next big thing」だけを見ているのだというわけです。

日興アセットマネジメント株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第368号 加入協会:一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

Copyright© Nikko Asset Management Co., Ltd. All Rights Reserved.

YOUR GOALS, OUR COMMITMENT すべてはお客様のために

当ページに掲載された資料について
  • メディア掲載記事及び寄稿文は、第三者であるメディアにより発信された情報の提供を目的として、日興アセットマネジメントが掲載した資料であり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、当ページに掲載する資料内容は、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。
  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
  • メディア掲載記事及び寄稿文は各メディアの承諾を得て記事を転載したものであり、記事の内容について、弊社が正確性・完全性について保証するものではありません。
  • 当ページ掲載の資料内に記載されている個別銘柄につき、いかなる有価証券の売買の勧誘、特定銘柄の推奨を意図するものではありません。
  • 当ページに掲載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、将来の傾向、数値等を示唆するものではありません。
  • メディア掲載記事及び寄稿文は、発行者の許可を得て掲載しています。コピー等はご遠慮ください。
ご留意事項
  • 当資料は、日興アセットマネジメントが情報提供を目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解および図表等は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
ご留意事項
  • 当資料は、日興アセットマネジメントが情報提供を目的として作成したものであり、特定ファンドの勧誘資料ではありません。また、弊社ファンドの運用に何等影響を与えるものではありません。なお、掲載されている見解および図表等は当資料作成時点のものであり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。
  • 投資信託は、値動きのある資産(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。したがって、元金を割り込むことがあります。投資信託の申込み・保有・換金時には、費用をご負担いただく場合があります。詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
  • 指数に関する著作権・知的財産権その他一切の権利は、当該指数の算出元または公表元に帰属します。
日興アセットマネジメント株式会社 Nikko Asset Management Co., Ltd.

〒107-6242 東京都港区赤坂九丁目7番地1号 インデックス投資 ミッドタウン・タワー
Tel: 03-6447-6000(代表) Fax: 03-6447-6001(代表)
Midtown Tower, 9-7-1 Akasaka, Minato-ku Tokyo 107-6242,Japan
Tel:+81(0)3-6447-6000 Fax:+81(0)3-6447-6001

ブラックロック・インデックス投資戦略ファンド (愛称:iパズル)


『パフォーマンスの推移』『運用実績』『分配金の履歴』に記載のデータは過去の運用実績を示すものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
『運用実績』の トータルリターンは、税引前分配金を再投資したものとして算出した累積投資基準価額により計算しています。
『分配金の履歴』の表に記載の情報は、税引前分配金実績です。過去の分配金実績は、将来の分配金の水準を示唆あるいは保証するものではありません。

サステナビリティ特性

サステナビリティ特性

当指標は、ESG要因のファンドへの組み入れの有無、また組み入れの方法を示すものではありません。当指標は、ファンドの目論見書に投資目的に関わる記載が別途ある場合を除き、ファンドの投資目的を変更、またはファンドの投資対象を制限するものではありません。また、ファンドがESGやインパクトに焦点を当てた投資戦略やスクリーニングを行うことを示唆するものではありません。ファンドの投資戦略の詳細については、ファンドの目論見書を参照してください。

サステナビリティ特性に関するMSCIのメソドロジーは当ページ下部のリンクからご確認いただけます。

すべてのデータは、2021年8月31日 の保有状況に基づき、2022年4月7日 のMSCI ESGファンドレーティングから取得したものです。したがって、ファンドのサステナビリティ特性は、直近のMSCI ESGファンドレーティングとは異なる場合があります。

MSCI ESGファンドレーティングは、ファンドの65%以上(グロス・ウェイト)の保有銘柄がMSCI ESGリサーチの対象となっているファンドに付与されます(MSCIによるESG分析に関係しないと見なされる現金ポジションややその他の資産は、リサーチ対象銘柄のグロス・ウェイトを算出する際に控除されます。ショートポジションの絶対値は算出に含まれますが、リサーチの対象外として扱われます。)また、銘柄の保有状況は1年以内の基準日のものとし、ファンドには10銘柄以上が必要です。新規に立ち上げたファンドの場合、サステナビリティ特性は通常立ち上げから6か月後に開示されます。

ビジネス関与

ビジネス関与

ビジネス関与に関するMSCIのメソドロジーは当ページの下部にあるリンクからご確認いただけます。

上記の一般炭およびオイルサンドに関するビジネス関与エクスポージャーは、MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンドの売上構成比率が5%以上の企業を対象として算出し開示します。MSCI インデックス投資 ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンド事業から売上のある企業へのエクスポージャー(売上構成比率が0%以上の場合)は以下のとおりです。一般炭 0.39% およびオイルサンド インデックス投資 1.インデックス投資 51%

ビジネス関与指標は、MSCIが調査を実施し、対象となるビジネス活動に関与していると判断する企業のみを特定します。そのため、MSCIの調査対象外に追加のビジネス関与が存在する可能性があります。この情報は、ビジネス関与のない企業の一覧を作成する目的で提供されるものではありません。また、ビジネス関与指標は、MSCI ESGリサーチの対象となる保有銘柄がファンドの1%以上(グロス・ウェイト)を占める場合のみ表示されます。

取扱い金融商品取引業者

販売会社一覧

販売会社一覧

販売会社一覧

ここに記載する情報(以下「本情報」)は、1940年投資顧問法に基づくRIAであるMSCI ESG Research LLCが提供するものであり、その関連会社(MSCI Inc.とその子会社(以下「MSCI」)を含む)、または第三者(以下「情報提供者」)から入手したデータを含むことがあり、その全部または一部を書面による事前の許可なしに複製または再配布することは禁止されています。本情報は、米国証券取引委員会(SEC)またはその他の規制当局に提出されたもの、もしくは承認を受けたものではありません。本情報は、派生商品の作成またはそれに類する目的で使用することはできません。また本情報は、いかなる有価証券、金融商品および商品、または取引戦略の売買提供、勧誘または推奨を行うものではなく、将来的な業績、分析、予測または予想を示唆または保証するものではありません。ファンドによってはMSCI指数をベースとするもの、もしくはMSCI指数に連動するものがあり、MSCIはファンドの運用資産残高やその他の指標に基づいて報酬を得ることがあります。MSCIは、株価指数調査と本情報の間に情報共有の制限を設けています。本情報を使用して、売買する有価証券または有価証券を売買するタイミングを判断することはできません。本情報は「現状のまま」提供されており、本情報の利用者は本情報の利用に際して発生するもしくは発生しうるあらゆるリスクを負うものとします。MSCI ESGリサーチおよび情報提供を行う当事者は、明示的か黙示的であるかを問わず、あらゆる保証を明示的に否認します。また、本情報の誤りや脱落またはそれらに関連する損害について責任を負いません。上記は、適用法で除外または制限できない責任を除外しようとするものはありません。

  • ビッグデータを駆使した投信
  • ターゲット・イヤー・ファンドで老後資金の準備をシンプルに
  • 新興国の成長を味方にする債券
  • おまかせバランス投信
  • ブラックロックのインサイト
  • ブラックロック・インベストメント・インスティチュート(BII)
  • ESG投資で変化する社会に備える
  • ターゲット・イヤー・ファンドで老後資金の準備をシンプルに
  • 資産とウェルビーイングに関するグローバル調査
  • 人生100年時代に考えたいお金のこと

ブラックロック・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第375号
加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

ETFの基本

ETFは分散投資を可能にするツールの1つです。 インデックス投資
ETFは指数に連動を目指す運用をするため、基本的にその指数の銘柄を指数と同じ割合で保有しています。
例えば日経平均株価が225の企業の株式を組み入れているのと同じように、日経平均株価に連動をめざすETFも日経平均株価に組み入れられている企業の株式を指数と同じ割合で保有します。
つまり、日経平均株価に連動を目指すETFを買うことは、225銘柄に分散投資をするのと同じ効果が期待できます。

また、日経平均株価の構成銘柄をすべて買うためには、数億円から数十億円のまとまった資金が必要になります。
しかし、ETFの場合では、数万円からの資金で投資することができます。
ETFを活用することで少ない予算で簡単に分散投資ができるのです。

分散投資は値動きの異なる複数の資産を組み合わせることが効果的と言われています。
そのため、たくさんの株式に投資して分散させるだけではなく、地域や資産の種類を分散させることでよりリスクを低減させる効果が期待できます。
ETFは様々な資産、地域への投資が可能で、ETF1本で分散投資ができます。
特に海外資産への直接投資は、規制や言語などの問題があり情報が得にくいなどの理由から、個人のお客さまには難しいものですが、ETFであれば海外の株価指数や債券指数、REIT指数等に連動を目指すものもあるため、簡単に資産と地域の分散投資をすることもできます。

簡単な分散投資ツール

株式のように売買できる

購入できる場所についても通常の投資信託とETFでは違いがあります。
通常の投資信託を購入する場合、購入したい投資信託を扱っている銀行や証券会社などの窓口で購入する必要があります。銀行や証券会社によって扱っている投資信託のラインアップは異なります。
一方、ETFは証券会社で購入することになります。国内で上場するETFについては、基本的にどの証券会社でも購入することができます。証券会社によっては外国で上場しているETFも取り扱っています。

株式のように売買できる

売買手数料は株式取引を行う場合にかかる手数料と同様、取引を行う証券会社へ支払います。
昨今この手数料は下がってきており、手軽に投資ができるようになりました。
詳しくはお取引される証券会社へお問い合わせください。

ETFは相対的に低コスト

ETFに類似した金融商品として「ETN」(イーティーエヌ)があります。
これは、「Exchange Traded Note」の略で、「上場投資証券」または「指標連動証券」と呼ばれています。

インデックス投資

インデックス投資

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる