Web取引ガイド

ブロックチェーンが社会を変える

ブロックチェーンが社会を変える
海外では最近ブロックチェーンという言い方よりも、むしろDLTという言い方が一般的になってきています。DLTとはDistributed Ledger ブロックチェーンが社会を変える Technologyの略で、分散型台帳技術を指します。

従来のシステムは中央型帳簿で、中央にあるコンピューターがデータベースを持ち、取引データを全部この中央の帳簿で一括管理するというのが一般的でした。一方、ブロックチェーンでは分散型の帳簿で取引を管理しており、全員が同じ内容の帳簿を持っています。どこかで取引が行われると、その取引が全員に通知され、全員が同時に帳簿を書き換えていくというイメージです。ネットワーク全体でデータを共有しており、どこにも中央がありません。

ブロックチェーンはいかにお金と経済を変えるか

Want to hear more great ideas like this one? Sign up for TED Membership to get exclusive access to captivating conversations, engaging events, and more!

Check out "Blockchain Revolution for the Enterprise Specialization," a course on blockchain and business, and learn the fundamentals of the technology.

Talk details

Check out "Blockchain Revolution for the Enterprise Specialization," a course on blockchain and business, and learn the fundamentals ブロックチェーンが社会を変える of the technology.

About the speaker

Don Tapscott, Executive Chairman of the Blockchain Research Institute, is one of the world’s leading authorities on the impact of technology in business and society. He has authored 16 books, including "Wikinomics: How Mass Collaboration Changes Everything," which has been translated into over 25 languages

ドン・タプスコット's resource list

Blockchain Revolution: How the Technology Behind Bitcoin and Other Cryptocurrencies Is Changing the world

The updated paperback edition of Blockchain Revolution includes a new preface and afterword with a combined 25,000 words of additional content. The additions cover recent blockchain developments in the realm of cryptoassets, smart contracts, ICOs and beyond. Published June 16, 2018

仮想通貨とブロックチェーンの未来像 <第2回> 世界の仕組みを大きく変えうるブロックチェーンとは

ブロックチェーンというのは、ブロックと呼ばれるデータの単位を、チェーンのように時系列でだんだんつなげていくという技術で、帳簿のようなブロックのデータが時間とともに確定していく、という仕組みです。ブロックチェーンに対しては今非常に期待が高まってきており、インターネット以来の最大の発明だとも言われています。

従来はビットコインという仕組みを作るためにブロックチェーンという技術が使われていましたが、今やこのブロックチェーンは独立した技術として存在しています。そして、課題になっているのはブロックチェーンを何に応用するのかということです。金融分野以外にも土地の登記や資産管理、医療情報など様々なことに使われるようになっており、仮想通貨に使う場合は「ブロックチェーン1.0」、金融分野の場合が「2.0」、非金融分野に使う場合は「3.0」と言われています。

ブロックチェーンの特徴

海外では最近ブロックチェーンという言い方よりも、むしろDLTという言い方が一般的になってきています。DLTとはDistributed Ledger Technologyの略で、分散型台帳技術を指します。

従来のシステムは中央型帳簿で、中央にあるコンピューターがデータベースを持ち、取引データを全部この中央の帳簿で一括管理するというのが一般的でした。一方、ブロックチェーンでは分散型の帳簿で取引を管理しており、全員が同じ内容の帳簿を持っています。どこかで取引が行われると、その取引が全員に通知され、全員が同時に帳簿を書き換えていくというイメージです。ネットワーク全体でデータを共有しており、どこにも中央がありません。

ブロックチェーンとは

なお、現在ブロックチェーンの技術革新を促すため、業界・国境をまたいで各種プロジェクトが展開されています。日本銀行とECB(欧州中央銀行)がブロックチェーン技術の実証実験を行うなど国家レベルの共同研究のほか、各国の大手金融機関を中心に発足された「R3コンソーシアム」や、金融機関・テクノロジー企業が多数参加している「ハイパー・レッジャー・プロジェクト(Hyper ブロックチェーンが社会を変える Ledger Project)」など、民間での協力も進められています。多くの日本企業も既にブロックチェーンへの取り組みを始めていると言われ、今後さらに拡大する見通しです。

ブロックチェーンに関するよくある質問

Q 暗号資産(仮想通貨)で使用されているブロックチェーンとは何ですか? A ブロックチェーンとは、取引を記録する分散型台帳を実現するための技術です。多くの暗号資産(仮想通貨)の技術基盤となっています。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q ブロックチェーンを使用することでどのようなメリットがありますか? ブロックチェーンが社会を変える A ブロックチェーンを使用することで、
・二重払いなどの不正記録の排除が容易となる
・取引データの改ざんが極めて困難となる
などのメリットがあります。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q 暗号資産(仮想通貨)で使用されているブロックチェーンにはどのような種類がありますか? A ブロックチェーンは大きく、
・パブリック型
・プライベート型
・コンソーシアム型
の3種類に分けられます。
詳しくはこちらをご参照ください。

Q 暗号資産(仮想通貨)で使用されているブロックチェーンにはどのような課題がありますか? A ブロックチェーンが抱える課題として、
・処理速度の問題
・ブロックサイズの拡大に伴う懸念
などがあります。
詳しくはこちらをご参照ください。

ブロックチェーンが社会を変える

ブロックチェーンが社会を変える

Software Design (ソフトウェアデザイン)

目次: ■第1特集 CLI最強! シェルの基本大全 どんな環境でも迷わない・困らない知識
・第1章:シェルとターミナルの基本の使い方 「黒い画面」でコマンドが実行できるように準備しよう! . 鶴長 鎮一
・第2章:インタラクティブシェルで役立つbash機能 実例で学びチートシートで整理 . 宮﨑 悟
・第3章:シェルスクリプトの使い方 基本の文法と安全対策を一気に習得 . 近松 直弘
・第4章:シェルを理解してカッコよく使おう どんな環境でもシェルを使いこなすために . くつなりょうすけ
・第5章:macOSにおけるシェル&コマンド事情 Linuxと横断的に使うためのノウハウ . 中島 雅弘
・Appendix :dotfilesのススメ どこでもサクッと自分好みの設定を適用しよう! . 中山 慶祐

■第2特集 あなたの要件に合うのはどっち? 後悔しないAWSデータベースの選び方 RDSとDynamoDB、使い分けのポイントを徹底解説
・第1章:RDBMSとNoSQLの違い しくみ・特徴・得手不得手 . 廣山 豊、吉村 守
・第2章:Amazon RDS導入ガイド 堅牢性と性能を両立した定番のRDBMSサービス . 杉江 伸祐、杉山 ジョージ
・第3章:DynamoDBの強みとその活かし方 大規模な書き込み/読み込みが得意なキーバリュー型NoSQL . 中村 昌登

■第3特集 不思議の国のSE用語 一人前のエンジニアになる方法 . 中山 貴尋

■一般記事
・[短期連載]新生「Ansible」徹底解説【新連載】Ansibleとは . 中島 倫明
・[短期連載]HashiCorp Vaultではじめるシークレット管理【最終回】KubernetesからVaultを利用しよう . 草間 一人

■連載:Column
・平林万能IT技術研究所 2ndシーズン【新連載】緊張や不安、心臓ドキドキをカメラで透視! . 平林 純
・結城浩の再発見の発想法【109】エコシステム . 結城 浩
・ハピネスチームビルディング【3】ファシリテーターをみんなに任せて楽しい振り返りに . 小島 優介
・分解教室【13】Mac Studioの分解・解析 . 清水 ブロックチェーンが社会を変ブロックチェーンが社会を変える える 洋治
・ひみつのLinux通信【100】SDGsの真実 . くつなりょうすけ
・こんなときどうする? エンジニアも知っておきたい法律知識【10】アプリ開発・運営事業者なら押さえておきたい「透明化法」 . 弁護士 杉浦 健二
・あなたのスキルは社会に役立つ~エンジニアだからできる社会貢献~【126】スキルを活かしパラレルキャリアへ──フクギョウ公務員によるシビックテック . 晝田 浩一郎、髙﨑 百合絵、栗林 正司、小川 綾、納 翔一郎

■連載:Development
・衛星データプラットフォームTellusハンズオン【4】石油タンクの物体検出① データ前処理とモデルの学習 . Tellusオウンドメディア「宙畑」編集部、田上 健太執(筆協力)
・今日から始めるサイバー脅威インテリジェンス【4】ファイルの情報を活用したインテリジェンスと自動化 . 皆川 諒
・UNIXテキスト処理の極意【11】iCalendar形式のデータを扱う . 中島 雅弘

■連載:OS/Network
・明後日のコンピューティングを知ろう【16】CO_2削減のホント . 松本 直人
・サーバエンジニア・運用エンジニアのプロテクニック【新連載】Shadowserverの勧め . Katsutoshi Nakatomi
・スッキリわかるKubernetesネットワークのしくみ【2】Podネットワーク . 大隈 峻太郎
・自作OS入門以前【2】CPUが最初に実行するプログラム――BIOSの実行からOSが起動するまで . 滝澤 照太
・systemd詳解【13】systemd-logind、pam_systemd ……森若 和雄

■アラカルト
・ITエンジニア必須の最新用語解説【162】OpenSSFスコアカード . 杉山 貴章
・読者プレゼントのお知らせ
・SD BOOK REVIEW
・SD NEWS & PRODUCTS
・Readers’ Voice
・次号のお知らせ
・年間定期購読と電子版販売のご案内

ブロックチェーンが変えるものはこれだ!

I(経済産業省:ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査)

・「データを書き換えることができない(改ざんできない)」
・「非中央集権(分散化)の仕組みである」
・「合意されたデータのみ認識される(デジタル・コンセンサス)」
・「停止することのないシステムである」

なぜ注目する必要があるのか?

  • 記録の喪失や偽造がなくなる
  • 仲介(企業・個人)が必要なくなる
  • 取引の真正性や信頼性が向上する
  • 取引のコストが低減される
  • 情報の透明性が担保される
  • 高度な信用経済が生まれる(既得権益がなくなる)
  • 契約執行の自動化が可能となる(スマートコントラクト)

ブロックチェーンを語る上で、とても重要な点があります。それは自律的非中央集権型組織(Decentralized Autonomouse Organization:通称DAO)の概念を踏襲していることです。

(経済産業省:ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査)

応用事例は多方面にわたる

  • 経済産業省の試算によると、国内のブロックチェーン活用の市場規模は67兆円に達すると予測されています。市場規模から考えて、主に想定される分野としては下記があげられます。
  • 金融業(フィンテック、送金、証券取引、保険証跡など)
  • 流通業(サプライチェーン)
  • 医療分野(ヘルスケア)
  • 不動産分野(登記、売買取引など)
  • 広告分野(ブランド、出版、代理店など)
  • 商品管理(原材料、製造地、製造過程など)
  • 食品管理(生産地、流通経路など)
  • 運送管理(発送地、配送経路など)
  • IoT(マイクロトランザクション、マイクロペイメントなど)
  • シェアリングエコノミー
  • 著作権管理、知的財産管理(所有者や所有権、閲覧権など)
  • 文書管理、証明管理(公文書、領収書、各種履歴事項、各種IDなど)
  • 行政(各種届出、登記、課税、公共事業、電子投票など)

(経済産業省:ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる