FXデイトレードとは

株式投資などでよく聞くボリンジャーバンドってなに

株式投資などでよく聞くボリンジャーバンドってなに
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

FXのインジケーターとは?選び方や使い方、機能豊富なFX口座紹介!

FXのインジケーターとは?選び方や使い方、機能豊富なFX口座紹介!

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

トレンドフォローを継続するには何が必要か?

トレンドフォローを継続するには何が必要か?

トレンドフォロー(順張り)というのは相場の王道で、理にかなった最強の取引手法なのであるが、知性が邪魔をするのでほとんどの人が継続できないのである。読者も「筆者のように頭の悪いタイプでない限り、アホになって相場に付いていくことは困難だ」と思われるであろう。しかし、頭の悪い筆者もトレンドフォローという売買手法ではさんざん頭を悩ませてきたのである。この問題を解決したのは「1σの外だけでトレードする」というルールである。

ボリンジャーバンド1σ抜けでトレードを行う前は、ボリンジャーバンド1σの代わりに移動平均線を使っていたことがあった。しかし、相場の<平均=真ん中>でポジションをとる移動平均線を使った売買手法はダマシが多く、取引1回当たりの損失も大きくなる。1σ抜けでポジションを取り、1σの内側に相場が入ったら手仕舞うという手法は、あらかじめ損に対する臆病さが取引に組み込まれているのだ。この手法でやっている限り、筆者は「買われすぎ」「売られすぎ」という恐怖を感じることはない。相場が1σ(べつに0.8σでも0.7σでも構わないが……)の中に入れば相場を止めればいいだけだ。移動平均線ではなく、移動平均線からのレンジ抜け(これを相場の世界では「ボラティリティ・ブレイクアウト」と呼んでいる)というという手法に切り替えたことで、損に対する恐怖は相当軽減された。

この楽天証券の連載で「標準偏差ボラティリティ」や「ADX」を使ったトレンドフォローの売買手法を公開して以来、多くのコピーキャット(物まね猫)商売が出現していると聞く。楽天証券の読者に注意したいのは、「重要なことは1σのラインで仕切る」ということである。筆者の経験から言うと、少ないリスクで大きなトレンドを狙える「1σのライン」がなければトレンドフォローを続けていくのは難しいと思われる。

9月は米国株が上昇し、月間ベースではSP500とナスダックが2009年4月以来の好パフォーマンスとなった。9月の米株価上昇の背景はPOMOと呼ばれる公開市場操作(Permanent Open Market Operations)にある。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる