FX基本用語

オプションのリスクについて

オプションのリスクについて

オプションのリスクについて

金利オプション取引の活用によるリスク管理

前回まで金利スワップ取引と金利市場リスクの管理手法についてお話しいたしましたが、今回は 金利オプション取引の活用によるリスク管理 についてお話ししたいと思います。金融市場においてオプション取引が浸透し取引量も増加していますが、その中で今回は金利オプションについて、代表的な取引と利用方法をご紹介いたします。

オプション取引とは、 「選択権」の売買 のことです。オプションという用語は乗用車のオプションパーツや旅行のオプショナルツアー等で用いられ、付加的な商品を購入するかどうかは自由に選択できるということを意味しますが、金融取引におけるオプションとは、 ある原資産を、あらかじめ決められた時点(あるいは一定期間内)に、あらかじめ決められた価格で、売買するかどうかを選択できる権利 のことです。例えば原油先物を1ヶ月後に60米ドル/バレルで購入する権利の売買はオプション取引です。権利の買い手は、1ヶ月後に原油先物価格が60米ドルを上回っている場合、市場で原油先物を購入するより、オプションの権利を行使して60米ドルで購入した方が有利です。一方で1ヶ月後に原油先物価格が60米ドルを下回っている場合、オプションの権利を行使せず、市場で原油先物を購入する方が有利です。なお原資産を購入する権利のことをコールオプション、原資産を売却する権利のことをプットオプションと呼びます。

権利の買い手は有利な場合のみ権利を行使すれば良いので、基本的にオプション取引で得することはあっても損することは無いと言えますが、その対価として オプションプレミアム 、つまりオプションの購入料を通常事前に支払います。これは保険に加入する場合に保険料を支払うことと似ています。

金利オプションの代表的な取引には金利キャップ(あるいはフロアー)取引と金利スワップション取引があります。 金利オプションは目的に応じて、金利の変動リスクを抑えることに活用することが可能 です。

金利キャップ とは、指標金利があらかじめ定められた権利行使金利の水準(ストライクと呼ばれる)を上回った場合に、指標金利とストライクの差額を受け取れる取引で、一定期間、変動金利に上限を設けられる取引です。金利キャップの活用例として、変動金利建借り入れ(短期借り入れをロールしている場合も同様)の 金利上昇リスクを抑える オプションのリスクについて ことが可能です。例えば3ヶ月LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)を指標にした支払い金利の場合、ローン期間の一部又は全部にわたって指標金利3ヶ月LIBOR、1%の金利キャップを購入すると、 実質的に指標金利の上限を1%に固定できます 。指標金利が1%を超過した場合に指標金利と1%の差額を金利キャップ取引から受け取れるためです。例えば指標金利が1.5%の場合、キャップ取引から0.5%を受け取るため、差し引き支払う指標金利は実質的に1%になるという具合です。ただしオプションプレミアムの支払いを考慮すると支払い総額はその分増加することになります。

金利フロアー とは、キャップとは逆に、指標金利がストライクを下回った場合に、ストライクと指標金利の差額を受け取れる取引で、一定期間、変動金利に下限を設けられる取引です。金利フロアーの活用例として、変動金利預金や債券(短期預金をロールしている場合も同様)の 金利低下リスクを抑える ことが可能です。例えば3ヶ月LIBORを指標にした受け取り金利の場合、運用期間の一部又は全部にわたって指標金利3ヶ月LIBOR、0.5%の金利フロアーを購入すると、実質的に指標金利の下限を0.5%に固定できます。指標金利が0.オプションのリスクについて 5%を下回った場合に0.5%と指標金利の差額を金利フロアー取引から受け取れるためです。ただしオプションプレミアムの支払いを考慮するとその分実質的な運用利回りは低下します。

なお金利キャップ・フロアー取引は契約期間にわたって通常複数回、指標金利に基づく受け払いが発生しますが、各回のオプションは独立しており、 短期金利オプションの集合体 とみなすことが可能です。

金利スワップション は、金利スワップのオプションの事で、将来の 長期金利の上昇あるいは低下リスクを抑えられる 取引です。最もシンプルで一般的なヨーロピアン(権利行使が将来の一時点のみ)タイプのスワップションの場合、その時点において、 あらかじめ定められた期間と固定金利(スワップレート)の金利スワップ取引を発生させる権利の売買 です。例えば将来のある時点で長期金利借り入れを予定している場合、借入期間に応じた固定金利払い変動金利受けの金利スワップションを購入することにより、金利上昇時に権利行使し金利スワップを発生させることにより、 実質的に長期金利に上限を設けることが可能 となり、金利上昇リスクをヘッジすることができます。なお固定金利払いスワップのオプションはペイヤー・スワップション、固定金利受けスワップのオプションはレシーバー・スワップションと呼ばれています。

さらに金利オプションのリスク管理に特有で重要なのは 金利のボラティリティリスク です。金利ボラティリティのリスク管理手法については別の機会に詳述したいと考えていますが、直感的な理解としてはボラティリティが高い、すなわち金利が不安定で変動が激しい局面ではオプション価格(プレミアム)が高騰し、逆にボラティリティが低い、すなわち金利が安定している局面ではオプション価格も低下します。金利オプション市場が存在し、業者間で金利オプションを売買することによりボラティリティリスクをコントロールすることが可能ですが、金利水準と構成取引によってポートフォリオのボラティリティの感応度がダイナミックに変化しますので、その管理は複雑なものとなります。

重要事項及びリスク開示

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

取扱商品・手数料
取引ツール
取引サポート
口座開設・サクソバンクについて

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

オプションのリスクについて

バイナリーオプションに潜むリスク

リターンがあるリスク(不確実)とは上手に付き合い、トラブルや詐欺にあうリスク(危険)には近寄らないようにしましょう。

自分が取れるリスクの範囲で投資しよう

なぜなら、年齢や資産、投資経験、性格によって受け入れられるリスクは変わるからです。

リスクと上手に付き合うために、 投資に慣れなうちは小さいリスクから徐々に試すようにしましょう。 オプションのリスクについて

バイナリーオプション取引のリスク

バイナリーオプション取引のリスクは限定的 です。

なぜなら、自分で最大の損失額を決められるからです。

取引に失敗するリスク

バイナリーオプション取引に失敗するリスク

投資する金額は自分で決めれるので、損失額をコントロールできます。

もちろん損失は出したくないですが、 自分でリスクの幅を決めれるのがバイナリーオプションの魅力 の1つです。

受取総額からみるリスク

バイナリーオプションは取引をする業者で利益に差がでるリスクがあります。

利益を多く残すためにも受取総額が平均的に高い業者選びが重要 です。

支払総額に対する
受取総額の割合
GMOクリック証券 外貨ex byGMO FXプライム byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム
2022年4月 96.79% 96.56% 96.オプションのリスクについて 5% 96.6% 92.19%
3月 97.24% 95.30% 98.2% 94.9% 90.45%
2月 95.41% 93.97% 97.0% 93.9% 87.79%
1月 94.09% 92.94% 95.0% 92.2% 86.80%
2021年12月 95.83% 93.82% 92.9% 99.6% 93.74%
11月 96.10% 100.11% 96.9% 92.0% 89.84%
10月 97.21% 96.19% 94.0% 87.0% 89.88%
9月 95.72% 97.00% 93.3% 93.0% 92.36%
8月 96.55% 96.47% 93.オプションのリスクについて 7% 92.2% 90.46%
7月 97.05% 92.35% 95.0% 91.6% 91.75%
6月 96.48% 96.19% 96.1% 94.4% 91.97%
5月 95.98% 95.68% 94.4% 85.3% 90.64%
平均 96.20% 95.55% 95.25% 92.73% 90.66%

バイナリーオプションに潜むリスク

バイナリーオプションに潜んだリスク

バイナリーオプションを 始める前に知っておくべきリスク(危険) があります。

リスクを知らぬままバイナリーオプションを始めて損しないように、3つの潜んでいるリスクを理解しましょう。

・詐欺にあう危険性
・海外業者とのトラブルにあう危険性
・ギャンブル化する危険性

詐欺にあう危険性

バイナリーオプション詐欺にあう危険性がある

SNSや友人からの紹介で「絶対勝てる」と言われて、必勝ツールが入ったUSBを高額で売り付けられる詐欺が発生しています。

「必ず」や「絶対」といった断定的な言葉での投資商品の販売は禁じられています、 絶対に近寄ってはいけません。

海外業者とのトラブルにあう危険性

海外のバイナリーオプション会社はリスク大

海外業者の中には、投資でせっかく増やした資金が出金できずに、そのまま連絡が取れなくなるケースも発生しています。

わざわざ不要なリスクを取る必要は無いので、 海外の業者は使わない ようにしましょう。

ギャンブル化する危険性

1回2時間以内で結果がわかる短期投資では、その時々の気分や勘で取引を繰り返しても勝ち続けるのは難しいからです。

特に、 一度取引に失敗すると、「次こそは・・・」「負けを取り返さなくては・・・」と、チャンスを待たずにギャンブルトレードにハマってしまいます。

バイナリーオプションのリスクへの対策

バイナリーオプションのリスクへの対策

なぜなら、リターンはリスクの裏返しだからです。

リターンのない危険には近づかず、 リターンのあるリスクをどれだけ取るか調整しましょう。

・資金管理をする
・取引ルールを作る
・冷静に取引する
・日本の業者を使う

資金管理をする

バイナリーオプションのリスク対策は資金管理をする

慣れない内は1度の取引での損失上限は2%まで にして、自分の許せるリスクの範囲かを確認しましょう。

取引ルールを作る

ルールを作って相場の状況を分析すれば、 自分が勝ちやすいチャンスだけを狙い撃ちして取引できる からです。

テクニカル分析を使って、過去の相場から今後のトレンドを予測しましょう。

冷静に取引する

バイナリーオプションは冷静に取引しないといけない

意外に思うかもしれませんが、リスクをコントロールするにはメンタルを整える必要があります。

「すぐに取り返したい」と気持ちが先走った取引は根拠が薄くなり、負けが負けを呼ぶ展開になりがちです。

日本の業者を使う

海外業者は取引に成功しても出金できないトラブルに巻き込まれるリスクがあるからです。

金融庁の認可を受けた日本の業者を使って、安心できる資産運用をしましょう。

バイナリーオプションに向いている人・向いていない人

投資にはリスクが必ず存在します。

大切なのはリスクをコントロールし、リターンを大きくすることです。

向いている人

  • リスクを知って、投資として向き合っている
  • コツコツと少額からでもリスクを取れる
  • 相場にトレンドがあるのを理解し、分析が必要なのを知っている

向いていない人

  • ギャンブル的に運だけに任せて決断する
  • 感情に左右されて勢いまかせでリスクを大きくとってしまう
  • 勉強する気が無く、雰囲気で取引しようと思っている

初心者の方に投資は難しく感じるかもしれませんが、誰だって最初は投資初心者です。

はじめから全部うまくやろうとせず、 失敗する原因を減らすのが勝率を上げるコツ ですよ。

バイナリーオプションおすすめ業者

96.52%の高還元率!「GMOクリック証券」

GMOクリック証券

1日の開催号数 通貨ペア数 オプションのリスクについて 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 96.52%

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・2021年の支払総額に対する受取総額は平均96.52%!
・38種類のテクニカル指標があり、バイナリーオプションの分析ツールが充実

受取総額(還元率)が 96.62% と他の業者より高く、一番勝ちやすいバイナリーオプション業者と言える。

最短取引時間60秒!レンジ取引もできる「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOのバイナリーオプション「オプトレ」

オプションのリスクについて
1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 95.37%

・レンジ取引の受取総額割合は 100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る
・HDI格付けベンチマーク三回連続最高評価の「三ツ星」を獲得

2021年6月に 117.67% 、11月に 106.25% など、100%越えを連発!

「ぱっと見テクニカル」で勝率UP!「FXプライム byGMO」

選べる外為オプション

1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 94.65%

・無料の 「ぱっと見テクニカル」 を使えば予想が簡単になる!
・仲値を狙った取引ができるのはFXプライム byGMOだけ
・バイナリーオプションの分析ツールが充実

「ぱっと見テクニカル」は最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして 「将来の値動き」を予測 してくれるわ。

バイナリーオプションとFX、どちらのリスクが大きい?

バイナリーオプションとFXのリスク

リスクを抑えたバイナリーオプションでの投資経験は、FXでハイリスクハイリターンを狙う投資にも活かせますよ。

バイナリーオプションのリスクまとめ

人は自分がわからないことに恐怖を感じる生き物です。

この記事で紹介したバイナリーオプションのリスクを知っておけば、 大きな失敗を避けて取引をはじめられるようになりますよ。

・危険なリスクには近づかない
・リターンを考えて自分が取れるかリスクかを判断する
・リターンを多くするには受け取り総額が多い会社を選ぶ
・金融庁の認可を受けた国内業者で取引する
・気分任せのギャンブル取引ではなく、冷静に投資として向き合う

手数料とリスクについて

信用取引のリスク 信用取引は取引の対象となっている株式等の株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引は差し入れた委託保証金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失額は差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。 信用取引の手数料について 信用取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
信用取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。

外国株式(米国株・中国株・ETF・REIT)のリスク 外国株式等は、株価(価格)の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じるおそれがあります。上場投資信託(ETF)は連動対象となっている指数や指標等の変動等や発行体となる金融機関の信用力悪化等、上場不動産投資信託証券(REIT)は運用不動産の価格や収益力の変動等により、損失が生じるおそれがあります。 外国株式取引の手数料について 外国株式取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
外国株式取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。 中国株の株価・企業情報などについて 株価情報の提供元や表示内容、表示方法のご説明、また配当情報の注意点などを記載しています。
詳しくは中国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。 米国株の株価・企業情報などについて 株価情報の提供元や表示内容などを記載しています。
詳しくは米国株の株価・企業情報などについてをご覧ください。

投資信託のリスク 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているものを組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 投資信託取引の手数料について 投資信託取引の手数料等は投資信託により異なりますので、詳細は目論見書でご確認いただくか個別商品ページをご確認ください。
投資信託取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。

国内債券/外国債券に係る債券のリスク 国内債券は、債券の価格が市場の金利水準の変化に対応して変動するため、償還前に換金すると損失が生じるおそれがあります。また、債券を発行する組織(発行体)が債務返済不能状態に陥った場合、元本や利子の支払いが滞ったり、不能となったりすることがあります。外国債券(外貨建て債券)は為替相場の変動等により損失(為替差損)が生じたり、債券を発行する組織(発行体)が所属する国や地域、取引がおこなわれる通貨を発行している国や地域の政治・経済・社会情勢に大きな影響を受けたりするおそれがあります。 国内債券取引・外国債券取引の手数料について 国内債券取引・外国債券取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
国内債券取引・外国債券取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。

株価指数先物・株価指数オプション取引に係るリスク 株価指数先物・オプションの価格は、対象とする株価指数の変動等により上下しますので、これにより損失が生じるおそれがあります。また、株価指数先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。株価指数オプション取引はオプションを行使できる期間には制限があります。また、株価指数オプションの市場価格は、現実の株価指数の変動等に連動するとは限りません。 価格の変動率は現実の株価指数の変動率に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失が発生するおそれがあります。 株価指数先物・株価指数オプション取引の手数料について 株価指数先物・オプション取引の手数料はお客様の取引形態により違いがあるため、投資にかかる手数料についてはこちらをご確認ください。
株価指数先物・オプション取引は、クーリング・オフの対象にはなりません。

保険のリスクと手数料について 商品により契約時・運用期間中・年金受取期間中等に費用をご負担いただくことがあります。また、契約日から一定期間内に解約した場合に解約控除が発生する場合があります。
商品によっては、市場金利の変動に応じた市場価格調整が適用され、また、外貨建商品の場合には為替リスクがあり、いずれも損失が生じるおそれがあります。
ご検討・お申し込みに際しては、「商品パンフレット」、「特に重要なお知らせ(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり-約款」などをあわせてご覧ください。 保険について 3つの基本形の「備え」が必要(死亡保険/生存保険/生死混合保険)
「死亡保険」
死亡や高度障害状態になったときに保険金が支払われる形。定期保険・終身保険がこれにあたります。
「生存保険」
契約してから満期まで生存していた場合に保険金が支払われる形。年金保険がこれにあたります。
「生死混合保険」
死亡や高度障害状態になったときは死亡保険金・高度障害保険金が、満期まで生存していたときは生存保険金が支払われる形。養老保険がこれにあたります。
そして、近年では3つの基本形に加えて、病気やケガで入院・手術したときに給付金が支払われる「医療保険」や、特定の病気にかかったり、要介護状態になったりしたときは、まとまった一時金が支払われる「生前給付保険」なども登場しました。
これらの保険を単独で、あるいは組み合わせることで生命保険はできています。

お客様とのふれあいを大切にする証券会社

1. プレミアムを受取り、コール・オプションを売建てる
オプションを売り建てる場合、受け取る金額はプレミアムの価格を1,000倍した金額となります。
プレミアム=100円×1枚×1,000倍=100,000円
また、コール・オプションを売るためには予想が外れた場合の損失に備え所定の証拠金を預ける必要があります。
2. 予想通りSQ値が損益分岐点より低い(例 13,500円)場合
14,000円で買う権利は行使されないため、
利益=受け取ったプレミアム=100,オプションのリスクについて 000円
→100,000円の利益となります(手数料は考慮しておりません)。

損益分岐点

損益分岐点=権利行使価格+受取プレミアムとなります。
上記取引例では、
損益分岐点=14,オプションのリスクについて 000円+100円=14,100円
→SQ値が14,100円を上回っていれば損失 、14,オプションのリスクについて 100円を下回っていれば利益となります(手数料は考慮しておりません)。

プレミアムを売買する

相場の状況に応じてプレミアム(オプション料)自身も変動します。
プレミアムが下落した場合は、満期(SQ)を待たずに買い戻すことによって利益を得ることも出来ます。
例)権利行使価格14,000円のコール・オプションが80円に下落した時点で買い戻した場合損益=(100円-80円)×1枚×1,000倍=20,000円
→20,000円の利益となります(手数料は考慮しておりません)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる