デモ取引

レジスタンスレベルの定義

レジスタンスレベルの定義
ヒーラーを含むキャスター職で使っていたアクションは「ロスト・マジックフォント」でした。

サポートラインとレジスタンスラインをプロトレーダーから学ぶ

サポートラインとレジスタンスラインをプロトレーダーから学ぶ

間異なる時間足を分析し、それぞれのサポートライン、レジスタンスラインを見つけるとトレードに役立ちます。 1つの時間足だけを分析すると、重要な情報を見落としている可能性があります。
時間足が長くなるほど、より多くのトレーダーが長時間(期間)足を見ているので、そのサポートラインとレジスタンスラインはより重要になります。日足チャートのレジスタンスラインは、時間足チャートのレジスタンスラインよりも重要ということです。

サポートラインブレイクとレジスタンスラインブレイク戦略

間異なる時間足を分析し、それぞれのサポートライン、レジスタンスラインを見つけるとトレードに役立ちます。 1つの時間足だけを分析すると、重要な情報を見落としている可能性があります。
時間足が長くなるほど、より多くのトレーダーが長時間(期間)足を見ているので、そのサポートラインとレジスタンスラインはより重要になります。日足チャートのレジスタンスラインは、時間足チャートのレジスタンスラインよりも重要ということです。

サポートレジスタンストレードを改善するためのヒント

マーケットの状態を判断する

リスク管理に焦点を当てる

サポートレジスタンス丁度のトレードを避ける

トレード前に準備をする

自分を信頼する

活発な時間にトレードをする

アドバイス

4 コメント

とてもためになりました。
サポレジにも色々な種類があるのですね。
意識しながらチャートを見たいと思います。

移動平均線での分析に
サポート・レジスタンスの根拠もプラスして
エントリータイミングを図り
トレードしていこうと思いました。
ありがとうございます。

コメントを送信 コメントをキャンセル

    なぜ5分足スキャルピングなのか? 2022-04-06 に投稿された FXトレーダーは1日何Pipsを目標に設定すべきか? 2022-02-25 に投稿された Turn Tradingレポート22年5月23日 2022-05-23 に投稿された 1分足スキャルピングには要注意 2022-04-06 に投稿された リスクリワードと自動計算 2022-02-25 に投稿された

私のトレードスタイル

メンタルまとめ

資金管理ヒント

戦略の立て方

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります

ご登録ありがとうございます!

最近の投稿

Contact Us

〒156-0052 東京都世田谷区
経堂5-33-13 105室

Social Media

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn レジスタンスレベルの定義 Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

レジスタンス運動の効果と方法

図1:自重でのスクワット。椅子を利用し立ち座りを繰り返します

図1:椅子スクワット

腕立て伏せ

図2:腕立て伏せを示すイラスト。手を床に肩幅より広めにつき、膝またはつま先を床につける。肘をまげて状態をおろし、肘を延ばして元に戻る動作を繰り返す

図2:腕立て伏せ

図3:踵上げの様子を表す図。足を肩幅に開き、膝は伸ばしたまま踵を上げて5秒静止してから下ろします。

図3:踵上げ

図4:ランジの様子を表す図。立った状態から片足を前に踏み込みます。前に出した足に体重をかけていき、元に戻ります。

図4:ランジ

横に足上げ

図5:横に足上げの様子を表す図。立った状態で膝を伸ばしたまま片足を横に上げて5秒静止し、下ろします。

図5:横に足上げ

バッグブリッジ

図6:バッグブリッジの様子を表す図。両膝を曲げて仰向けになり、ゆっくりとお尻を上げます。お尻は上げすぎず、腰を反らさないようにして10秒静止しゆっくりと下ろします。

図6:バッグブリッジ

上体起こし

図7:上体起こしの様子を表す図。両膝を曲げて仰向けになり、おへそを見るように、頭から肩甲骨が床から離れるよう持ち上げます。上げた状態で10秒静止し、ゆっくりと元に戻します。

図7:上体起こし

足上げ(臥位・横)

図8:足上げ(臥位・横)の様子を表す図。横向きに寝た状態で上側の足の膝を伸ばしたまま上に上げ、10秒静止し、下ろします。

図8:足上げ(臥位・横)

図9:もも上げの様子を表す図。背もたれから背中を離して椅子に座り、お腹に力を入れて片方のももを上に上げます。座面から太ももの裏が離れるように上げてから下ろします。

レジスタンスレベルの定義 図9:もも上げ

足上げ(座位・膝伸展)

図10:足上げ(座位・膝伸展)の様子を表す図。背もたれから背中を離して椅子に座り、膝を伸ばして10秒静止してから下ろします。

図10:足上げ(座位・膝伸展)

レジスタンス運動の注意点

運動を始める前には以下の点をポイントに自分の体調をチェックします(表) 6) 。ひとつでも「はい」があればその日の運動は中止します。すべて「いいえ」の場合でも、「いつもと違う」「体調がおかしい」と感じたら無理はせずに中止し、必要に応じて、医療機関を受診しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる