初心者バイナリオプション戦略

テクニカルインジケーター

テクニカルインジケーター
お悩みトレーダー

FXで先行指標と遅行指標を組み合わせてテクニカル分析をする方法

FXブログ インジケーター

お悩みトレーダー

エイク

メンター

お悩みトレーダー

メンター

私もトレードを始めたばかりの頃は、そうでしたが、 一般的に初心者トレーダーは遅行指標、つまりインジケーターだけで、FXを攻略しようとします。

そう、 この2つの指標を組み合わせてシナリオを考えれば良いのです。

遅行指標(インジケーター)だけではなぜ勝てないのか?

それは 『相場を動かしているのはインジケーターではない』 からです。

言い方を変えると 『 相場は人が動かしている』 からなんです。

正確には、相場は、 含み損からくる不安、損切りの恐怖、利確の喜び、含み益の楽しみ、エントリー前の希望や期待、破産の絶望などの大衆心理の感情で動いています。

『相場は人の感情で動いている。インジケーターが相場を動かしている訳ではない』 からです。

私がお伝えしたいのは、『インジケーター だけ では勝てない』ということです。

他の何かを組み合わせてインジケーターを使う事で、あなたのテクニカル分析は初めて威力を発揮し始めます。 テクニカルインジケーター

FXで使われる2つの遅行指標|トレンド系とオシレーター系

遅行指標とは

遅行指標とは、『インジケーター』のことです。

遅行指標は、読んで字の如し。遅れて形成される指標の事を示します。
そもそも インジケーターとは、 『価格(終値)を加工して平均化したものをビジュアル的に分かりやすく描写したもの』なん です。

それが 『ダマシ』であったり『エントリーの乗り遅れ』 などにつながるのは、当たり前のことなんですね。

(※こちらに関しては 【FX初心者が必ず失敗するインジケーターの罠】で詳しく解説していますので、参考にしてください。)

そして、遅行指標には大きく トレンド系とオシレーター系 の2つに分けられます。

【トレンド系インジケーター】

基本的にトレンドを計るインジケーターの事を指します。 テクニカルインジケーター

【オシレーター系インジケーター】

相場の強弱、つまり買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを、一定の範囲を振り子のように表示 するところからオシレーター系と呼ばれています。

FXブログ インジケーター

FXの相場分析で必須の先行指標

それが先行指標です。

先行指標とは

これまた読んで字の如し。文字通り、 相場がある価格に到達する前に(先に)示される指標の事 です。

FXブログ インジケーター

遅行指標と先行指標を使った戦略例

遅行指標だけでは遅れが生じる、先行指標だけでも根拠に欠ける。

しかし、2つの情報を得る事でエントリーする為の情報の信憑性が高くなります。

FXブログ インジケーター

戦略A・・・先行指標で反転を予測して、遅行指標で反転を確認してからエントリー

【赤①:チャネルラインとストキャスティクスを使った戦略】

【青②:水平線とストキャスティクスを使った戦略】

戦略B・・・遅行指標で相場の方向を決めて、先行指標でエントリーポイントを探す。

FXブログ インジケーター

【移動平均線と水平線・チャネルラインを使った戦略】

戦略C・・・先行指標が重複するポイントだけエントリーする。

FXブログ インジケーター

【水平線、チャネルライン、フィボナッチなどの先行指標が重複するポイントのみをエントリーポイントとする戦略】

【ローソク足の見方を知るだけでプロ並みの分析ができる】 で解説していますのでご参考にされてください。)

そして、 人の気持ちにもパターンがあるように、チャートにもインジケーターや先行指標を使って分かりやすくパターンが描写されるのです。

国内株式のリスクと費用について

いろんなテクニカルチャートを使ってみよう! ~「iSPEED」でよく利用されるテクニカルチャートランキング~

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,テクニカルインジケーター 000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料 テクニカルインジケーター
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込) テクニカルインジケーター テクニカルインジケーター
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込) テクニカルインジケーター
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について テクニカルインジケーター お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

FXのインジケーターとは?相場分析に役立つ2系統を基本から解説

DMMプレミアTOP単純

実際に使われているインジケーター

【トレンド系ってなに?】初歩から徹底解説!

相場の大きなトレンドの流れを掴むのに役立つ【トレンド系】

主に 「順張り」の取引を行う際に、タイミングを計る ものとして使われます。 「トレンド系テクニカル指標」は、全体的な相場の方向性を探るために使われるため、中長期の相場を分析し予測する時に力を発揮しやすいと考えられています。

  • 移動平均線(Moving Average)
  • ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)
  • 一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)

トレンド系はどんな時に使うのがよい?相性のいい相場2選

1.相場の方向性を探るのに役立つ【中長期の相場】

「トレンド系インジケーター」は、全体的な相場の方向性を探るために使われるため、 中長期の相場を分析し予測する時に有効と考えられます 。 一時的な相場の変動に惑わされずに、大局での相場の流れに乗った取引を行いたい場合に使用すると効果がある、といえます。

「トレンド系」は 相場の方向性を探る分析方法です 。 トレンドとは、相場の動く方向を示しています。為替相場は、細かい上下運動を繰り返し行いながら、一定方向に向かうという特徴があります。 この流れを捉えて、相場の動く方向がどこに向かうのかを分析するのがトレンド系インジケーターです。

2.トレンド相場に乗りやすい

トレンド系インジケーターを使って上手くいく相場は 「トレンド相場」 です。逆に、上手くいかない相場は「トレンド相場以外」です。 「トレンド相場」で、トレンド系インジケーターを使用すると、トレンドに乗りやすくなります。

トレンド系の注意点

トレンドの勢いをチェックすることが大切

トレンドが発生していても、 「そのトレンドが始まったばかりなのか、すでに終わりが近いのか?」 を見極める必要があります。 トレンドが発生しているときにはトレンド系インジケーターの示すサインで売買するのが良いでしょう。 勢いのあるトレンドが発生している場合は、長期間同じトレンドが続くこともあります。

トレンド系の欠点

トレンド系の欠点は、 「エクスパンションのダマシ」 と言われるものがあるということです。 エクスパンションとは、ある一定期間、値幅の狭いレンジ相場の状態から、一気に一方向にブレイクアウトすることをいいます。

「ダマシ」とは、テクニカル分析において売買サインが出たものの、相場はそのサインとは全く逆方向に動いていくことを指します。 つまり、「エクスパンションのダマシ」とは、 レンジを突き抜けたと思いきや、長い上ヒゲか下ヒゲをつけて反転して、またレンジ内に戻ってくることです 。

【オシレーター系ってなに?】初歩から徹底解説!

ボックス相場で役立つ【オシレーター系】

しかし、「オシレーター系テクニカル指標」は、 現在の相場状況をタイムリーに表示する傾向があります 。 そのため、すぐに相場の動きに対応ができるので、特に短期売買を主とする投資家に利用されることが多いテクニカル指標です。

  • RSI(Relative テクニカルインジケーター strength index)
  • MACD(Moving Average Convergence Divergence)

オシレーター系は「買われすぎ」か「売られすぎ」かを示す

  • 「現在の為替レートは高すぎだから、下落に転じる可能性がある」
  • 「現在の為替レートは安すぎだから、上昇に転じる可能性がある」

また、 相場の細かい強さや弱さを測る 際にも力を発揮します。

オシレーター系振り子の説明

実際に使われているオシレーター系テクニカル指標

オシレーター系はどんな時に使うのがよい?相性のいい相場2選

1.ボックス相場の場合

オシレーター系テクニカル指標は、 「ボックス相場でよく機能する」 と言われています。 価格の絶対水準とは関係なく、現在の相場が買われすぎなのか、売られすぎなのかを分析することに優れています。

2.トレンド相場ではない場合

オシレーター系インジケーターを使って上手くいく相場は 「トレンド相場以外」 です。逆に、上手くいかない相場は「トレンド相場」です。 「トレンド相場以外」の時に、オシレーター系インジケーターを使用すると、予想通りの値動きになりやすいです。

オシレーター系の注意点

オシレーター系テクニカル指標の欠点は、 明確なトレンドがある場合は役に立たないこともある ということです。相場は時として、一方向に大きく動くことがあるからです。

どれを使えばよい?知っておきたいインジケーターの選び方と使い方

インジケーターには、何十種類もの種類が存在します。沢山のインジケーターが存在するということは、実は 絶対的なインジケーターは存在しない ということでもあります。 それぞれのインジケーターに長所と短所があり、それぞれに使い方があるということです。

【選び方】複数のインジケーターを選ぶ!

テクニカル指標

為替相場の値動きには、 「トレンド相場」 と 「ボックス相場(トレンド相場以外の相場)」 の二つのパターンが存在するからです。 そして、それぞれに得意なインジケーターを当てはめると、「トレンド相場」ならばトレンド系インジケーターであり、「ボックス相場(トレンド相場以外の相場)」ならばオシレーター系インジケーターになります。

どちらの相場にも対応できて得意であるといったインジケーターはありません。 「 テクニカルインジケーター 1つのインジケーターをずっと使い続けたほうが判断にブレがない 」と考えるのは、間違いです。

【使い方】オシレーター系とトレンド系を上手く使い分ける!

トレンド・オシレーター比較表

逆に、「ボックス相場(トレンド相場以外の相場)」の時には、オシレーター系インジケーターをメインにして相場を分析し、トレンド系インジケーターを補助的に使用します。 重要なポイントは、「トレンド相場」だからといってトレンド系インジケーターだけを使うのではなく、 「トレンド相場」の時にも、オシレーター系インジケーターを見ることです 。

そして、 組み合わせて使いたいパターンは、得意な相場が異なる「トレンド系インジケーター」と「オシレーター系インジケーター」の2種類 です。

ARTICLE LIST 入門編の記事一覧

SELECT 無料診断

INFO お知らせ

お知らせ

SERIES 連載

RECOMMEND おすすめ記事

【取引リスクおよび免責事項について】 FX(外国為替証拠金取引)は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合があります。 さらに、取引金額がその取引について預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 FXの仕組みやリスクを充分に理解した上で、ご自身の判断と責任で口座開設・取引を行って下さい。 本サイトに掲載されている情報は、情報を提供することを目的としたものであり、投資の勧誘を行うものではありません。 このページ上に掲載されている各種情報については、慎重に作成、管理しておりますが、当社は、これらの情報の最新性、有用性、完全性等を保証するものではありません。当社は、お客さまがこれらの情報をご利用になったこと、またはご利用になれなかったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。お客さまは、上記注意事項のほか、「エフプロ」利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。

インジケーター(テクニカル)とプライスアクショントレードの違いと特徴

priceaction

プライスアクションによるトレード、とくにローソク足の組み合わせや形でトレードした場合の獲得値幅は90pips。勝率は4割。

Technical

  • この記事を書いた人

三度の飯より手法研究が好き、かずえモンです。 手法の研究とテクニカルの研究が好きすぎるFXトレーダーです。 四次元ポケット、いやFXポケットからは手法がたくさん出てきます。 雑誌からの取材も多数受けており、手法マニアとの異名をいただきました。あ、2児のパパです。

comment コメントをキャンセル

ローソク足【毛抜き天井・底】とは?

今日はユーロ円をみていたのですが、ユーロ円・ポンド円ともにレンジとも言わないようなチャート。 明日か明後日ころ、最低でも週末には動くと思うので、それまでおとなしくしておいたほうがいいかなぁ~。 今はユ .

日足で機能しやすいテクニカル

いくらスキャルピングといえども、やはり日足分析は必要だと私は考えています。 節目となる価格帯なども日足ベースのことが多いですしテクニカル的な側面においても日足は機能しやすいです。 ただ、あまり日足にば .

【FX】DMIを使う時の注意点

DMI 何度も当ブログに出てきているテクニカルですね。 正確には、ADX/DMIとして当ブログで扱っています。 ADX/DMIについての記事は相当数の記事数になりましたが それだけ私が信頼しているテク .

初心者でもデキる!MT4を使わずにチャートにシグナルを表示する方法

「またMACDのクロスを見逃した!」 「ボリバンの2σタッチが発生していたのに・・・」 「RSIで20以下になってたのに乗り遅れた」 上記の経験、アナタだけじゃなくほとんどの人が体験してます。 テクニカルインジケーター 「チャ .

USD/KRW - アメリカドル 韓国ウォン

BWRとPWRでは、PWRの方が運転時にトリチウムを放出する量が10倍多いのにな。電源喪失によって冷却不可能になったら、BもPも大して変わらない。対策がきちんと出来た両者のうち、Pだけ再稼働を認めるってのは不合理。結局、理屈や技術じゃない何かが強すぎるw しかし、冷房の効いた快適な部屋で、ネットに「原発なくても電気は足りている」などと書いてる奴が、同時に電気代に対する文句を書いてるってのは何の冗談だ、とw 原発が動いてないから、世界のエネルギー高騰の影響を、緩衝材なしにモロに被ってるんだってのwww

通貨エクスプローラー

テクニカルインジケーター
日経平均株価27,413.テクニカルインジケーター 88-44.01-0.16%
日経225先物 (F)27,533.0+33.0+0.12%
韓国総合株価指数2,658.99-26.91-1.00%
NYダウ32,813.23-176.89-0.54%
独DAX14,455.02+114.55+0.80%
S&P/ASX 2007,175.90-58.10-0.80%
米ドル指数102.237-0.292-0.28%
1,856.95+8.25+0.45%
原油 WTI112.41-2.85-2.47%
22.065+0.150+0.68%
米国綿花2番135.90-0.16-0.12%
排出権88.13+2.05+2.38%
米国シカゴコーン733.10+2.10+0.29%
米国コーヒー239.65+8.40+3.63%
テクニカルインジケーター
ドル/円129.73-0.38-0.30%
ドル/ウォン1,249.21+1.テクニカルインジケーター 99+0.16%
ユーロ/ドル1.0688+0.0042+0.39%
ユーロ/円138.65+0.12+0.08%
トルコリラ/円7.8772-0.0512-0.65%
豪ドル/円93.32-0.01-0.01%
ポンド/円162.71+0.22+0.14%
大塚ホールディングス4,317.0-65.0-1.48%
ソフトバンクグループ5,302.0+2.0+0.04%
トヨタ自動車2,193.0-4.5-0.20%
三菱UFJフィナンシャル・グループ740.9-4.7-0.63%
ブイ・テクノロジー3,035.テクニカルインジケーター 0+49.0+1.64%
東芝5,922.0+106.0+1.82%
みずほフィナンシャルグループ1,528.0-18.テクニカルインジケーター 0-1.16%
名前価格前日比変動%
ドル/ウォン1,249.21 +1.99 +0.16%

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる