プロが徹底解説

財務分析

財務分析

財務分析の目的は企業経営の分析ですが、財務諸表という数値化されたデータだけでは、定量的評価しか見ることができません。
定量的評価は、AIの進化によってある程度自動化される可能性があります。
これからの時代の財務分析は、 数値化できない定性的評価も加味し、より広い視点で企業経営を見ることが求められるようになる でしょう。
「AIの登場により、将来的に財務会計部門はなくなる」という意見もありますが、上述した視点でプラスアルファの分析をできる社員がいれば、その企業の財務会計部門も、企業自体も生き残っていけるのではないでしょうか。

決算書の読み方 財務分析

経常利益は本業及び副業の実績を示す利益であり、売上高経常利益率も 企業活動全般の収益性 を示す指標となる。売上高総利益率は同業他社との商品比較指標となっていたが、売上高経常利益率については業種を問わず比較可能である。与信管理においては 業界標準値 および 過去数期分との比較 が必要であり、著しく数値が低い場合には、販売数量は増加したが販売価格は低い、投資での運用がよくないなどが考えられ、どこに原因があるかを確認していきたい。なお、一般的に業界平均値が高い業種には、不動産業、製造業などが該当し、低い業種には小売業、建設業が該当、全業種を平均した売上高経常利益率は1%超である。

安全性分析 ~貸借対照表に注目!~

短期支払能力がわかる!~流動比率、当座比率~

流動比率は1年以内に支払期日がやってくる流動負債を1年以内に 現金化 される流動資産でどれだけ賄うことができるかを示す指標である。当座比率についても基本的には流動比率と同じ短期支払能力を示す指標であるが、当座資産には不良在庫などが含まれている可能性のある 棚卸資産 が含まれておらず、流動比率より確実な支払能力を示す指標となる。与信管理においては、 業界標準値 および 過去数期分との比較 が必要であり、一般に流動比率は 200%以上 が理想とされる。また、全業種の標準値を比較した場合、流動比率はサービス業、不動産業が高く、卸売業、小売業は低い。当座比率は、サービス業、建設業が高く、小売業、不動産業が低くなっている。

企業の自力がわかる!~自己資本比率、固定比率~

自己資本比率は、毎期の 最終利益の蓄積 を示す指標であり、固定比率については、自己資本でどれだけ固定資産を賄えるかを示す指標である。与信管理においてはいずれも 業界標準値 および 最低2期分の比較 が必要で、自己資本比率については対象企業の自力を測る指標となるため、利用頻度は高い。また、自己資本がマイナスとなっている場合は「 債務超過 」の状況にあり、倒産リスクも増加する。全業種の中で標準値が高いのは、製造業、サービス業、低いのは小売業、不動産業であり、30%以上有していれば一定の評価が担保される。固定比率については、流動比率と対峙する指標であり、金額の大きい固定資産について 自己資本の範囲 でどれだけ賄えるかを表し、低ければ低いほど望ましい。全業種の平均値としては200%前後であるが、100%未満が理想となってくる。

キャッシュ分析 ~キャッシュ・フロー計算書に注目!~

短現金創出力がわかる!~キャッシュフローマージン~

売上に対しどれだけ 効率的 にキャッシュを生み出しているかを示す指標であり、数値は高い方が効率的な資金化が行われたことを示しているため望ましく、低い場合には不良在庫の処分などを行った可能性がある。与信管理においては、売上高営業利益率との比較を行い、相対的にキャッシュフローマージンが低い場合には売上高重視の経営である可能性があり、債権回収能力が低いことも想定されるため、 数値が低い場合 には十分な注意を要する。

金融費用の支払能力がわかる!~インタレスト・カバレッジ・レシオ~

金融費用を支払う能力 が営業活動によるキャッシュ・フローベースでどの程度あるかを示す指標であり、倍率が高ければ利息の支払に余裕があることを示し、最低でも 1.0倍以上 ないと金融費用を食いつぶしていることを意味する。与信管理において、金利負担は業績への影響が大きく、 最低2期分の比較 を行い、大きく変動している場合には貸借対照表上の借入金の金額も同時に確認する必要がある。

財務分析とは?今さら聞けない財務分析の基本をご紹介!

財務分析とは、企業の財務諸表から得られるデ―タを元にその企業の経営状態を分析することです。 財務分析
健全な企業経営をしていくうえで財務分析は欠かせませんが、取り扱う分析対象や分析をする立場によっても、財務分析の持つ役割や評価ポイントは微妙に異なります。
そのため、自社の財務分析や競合他社の分析の理解について不安がある方は多いのではないでしょうか。
財務分析についての理解を深め、自社の財務分析を強化する方法についてご案内します。

財務分析とは、企業の未来に関わる重要なリスク対策

財務分析


財務分析とは、健全な企業経営ができているかどうかを判断するための分析手法です。
自社の分析だけでなく、競合する他社の経営状況を調べたり、投資対象として他社を調べたりする際に使える分析手法なので、 理解すればするほど経営センスを高めることができます 。

各種データから企業の将来を計るのが財務分析

財務分析で用いるデータを財務諸表と呼び、日本の会計基準では貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/F)、株主資本等変動計算書(S/S)の4つを指します。
財務諸表は複式簿記で記載されているため、「経理や会計の知識がないからわからない」と苦手意識を持って敬遠している方、「自分は営業だから関係ない」と思っている方は多いでしょう。
しかし財務諸表は何度も繰り返し見ていけば慣れるものです。
財務諸表には企業の将来を示す数値が載っています。
企業に勤める者なら 立場や役職と問わず誰でも財務諸表を理解できるのが理想の企業 といえるのではないでしょうか。
自社の財務諸表を繰り返し見て、次に他社の財務諸表と何度も見比べていき、財務諸表について慣れるようにしていくことが大切です。

財務分析で何がわかる?分析手法ごとの目的とは

<財務分析の手法>
◇収益性分析……企業活動における利益を示す
◇安全性分析……企業の支払い能力や倒産リスクを示す
◇生産性分析……企業の資源を元にどれだけの付加価値を生んだかを示す
◇成長性分析……売上高などから企業の将来性を示す

ここで大切なのは、4つの分析手法は単独で見るものではないということです。
収益性分析で利益率がある企業が、すなわち将来性や安全性のある企業となるわけではありません。
収益性分析は良くても、債務の程度によって安全性分析の評価が悪くなる場合もあります。
ひとつひとつの分析手法には目的がありますが、それらを総合的に見たうえで、多角的な分析をすることが重要なのです。

財務分析の肝は経営を分析すること!これからの時代に必要な財務分析とは

財務分析


財務分析の目的は企業経営の分析ですが、財務諸表という数値化されたデータだけでは、定量的評価しか見ることができません。
定量的評価は、AIの進化によってある程度自動化される可能性があります。 財務分析
これからの時代の財務分析は、 数値化できない定性的評価も加味し、より広い視点で企業経営を見ることが求められるようになる でしょう。
「AIの登場により、将来的に財務会計部門はなくなる」という意見もありますが、上述した視点でプラスアルファの分析をできる社員がいれば、その企業の財務会計部門も、企業自体も生き残っていけるのではないでしょうか。

財務分析は計測するだけじゃない!どう分析するかが大切

財務分析は財務諸表からわかる数値を元に、あらゆる分析手法で企業を評価していく経営分析です。
このとき、ただ数値を計測するだけではいけません。
ひとつひとつの数値をつぶさに見て分析していくことで、意外な発見があるものです。
自社の財務分析をする際には、競合他社や業界首位の企業などと数値を比較していきましょう。
複数の企業との比較をしていくことで、改めて自社の強みが何なのか気づけるかも しれませんよ。

財務分析の理解は競合他社の分析にも役立つ

財務分析を理解していれば、自社の経営状態だけでなく、他社の経営状態の分析にも役立ちます。
経営を知るということは、企業自体を知るということ です。
自社と他社の違いを客観的に理解していれば、クライアントへの営業資料も説得力が増すでしょう。
規模は小さくても成長性が高い企業をいち早く把握しておけば、次のマーケティング戦略を考えるうえでの大きな一助になります。
財務会計部門だけでなく、ほかの部門も含めて全社員で財務分析の理解を深めていくことが大切なのです。

財務分析の質を上げるために企業がすべきこと

ビジネスマン


これまで、企業全体で財務分析の理解を深め、質を上げていくことが重要というお話をしてきました。
具体的には、 内部教育と外部分析を強化することが必要 になります。

自社の財務分析をどう考える?経営的視点を養う財務分析の内部教育

あなたの会社の財務会計部門や、ほかの部門の財務知識はどのようなものでしょうか。
財務諸表を読めるのは財務会計部門だけ、経理だけといった場合は少し危険です。
これからの時代は、AIにも負けない柔軟な視点で物事を見れる人材が求められます。
経営的視点を持つのは役員や財務会計部門だけ、なんてことにならないように、内部教育を強化しましょう。

財務分析は外部分析も必要!外部からの分析でリスクを回避

財務分析は、分析をする立場によっても役割が異なります。
企業内部の人間が行うのが内部分析だとすれば、企業外部の人間が行うのが外部分析です。
自社の財務分析に励み、経営状態の改善を目指したり、経営成績の向上を目指したりする内部分析も重要ですが、外部からの分析で客観的な評価を得ることも大切ではないでしょうか。
内部と外部の分析は、リスク回避にもつながります。

財務分析を外部に依頼するなら、クラウドソーシングも利用しよう

財務分析を外部に依頼する場合、税理士や会計士、経営コンサルタントなどの専門家に外注することになります。
顧問税理士や会計士がいる大企業であれば容易なことかもしれませんが、経営コンサルタントなどの専門家の外注は高額になることがほとんどです。
また、コネクションがなくどの専門家に依頼すべきかわからないという場合もあるでしょう。
そんなときにおすすめなのが、インターネット上でさまざまな人材が集まるクラウドソーシングです。
クラウドソーシングがおすすめの理由は、働き方の多様化に伴い、より自由な働き方を求めてクラウドソーシング市場に流れていく人材が増えているという点 にあります。
クラウドソーソングであれば、フリーランスや副業で活動している専門家と、じかに交渉のうえ費用やサービスを決めることができるのです。
外部分析を依頼するだけでなく、自社向けに財務分析のセミナーをしてもらうなど、多様な依頼ができるのが、クラウドソーシングの大きな魅力となっています。

会計のプロが集まるランサーズで自社の財務分析を強化しよう!

クラウドソーシングを活用して財務分析の強化を目指す場合、おすすめは クラウドソーシングサイト最大手といわれるランサーズ です。
ランサーズには財務会計のプロが多数集まっているうえ、多数の依頼実績があるという安心感もあります。
適切な価格で柔軟な依頼ができるランサーズで、自社の財務分析を強化していきましょう。

財務分析 の仕事を依頼・発注する

~~能力~~ 中国語:母語。ご要望に応じてコピーライティングすることもできます。 日本語:日本のある国立大学経済学修士(個人情報を探るようなメッセージが届いたため、現在の居場所など特定できる情報を削除いたします)伊藤忠商事で与信審査担当(退職済み)日→中翻訳経験16年、ジャンル問わずほぼ対応できます。中→日も対応可能。ただし、タッピングなど専門的すぎる分野はネイティブ・専門業者に頼んでく.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

Alex811 カンタン在宅ワーカー

  • 受注実績 34 件
  • 評価: 5.0 5.0

はじめまして。 ご依頼いただきました場合には、すぐに対応できる状況です。 平日・休日ともに連絡・コミュニケーションはまめに取ることが可能です。 実績やプロフィールは以下をご覧いただければ幸いです。 単価や納期についてなど、ご相談でもかまいませんので、お気軽にご連絡ください。 ぜひ、お待ちしております。 【 実績 】 *現状クラウドワークスにて、受注案件すべて.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

hiro_kawada ビジネス

  • 受注実績 34 件
  • 評価: 4.8 4.8

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。 川田と申します。 以下に経歴や可能な業務などを記載しておりますので、ご覧ください。 【経歴】 ・明治大学政治経済学部経済学科 卒業 ・2008年〜2015年 メガバンクにて法人営業として勤務 ・2015年〜2019年 地方工務店(親族経営)にて経営業務を経験 【現在の業務内容】 現在主に行っている業務としましては.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

mutsumisato ライター

    財務分析
  • 受注実績 15 件
  • 評価: 5.0 5.0

国内法人、外資系法人にて経理・財務業務、通算10年以上従事。 資産合計規模2,000~4,000億円、18~30社を一人で担当。 【主な保有資格】証券アナリスト検定会員補 業務経験(日本語・英語対応可) 1) 伝票・仕訳の入力・チェックから月次・四半期・年次決算 2) 税務申告パッケージ作成・レビュー、監査対応 3) 海外オフィスとのコミュニケーション全般(送金内容の説明・記.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

yurikou 法律・士業

  • 受注実績 14 件
  • 評価: 5.財務分析 0 5.0

税理士・freee認定アドバイザーです。 ご自身で会計freeeに入力した仕訳や設定を税理士の視点でサポート致します。 freeeでは仕訳の知識が少なくてもある程度以上の記帳は可能ですが、その記帳内容が正しいのか不安な方も多いと思います。記帳後の手直しは非効率ですので最低限の会計知識の習得がむしろ時間の節約に繋がります。 確定申告は税理士に依頼せずご自身で行う方の基礎知識のフォローも致.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

TK717 ライター

  • 受注実績 13 件
  • 評価: 5.0 5.0

ユーザーファーストを念頭に、検索意図やデザインに基づき適切な情報を提供し、ユーザーに行動を起こしてもらえるような成果品を目指します ・医薬部外品●●、薬機法違反で当局より改善命令/景品表示法違反で指摘 うちの製品・美容健康ビジネスの広告は果たして大丈夫だろうか. ・医薬品●の拡販にて、販売情報提供活動ガイドライン違反見つかる うちで作成したコンテンツはレギュレーションをク.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

freee認定アドバイザ 法律・士業

  • 受注実績 11 件
  • 評価: 5.0 5.財務分析 0

日本政策金融公庫の創業融資・事業融資支援なら誰にも負けません! 22年の日本政策金融公庫勤務経験で強力に融資支援! 小規模事業者における創業・起業計画の分析、主に日本政策金融公庫からの創業融資の可能性診断、事業開始時の諸手続き指導からクラウド会計記帳導入支援・記帳指導・記帳代行(当方 会計freee認定アドバイザー)まで幅広く対応します。 また、事業継続中の小規模事業者においては、.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

mihomiho32 金融

  • 受注実績 9 件
  • 評価: 5.0 5.0

プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。 以下に経歴や可能な業務などを記載しておりますので、御覧ください。 【経歴】 ・明治大学 文学部 財務分析 日本文学科、卒業 ・在学中にオーストラリアに留学 ・2013年に総合ファイナンス会社に就職 以降8年間営業職 財務分析 【保有資格】 ・TOEIC 885点 ・財務3級 ・漢字検定準2級 【可能な業務】 趣味〜.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

Lt Investor 金融

  • 受注実績 7 件
  • 評価: 5.0 5.0

ご覧いただきありがとうございます。 金融・投資全般の講師役・動画出演・ライティングを承っております。 クライアント様に安心してお任せいただけるよう、綿密に連絡をとって、納期を守り、スムーズに仕事ができるよう努めております。お持ちのメディアにそった、企画・構成・提案を行い、質の高いコンテンツで盛り上げてまいります。 本職はトレーダー兼講師です。FX、株式投資、仮想通貨をはじめ.

  • 対応可能です
  • 仕事内容によります
  • 忙しいです

t_kondo929 カンタン在宅ワーカー

  • 受注実績 7 件
  • 評価: 5.0 5.0

はじめまして。 私は銀行にて法人営業に3年間従事した後、ビジネススクールにてMBAを取得し、その後コンサルティング企業で3年間事業再生、戦略、企業価値評価に従事したキャリアを持っています。 現在は転職活動中であり、時間的な余裕があることから、当サイトに登録させていただきました。 財務、経営戦略に関する知識があり、エクセル、パワーポイントを用いた作業にも慣れております。 顧客の要求に応.

パンチ工業株式会社 社外取締役
ヤマシンフィルタ株式会社 社外取締役

主な著書(出版順)
『アナリストが教える リサーチの教科書』ダイヤモンド社
『アナリスト直伝 使えるファイナンス入門』日本経済新聞出版社
『決算書100の基本』東洋経済新報社
『IR戦略の実務』日本能率協会マネジメントセンター
『企業価値評価の教科書』日本能率協会マネジメントセンター

財務分析
視聴期間 ご入金確認から 28日間
※視聴期間はご入金確認から開始となります。期間中、何度でもご覧いただけます。
販売期間 2021年12月13日(月)~2022年2月3日(木)
※年末年始の休業により2021年12月28日(火)~2022年1月4日(火)のお問い合わせは、回答にお時間をいただく場合がございます。
講座時間 4時間
視聴方法 本講座はオンライン配信いたします。
ご購入後は、専用の動画視聴サイトにログインして、ご受講いただけます。
詳細は下記「注意事項」欄をご確認ください。
受講特典 講師への質問フォーム付き
受講料 49,500 円(税込)
対象 アナリスト、コンサルタント、事業会社の経営企画担当、投資家も、企業価値評価の基礎と実践を身に付けたい方
※新任の方にはとくにおすすめです。
※部署・役職は問いません。
注意事項 下記ご確認のうえ、お申し込みください。
▽ご視聴について
・本サービスは動画視聴サービスです。専用の視聴サイトにログインいただき、ご視聴いただけます。
・ご購入後に こちらのサイトにログインいただき、ご視聴いただけます。
・ご購入完了後にも、ご視聴ページについてメールでご案内をお送りいたします。
・動画は 2022年2月3日(木) (年末年始の休業により2021年12月28日(火)~2022年1月4日(火)のお問い合わせは、回答にお時間をいただく場合がございます。)までご購入が可能です。ご購入後、 28日間 が視聴期間となります。期間中、何度でもご覧いただけます。
・推奨動作環境について
動作ブラウザーは下記のとおりです。
Chrome、Firefox、Safari、Microsoft Edgeの各種最新版
Internet Explorer 11以上
お使いの環境によって、動作しないケースもございます。
必ず、こちらのサンプル動画を視聴できるか、ご確認をお願いいたします。
・動画、資料の利用権は期間内、ご本人様に限らせていただきます。
・安定した通信環境、動画視聴に適した設備にてご視聴ください。
・視聴に伴う通信料は、お客様のご負担となります。

▽領収書について
・クレジットカード払いの方は、購入サイト「マイページ」内の「購入履歴一覧」からダウンロードできます。
東洋経済オンラインログインURL(https://s.toyokeizai.net/login.html)
ログイン後、「マイページ」⇒「購入履歴一覧」へお進みいただき、宛名をご入力のうえでダウンロードしてください。
・コンビニ払いの方は、コンビニにて発行の領収書をご利用ください。

▽個人情報の取り扱い
株式会社東洋経済新報社は、個人情報の重要性を認識し、保護の徹底に努めております。ご入力内容ならびにお客様の個人情報は、本講座の実施目的(確認のご連絡等)および東洋経済新報社からの各種ご案内、皆様に有益と思われる企業、団体からのご案内をお送りする場合にのみ使用いたします。 東洋経済新報社のプライバシーポリシーはこちらよりご確認ください。

▽その他注意事項
・当講座の資料および配信映像の著作権は、当社または第三者が保有しております。録画・録音・撮影等の複製ならびに改変・配布・配信等の2次利用はお断りいたします。不正にご利用の際は法的措置を取らせていただく場合がございます。
・競合サービスをご提供されている方、学習目的以外と思われる方につきましては、ご受講をお断りさせていただくことがございます。また、反社会的勢力に関係する方のご受講は一切お断りいたします。

財務分析が可能なおすすめ会計ソフト8選【2022年最新版】

「収益性分析」や「安全性分析」「成長性分析」「生産性分析」など、会社を経営していくうえで非常に重要となってくるのが財務分析。同業他社との経営状況を比較する、自社の現段階における強みを把握するなど、財務分析によってもたらされる効果はさまざまです。また、どのようなデータを求めるのかによって、分析方法も異なっていきます。 しかし、分析と聞くとどうしても難しそうに感じてしまうのも事実でしょう。ツールで気軽に管理したいと思う方も多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、発注業者比較サービス「アイミツSaaS」が、財務分析も気軽にできる会計ソフト7選をご紹介していきます。少しでも気になるものがあれば、ぜひアイミツSaaSへお問い合わせください。

1.財務分析とは

収益性分析

収益性分析とは、企業がどれほど利益をあげているのかを把握する分析手法です。 いくら利益が出たのかという数字ではなく、比率を確認することができます。

安全性分析

企業にどれほど支払える余裕があるのか、つまりはその 企業がどれだけ経営状況が安定しているのかを把握するための分析手法が、安全性分析です。

主に指標として流動比率(その企業が1年間で得られる現預金額を、1年間で支払う必要のある現預金額で割って100をかけたもの)と、自己資本比率(総資本における自己資本の割合を求めた数値)が用いられることが多く、財務的にどれほど安全性が高いのかを把握できます。

生産性分析

生産性分析とは、企業のもつ経営資源を無駄なく活用できているのかどうか、さらにはきちんと売上に貢献できているのかどうかをチェックする分析手法です。 経営資源とは、その企業で働く従業員たちや設備などを指します。

成長性分析

成長性分析とは、その名の通り 企業がこれまでどのように成長してきたのかを把握すると同時に、今後どのように成長していくのか、どれほどの可能性を持つのかをチェックする分析手法です。

過去数年間のデータを引っ張り、売上高の伸びを確認する増収率と、経営利益の伸びを確認する増益率をもとに、その企業の成長性を把握します。もちろん、増収率・増益率が伸びていれば、企業は成長していることとなります。

2.財務分析できる会計ソフトの選び方

自社の課題に合っているか

財務分析を行える会計ソフトを選ぶ際は、 自社の課題に合っているのか、自社の課題解決につながるかどうかが重要です。

誰が管理するのか

財務分析を行える会計ソフトを選ぶ際には、 前もってどの部門(どんな人)に管理させるのかを整理しておきましょう。

ソフトの対応規模

財務分析を行える会計ソフトを選ぶ際には、 きちんと対応規模を確認しておきましょう。

「費用が安いから」「導入実績が多いから」といった理由で安易に会計ソフトを選ぶのではなく、対応規模にズレがないか必ず確認するべきです。

3.財務分析におすすめの会計ソフト3選

クラウド会計freee

クラウド会計freeeは、東京都品川区にオフィスを構えるfreeeが提供している会計ソフトです。 クラウド会計ソフトの中でもシェアNo.1(2017年時点、BCN調べ)を誇り、数多くの企業や個人事業主に利用されています。
大きな特徴としてあげられるのが、単に会計を行うだけのソフトではないという点。会計業務以外にも、経費精算や債務・債権の管理、請求書管理などもカバーしています。加えて、摘要タグ機能を利用すれば会社のお金の流れも簡単に把握可能。売掛金や買掛金のレポートも出力できるほか、損益計算書・貸借対照表の試算表も自動で出力されるなど、企業の財務分析に役立つ機能も満載です。
もっともユーザーに選ばれているベーシックプランは、月額あたり3,980円(税抜)から。電話サポートもついているため、はじめて会計ソフトを利用する方でも安心して導入できるでしょう。

  • 電話サポート
  • メールサポート
  • チャットサポート
  • 電子帳簿保存法対応
  • Mac対応
  • 勘定科目のCSVインポート機能
  • AIによる勘定科目の提案機能
  • 取引先のCSVインポート機能
  • 取引明細の自動取込機能
  • 仕訳帳の作成機能

SuperStream-NX

SuperStream(スーパーストリーム)-NXは、東京都品川区のスーパーストリームが提供しているバックオフィスソリューションです。 会計・人事分野に特化し、市場の声に耳を傾け続けること25年以上。これまでに9,000社以上もの企業に導入されてきた実績を誇ります。
経理・会計部門においては「同業他社に遅れることのないよう、決算を早期化したい」「日常的な会計業務を効率化させたい」などといった要望に応えた機能を搭載。セグメントごとの収支情報の管理や予算管理、分析データの抽出のほか、経営ダッシュボートによる分析結果の可視化などが行えるため、財務分析を会計処理にあわせて行えるのも心強いポイントでしょう。
そのほかそのほか人事、経営企画、情報システムなど、さまざまな部門の業務もカバーすることが可能。多言語・多通貨に対応しているため、グローバル企業にもおすすめです。

  • メールサポート
  • 電子帳簿保存法対応
  • 取引明細の自動取込機能
  • 総勘定元帳の作成機能
  • 決算書の作成機能
  • 固定資産台帳の作成機能
  • 勘定科目の設定
  • 取引先など補助科目の登録機能
  • クラウド
  • モバイルブラウザ

出典:ソリマチ株式会社 https://www.sorimachi.co.jp/products_gyou/acc/

会計王は、東京都品川区に本社を構え、パッケージソフトの開発・販売やシステム開発の受託、ホームページの制作などを行なっている会社、ソリマチが提供している会計ソフトです。株式会社プラグによる2020年8月の調査によると、顧客満足度はNo.1。 誰でも使いやすいだけでなく機能が充実しており、サポート体制も万全であることから、多くの企業から信頼を寄せられています。
月別残高or累計金額を把握できる月次残高推移表や、連続5期経営分析、経営においての改善点を把握できる貸借損益構成図などの機能が搭載されているため、財務分析も行える会計ソフトをお探しの場合にもぴったり。他社製品からデータを取り込むことも可能で、ソフトの乗り換えも安心です。もちろん専属オペレーターによる運用サポート、FAQをまとめたサポートサイトなども用意されています。

財務分析
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都品川区東五反田3-18-6 ソリマチ第8ビル
電話番号 03-5475-5301

4.財務分析・経営分析に特化したソフト4選

NetSuite

NetSuiteは、アメリカに本社、フランスやイギリス、スペイン、インド、フィリピン、そして日本(※)など世界各国にオフィスを構える会社、NetSuiteが提供しているクラウドERPソリューションです。 財務会計機能のみならず、顧客管理やeコマースなどの機能をまとめて1つにした業務ソフトウェアとして人気で、世界各国で2万2,000社以上に利用されています。
財務会計管理をはじめ、受注管理や生産管理、サプライチェーン管理、フルフィルメント、プロキュアメントなどの機能を網羅しているため、財務管理から請求管理にいたるまでを一貫でカバーすることが可能です。
リアルタイムに財務分析を行えるのみならず、より詳細な業績インサイトも随時チェックできます。統計データや運営データもあわせて取得できるため、財務に関連する数字と経営状況をまとめて追えるのは心強いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる