外国為替取引を学ぶ

RSIをあなたのチャートに追加する方法

RSIをあなたのチャートに追加する方法
© Reuters.

RSIをあなたのチャートに追加する方法

マーケットサマリー

エディターズ・ピック

SPX500USD: チャートに”N”を探せ

今回の投稿では相場の動きの特徴であるN波動に焦点を当ててみたいと思います。 相場の動きはすべてN字と逆N字に分解することができます。 この視点を持つことで、複雑に見える相場の動きにも一定の秩序を見出すことができ、また波の伸びきった先でポジションを持ってしまうといったビギナーがやりがちなミスもなくすことができます。 一口にNといってもNには様々な形があるため、図解で紹介していきたいと思います。 .

USDJPY: 【自分メモ】2022/6/6~ドル円

①環境認識 日足→上目線 4時間足→上目線。三角持ち合いを上抜け 1時間足→上目線 ②まとめ 各時間足は上目線。なんだかんだドル高円安トレンド継続 調整下落したところをロングしたいが、入りやすそうな押し目を 作らずに上昇しそう。。。 ※表示インジゲーター 20EMA→オレンジ色 75EMA→青色 200EMA→紫色 デイリーピボット→白色 ウィークリーピボット→緑色 ※ライン設定色 週足→緑色 日足→白色 4時間足→黄色 ※トレードマイルール ・チャートを21時~0時までしか見ることができないため、その時間内で エントリー~決済までする。 ・4時間足・1時間足の目線が一致するときにエントリー

VVIX/VIX: VVIX/VIXは緩やかに反転を示唆

こんにちは 主に日経平均を見ているので5月はレンジの動きが多く本当にやりにくい月でしたね。6月に入って日経平均はレンジ上限をブレイクして上昇してきました。そろそろ買われすぎのシグナルも点灯はし始めているのですが、牽引役となる米国株のさらに先行指標のVVIX/VIX(恐怖指数変動率/恐怖指数)を見て先手の先手をとる戦略でいきたいと思います。 前置きは長くなりましたが 長期のMACDで見ても前回のアイデアにあるように直近の底値圏3前後、数値的にはコロナショック時の数値2.1よりも若干上のレベルにあります。 .

USDJPY: 【USDJPY】日足と1h足から戦略を考える

日足は131円台の高値をつけてから押しが入り、数日前からまた上昇を始めています。 一方、1時間足ですが、上昇トレンド途中の三角保合いを上抜けしました。 では1h足で狙うのにどこがターゲットになるのか?を考えてみました。 まずは直近高値の131.350円です。 ここも上抜けしていくと、目先の目標と考えられるのが一目均衡表のV計算値です。 具体的には 押しの分だけ高値に足し合わせた値を目標値にする考えです。 ここでV計算値を考えると押しは約5円なので、131.350円+5円=136.350円が一先ずの目安となり得るかなと思います。 目安の目標値についてはいろいろな考え方がありますので、自分にフィットした利食い幅を見つけるのも大事だと感じます。 それでは本日は以上です。 ご覧頂きありがとうございました!

FXアイデア

USDCHF: #すばるライン

◆USD/CHF◆ ◆トレード手法紹介◆ 👉分析 :テクニカル分析のみ 👉使用時間軸 :4時間足,日足 👉トレードスタイル :スイングトレード 👉注文方法 :アラーム⇨成行注文 👉決済方法 :OCO方式 👉利確to損切回数.

AUDJPY: 超シンプルなチャートで分析・トレード!!三角レンジ抜けて大きく上昇!日足上昇トレンド復活!

前回の投稿の通り、三角レンジをブレイクで買い。 目標の93円〜94円をクリア! 95円にも到達しました(^_^) 順調です! 次の目標は4/20高値付近になります。 トレールでついていきます。 ご参考 前回投稿

AUDJPY: オージー円 50bp大幅利上げで上昇 レジスタンスを抜けるか?

チャートは日足です。 オレンジのフィボナッチ、96円付近のレジスタンスが意識されている展開で、 先ほどオーストラリア中銀の予想以上の利上げが発表され大きく上昇しましたが、レジスタンスを抜けきれず戻ってきています。 今週に入ってからドル円をはじめとしたクロス円が大きく上昇し、オージー円も上昇してきている中での今回の上昇でした。 ドル円が現在少し調整をしており、一旦はオージーも調整が入ると思いますが、また同じ96円付近のレジスタンスは目指してくるのかなと思います。 そこを突破するのかどうかは分かりませんが、今週のドル円(円安)の勢い次第では突破も全然あり得ると思います。 96円付近のレジスタンスを越えれば97、98円が見えてきますので、そこは積極的にエントリーしていきたいです。

USDJPY: 【USDJPY】日足と1h足から戦略を考える

日足は131円台の高値をつけてから押しが入り、数日前からまた上昇を始めています。 一方、1時間足ですが、上昇トレンド途中の三角保合いを上抜けしました。 では1h足で狙うのにどこがターゲットになるのか?を考えてみました。 まずは直近高値の131.350円です。 ここも上抜けしていくと、目先の目標と考えられるのが一目均衡表のV計算値です。 具体的には 押しの分だけ高値に足し合わせた値を目標値にする考えです。 ここでV計算値を考えると押しは約5円なので、131.350円+5円=136.350円が一先ずの目安となり得るかなと思います。 目安の目標値についてはいろいろな考え方がありますので、自分にフィットした利食い幅を見つけるのも大事だと感じます。 それでは本日は以上です。 ご覧頂きありがとうございました!

暗号資産アイデア

BTCUSD: 同じルーチンが主力によって2回破壊されましたか?

渋滞エリア→上→下→渋滞エリア→上→下 同じように、同じ価格で、同じ時間 去年のこの時を覚えています スーパートレンドチャネルとベガスチャネルを中小規模の「cyning signal」と組み合わせる 2か月間の機械的操作 楽しんでください! 考えるべきことは次のとおりです。 前回、この状況はついに上昇することを選択しました 歴史は繰り返されますか? トレンドトレーダーの場合は、範囲外になるまで待ちます あなたが短期トレーダーの場合 だから今があなたの楽園です 未来はどこへ行くのか、なぜわざわざ〜

BTCUSD: BTC/USD 週足は9連続陰線でSTOP 巻き返しはあるか!?

ビットコインは週足9連続陰線に終止符を打ち陽線を引いた、一旦の短期底打ち期待で上を見ていく展開となりそうか 32000$前後までをしばらくもみ合いで耐える展開となれば、36000$後半くらいまでは上を見てみたい ただし、32000$をサポートにできるほどスルスルと上げれるかは懐疑的なので、売りを狙いながら、もう少し足場を固めていきたいという感じはある 中長期トレンドでの底打ちにはまだまだ疑問が残り、しばらくは32000$前後を上限に見つつ、そのあたりをしっかりと抜けて背にしてからのロングでも遅くないような気はする

BTCUSD: 波動分析 〜想定E,Fの確認2〜

こんにちは。たわみこです。 まずは前回の投稿からどうなったか確認しましょう。 前提としてインパルスとしてカウントできる際はインパルスのカウントを最優先にします。 今回の下落波の場合はインパルス、ダブルジグザグとしてカウントが可能でしたね(前回投稿に詳細カウントあります) この投稿ではインパルスのカウントのみですがまだダブルジグザグも有効ですので考慮しておきましょう。 前回投稿にあったオレンジラインは超えていませんので想定E,F共に破綻しておりません。 この位置でヨコヨコしている状況であれば表題の作図のようにダブルスリーなどで4波が完成して5波に続くような想定E(インパルス)が考えられますね。 作図の理由も表記しましたので、ご確認を🧐 ブルーラインを超えるかが目安ですが、オレンジラインを越えるかで想定が絞れますね。これらを.

BTCUSD: ビットコインが想定できる最悪のパターンも上げておきます→20000㌦前後がターゲット

ビットコイン 想定できる最悪のパターンも上げておきます やはり思い出すのは2018年 この相場は粘らないに限る。昨日のロングポイントから既に4000ドル上げている。部分利確でも、守備固めでも出来ることは忘れずにきちっとすべきだ #BTC #Bitcoin

株式アイデア

4385: トレンド転換を見抜け ~チャートの注目ポイント~

(4385)メルカリ 日足チャート」 このチャートは今、物凄く分かりやすい下降トレンドとなっています。 移動平均線大循環分析で見ると、第4ステージを継続しています。 一時的に第5ステージになるものの、直ぐに第4ステージに逆行する動きになっています。 いわゆる、ステージの「4→5→4の戻り売り」パターンとなっています。 このような分かり易い下降トレンドは、売りでしっかりと獲りたいところです。 ただ、ポイントとしては、そのトレンド転換するところをいち早く察知することができれば、早く仕掛けることができます。 では、トレンド転換を察知するにはどうすれば良いのでしょう。 それは、常にトレンドラインを引く習慣を持つということです。 ラインを引くことで、トレンドの変化をいち早く察知することができます。 ここでは、ステー.

4661: 【4661】オリエンタルランド ついてる仙人の49なるchart(よくなるチャート)

2日から7日の短期のシナリオを考えています。 週足のトレンドを見てみましょう。 高値 20095-24850 切り上げ 安値 14855-17260 切り上げ 高値切り上げ安値切り上げの上昇トレンド。 株価はすべての移動平均線の上から下落して19MA割れとなっています。 上昇トレンドの下落波動で調整の動きです。 調整の動きなのですが、ちょっと今週の陰線は大きいですね。 19MAで止まることなく大きく下落してきています。 上昇トレンドなのですが、ちょっと嫌なチャートになってきています。 日足のトレンドも見てみましょう。 高値 22885-24850 切り上げ 安値 20225-19510(未確定)切り下げ 高値切り上げ安値切り下げのトレンドレス。 株価は249MA以外の.

指数アイデア

NI225: 年初来は相対的に日本市場有利

年初来の各市場の動きをみると 日経平均は各市場と比べると それほど悪くない 日本頑張ってる! ただ、マザーズ指数はかなり悪いので 日本市場は銘柄選択次第で パフォーマンスに大きな違いがでてしまう。

SPX500USD: SP500 75日線を試す動きになるか、再下落になるか

SP500の動きを見ていきます。 左が週足、右が日足です。 前回5/28に書いていたのは、 RSIをあなたのチャートに追加する方法 ---抜粋ここから----------------------------------------------- 今週は 反発の動きがどこまで続くか、 まずは、75日線がある4300辺り。 4636を超えてくるというのはまだ遠く 今の戻しが止められてもう一度下を試す動きになることになるとは思いますが どこまで戻せるのかを見ていきます。 ---抜粋ここまで----------------------------------------------- 今週は小動きで、やや下げる動きとなりました。 先週上げて週足陽線になっているので、今週の陰線はあまり影響はありません。 ただし、日足のストキャが買.

SPX: 米国株の大暴落がバブルの崩壊なのかどうか

年初来から始まる米国株の大暴落がバブルの崩壊なのかどうかを種々の背景をもとに考えてみた。(2022年5月29日現在) 結論としては残念ながらバブルの崩壊であり、その低迷は長期化するいう予想になった。 分析の観点は以下の3点。 ①金利の影響 ②国力の影響 ■金利の影響 一番上の図はSP500を世界恐慌が起こった1930年ごろまでさかのぼったものを対数表示したものである。 チャネルの直線性が分かりやすくなるようフィボナッチチャネルを重ねてある。 その中に株価に影響を与えた各時々の出来事を記してある。 続いて2段目グラフは政策金利、米国10年債利回り、インフレ率を示し、 それらから名目金利からインフレ率を引いた実質金利(もどき)を算出したものが3段目の図である。 これらのグラフから分かることは、まずインフレを抑えるために始め.RSIをあなたのチャートに追加する方法

VIX: 【ダウ先物】VIXから予測するダウの未来

先物アイデア

NK2251!: 日経225先物 6/7(火)日中 デイトレ シナリオ

現状は上昇トレンドの60分足の調整中 この状況を基に A:28,120より上:上昇トレンドの60分足が上昇トレンド継続と考えて、上値は追わずに5分足のあや押しからの買い場探し B:28,120~27,700:上昇トレンドの60分足の調整中と考えて支持帯からの上昇で買い場探し C:27,700より下:上昇トレンドの60分足が75MA下になり、トレンドレスと考えて様子見

NK2251!: 日経225先物 6/6~金曜ザラ場中にショート!粘っていくか。

ショート戦略継続のままチャネルトップに到達したので27750円にて売り。 ザラバ直後から27800円の板にたくさんいたので800円ショートも検討したが、かからないこともよくあるので素直にチャネルトップで売り。 TL3を勢いよく抜けるなら抜け戻りで追加売り。

NK2251!: 日経225先物 上昇一服となるか

日経225先物の動きを見ていきます。 左が4時間、右が日足です。 現在のトレンド判断は ■日足トレンド判断 ピークとボトム:高値切り上げ、安値切り下げ →トレンドレス 移動平均線:75本線より上 →上昇トレンド ■4時間トレンド判断 ピークとボトム:高値切り上げ、安値切り上げ →上昇トレンド 移動平均線:75本線より上 →上昇トレンド 日足 27760円を超えて27800円まで。 高値は切り上げましたが、まだ高値切り上げ幅はごく小さく ここで一服となる可能性があります。 4時間足 4時間足は、強い動きのチャートで 上昇トレンドがはっきりしています。 先週から上昇してきましたが 高値切り上げで一旦目標達成で調整になる可能性があります。 調整になった場合でも、あ.

YM1!: 【NYダウ】Y波動を形成中

嗚呼、歴史的な2022年6月の雇用統計まであと3時間ですね。 正直興奮していますし、こんな時にトレードできることに感謝までしています。 今のような狂った相場は「傍観」が最も正しい選択なのでしょうが、チャートを見ているとY波動ができているように見えるので、ちょっとNYダウショートを積み増してみます。 あとNY銅ショートも少々。 21時半前にはこの追加のポジションは手仕舞って、1%だけダウショートした状態で運命の21時半を待ちたいと思います。

教育アイデア

BTCUSD: 次のバブルでしっかりと資産を伸ばすためにも暗号通貨に興味を失わない事が大事だと思います

ビットコイン週足の傾向 ①バブルは週足HHの高値ブレイクからバブルが始まる傾向があります ②調整はカーブをゆっくりと弧を描きながら長い時間をかける傾向があります ③次のバブルまで興味を失わない事が大事だと思います。 調整期間は難易度が高く、 RSIをあなたのチャートに追加する方法 この期間に退場しない事が最も優先され、 尚且つ次のバブルで資産を伸ばすためにも興味を失わない事が最優先されると思います。 結局最後は暗号通貨に本質的に興味があるかどうか、これで資産を伸ばせる確率が変わるかと思います

BTCUSD: ビットコインは底打ちしたのか?【ビットコイン】

(BTCUSD)ドル建てビットコイン 日足 上昇のN波動が出てきたビットコイン 底打ちしたのか? 注目ポイントは? 今回の学びは「Y波動」です。 どういう状況なのかを学んでいきましょう。

USDJPY: 【FXドル円】実はドルは上がり続けている?!

スピード調整に入ったドル円。 昨日の下落は急速な円高によるもの。 下落の目安はいくらか。なぜドル円は落ちたのか。 初心者にも分かりやすく解説しました。 #FX初心者

QQQ: 弱気相場について覚えておくべき4つのこと

みなさん、こんにちは!👋 ふぅ、なんという激動の5ヶ月だったでしょうか。あらゆる資産が煙の中に巻きこまれて、あちこちに巨大な月足のローソク足が出現しました。暗号資産のトレーダーにとっては、ビットコイン、イーサリアムをはじめとしたいくつかの暗号資産が半分またはそれ以上に下落してしまいました。S&P500は高値から13~14%の下落にとどまっていますが、この2年間のほぼすべての銘柄での大規模な強気相場は終焉し、現在は正式に弱気相場に入ったと言えるでしょう。 今回の弱気相場は、私たちのコミュニティにいる多くの人にとって初めての経験かもしれません。そこで弱気相場について覚えておくべき重要な事柄をまとめたガイドを作成し、この新しい相場状況を切り抜ける指針として役立てようと考えました。 では、さっそく本題に入りましょう! 1.

インジケーター&ストラテジー

BTCUSD: Everything Bitcoin [Kioseff Trading]

Hello! This script RSIをあなたのチャートに追加する方法 retrieves most of the available Bitcoin data published by Quandl; the script utilizes the new request.security_lower_tf() function. Included statistics, True price Volume Difficulty My Wallet # Of Users Average Block Size api.blockchain size Median Transaction Confirmation Time Miners' RSIをあなたのチャートに追加する方法 Revenue Hash Rate Cost Per Transaction Cost.

AAPL: Liquidity Heatmap LTF [LUX]

This RSIをあなたのチャートに追加する方法 indicator displays column heatmaps highlighting candle bodies with the highest associated volume from a lower user RSIをあなたのチャートに追加する方法 selected timeframe. Settings LTF Timeframe: Lower timeframe used to retrieve the closing/opening price and volume data. Must be lower than the current chart timeframe. Other settings control the style of the displayed graphical.

NAS100USD: TASC 2022.6 Ehlers' Loops - Sectors

Inspired by the latest TASC article, the crocker graph is expanded to show 5 tickers. for commodity also draws a side box with current tickers candles so it can be used as standalone.

BTCUSDT: Wolfe Scanner (Multi - zigzag) [HeWhoMustNotBeNamed]

Before getting into the script, I would like to explain bit of history around this project. Wolfe was in the back of my mind for some time and RSIをあなたのチャートに追加する方法 I had several attempts so far. 🎯Initial Attempt When I first developed harmonic patterns, I got many requests from users to develop script to automatically detect Wolfe formation. I thought it would be easy and started.

200日間のSMAの下で金を脅かす

毎週の価格は抵抗をスキャンしますが、毎日の時間枠での価格アクションは先週のサポートから$1.0638でリバウンドしました。 オーバーヘッド、1.0340ドルの安値から引き出された毎日の上昇するサポートからの抵抗が見られます。 そのため、技術者は、売り手が印象を与える前に、上昇ラインをテストするために短期間の「ポップ」が高くなる可能性を排除することはできません。 日足チャートの相対力指数(RSI)から、50.00の中心線(正の勢い)からのサポートを引き続き表示します。

そうは言っても、H1 Quasimodoサポートからの入札を誘うために、1.07ドルまでの別のホイップソーがまだメニューにある可能性があります。 一方、前述のH1レベルを掘り下げると、弱気シナリオへの扉が開かれ(週次構造に沿って)、H4の供給から1.0632ドルの需要、H1のカジモドの抵抗から1.0631ドルのサポートが目標になります。

AUD / RSIをあなたのチャートに追加する方法 USDテクニカル分析:

1月28日の週安値0.6968ドルを突破した安値に続き、オーストラリアドルは先週の米ドルに対して3週連続の上昇を記録しました。 延長されたプルバックがテーブルにありますが、これは2011年8月以降の明確な下降トレンド(月次スケールを確認)と2021年2月初旬の週次フロートッピングを遵守して売り手市場のままです。週次サポート構造は0.6632ドルから0.6764ドルの間のままです。 100%フィボナッチ予測、価格サポート、および50%リトレースメント。

毎日の時間枠での価格行動を詳しく読むと、買い手と売り手は、200日間の単純移動平均である0.7256ドル前後のポジションを争っています。 金曜日には売り手が優位に立ったが、0.7364ドルから​​0.7322ドルの間のフィボナッチの抵抗は検討に値する。 毎日の技術的展望に加えて、相対力指数(RSI)は、50.00の中心線(正の勢い)の北に位置を固定し、技術的なヘッドライトを74.80のインジケーター抵抗(買われすぎの領域内にある)に向けます。

H4の時間枠で書いているように、$ 0.7147-0.7204からの需要がH4でアクティブであり、H4チャネルのサポートが加わり、$0.6829の安値から取得されます。 このエリアが割譲された場合、これはより高い時間枠で見える弱気なポジションに重みを追加します。

USD / JPYテクニカル分析:

月曜日の米ドル/円は上昇し、0.7%上昇し、数年にわたる最高値を更新しました。 2021年以降の主要な強気トレンドに支えられたさらなる買いは、135.16円を公開します:28 th 週足チャートの1月高値(2002年)。 週単位の時間枠のマイナス面として、125.54円のサポートも注目に値します。

月曜日の旺盛な需要により、131.93円から131.10円の供給が毎日の時間枠で攻撃されています。 このエリアを包み込むことは、週単位でペアの強気な雰囲気を強化し、毎日のカジモド抵抗のカーテンを133.45円で開きます。 日足チャートの相対力指数(RSI)から、40.00-50.00サポート(2021年5月以降の「一時的な」売られ過ぎゾーンを表すエリア)からの強いリバウンドに続いて、指標は買われ過ぎスペースの範囲内にあることがわかります。 結果として、インジケーターの抵抗は、買われ過ぎのスペース内に固定された87.52のレーダーにある可能性があります。

H4カジモドの抵抗に転じた130.58円のサポートは、月曜日に売り手を抑えるのに良い仕事をしました。 その後のアクションは、131.25円からの別のカジモドの抵抗を上回り、市場参加者に再テストするかどうかを検討するための別のサポートを提供しました。これは、上半期の時間枠でも取り上げられています。 H1チャートでは、H4チャネルの抵抗とともに、高値の130.13円から、132円が考慮されます。

毎週の時間枠がより高い価格を目撃し、H4 / H1の時間枠がより高くなる準備ができているのを見て、購入の別の波が展開し、131.93円から131.10円で毎日供給される可能性があります。 ただし、追加のアップサイドが実現する前に、H4で131.25円の再テストを行うことで、ディップバイヤー向けのプラットフォームを開発して提供できる可能性があります。

GBP / USDテクニカル分析:

英国のボリス・ジョンソン首相の不信任決議にもかかわらず、月曜日にスターリングは米国の対応者に対して入札された。 しかし、GBP / USDの全体像はネガティブなままであり、2021年初頭以来、筋肉質の主要な下降トレンドに定着しています。 -抵抗を1.2762ドルから変更しました。

いくつかの技術的抵抗で構成された1.2686ドルから1.2614ドルの間のH4抵抗は、そのままです。 その結果、H4サポートは1.2375ドルで監視されます。 上半期の時間枠から、1.26ドルと1.25ドルが見えています。 $ 1.26を超えると、抵抗は$1.2627から$1.2609の間にあります。これは、価格が$1.26の北のホイップソーを歓迎すると思われる領域である可能性があります。

$ 1.25ポイント未満で、約$ 1.2475(黄色)をサポートします。 RSIをあなたのチャートに追加する方法 下流では、前述のサポートを超えて、売り手はH1で1.24ドルをターゲットにすることができます(便利なことに、1.2375ドルでH4サポートと緊密に連携します)。

BTC / USDテクニカル分析:

5月中旬以降のBTC/USDに対する多くの下振れの試み、および明確な主要なクマの傾向(2021年以降)にもかかわらず、毎日の時間枠でのサポートは28,849ドルで存続し続けています。 したがって、36,361ドルと34,RSIをあなたのチャートに追加する方法 048ドル(毎日)の抵抗は、価格を楽しませるために準備されています。 28,849ドルの休憩は、この市場のすべてのバイヤーにとって引き続き懸念事項であり、20,000ドルの近隣地域まで限られたサポートしか見られませんでした。

ゴールド(XAU / USD)テクニカル分析:

最近の執筆で指摘されているように、バイヤーは、毎日の調和のとれたガートレーパターンのPRZ(潜在的逆転ゾーン)から1,815ドルから1,843ドルの間の足がかりを見つけるのに苦労し続けています。 月曜日の1日のフローは、200日間の単純移動平均の1,841ドルの上限に達しました。 SMAを突破することは、XAU/USDのロングにとって懸念事項となる可能性があります。

主な傾向によると、私たちはクマ市場の初期段階にあります。 ただし、最終的には、日足チャートのガートレーパターンが維持され、購入を促す場合、これはさらなる入札を引き付ける可能性があります。 そのため、H1サポートは$1,828から$1,831の間で監視される可能性があります。

JPX金は上昇基調を強めそう RSIをあなたのチャートに追加する方法 サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

株式 2022年06月06日 17:45

JPX金は上昇基調を強めそう サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)

© Reuters.

皆さん、こんにちは。
フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。
今回は、金についてのレポートを紹介します。

続けて、『この日発表された5月米ISM製造業購買担当者景況指数(PMI)が56.1と、前月(55.4)から上昇し、市場予想(54.5)も上回った。
予想を上回る結果を受けて米長期金利は一時2.95%近辺に上昇。
外為市場ではドル高が進んだ。
どちらも金には押し下げ材料だが、金は下げ渋った』と解説しています。

東芝のブラック指名委員、綿引氏に反論 株主2人「能力で評価」

[東京 7日 RSIをあなたのチャートに追加する方法 ロイター] - 東芝の社外取締役で指名委員会委員のジェリー・ブラック氏は7日、取締役候補に選任された「物言う株主」幹部2人について「個人の能力で評価された」と述べ、.

米ターゲット、利益率予想引き下げ 物価高で消費収縮

[7日 ロイター] - 米小売大手ターゲットは7日、数週間前に示した四半期利益率見通しを下方修正した。インフレで個人消費が落ち込む中、より大幅な割り引きや必需品の在庫拡充が必要に.

ユーロネクスト、テック・成長企業支援で新セグメント 新指数も

[ロンドン RSIをあなたのチャートに追加する方法 7日 ロイター] - 欧州の取引所大手ユーロネクストは7日、域内のテック企業やグロース(成長)企業を支援するため新たなセグメントを立ち上げた。 新セグメントはASML.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価27,943.95+28.06+0.10%
日経225先物 (F)27,940.0+30.0+0.11%
韓国総合株価指数2,626.RSIをあなたのチャートに追加する方法 34-44.31-1.66%
NYダウ32,696.91-218.87-0.66%
独DAX14,480.57-173.24-1.18%
S&P/ASX 2007,095.70-110.60-1.53%
米ドル指数102.610+0.163+0.16%
1,853.00+9.30+0.50%
原油 WTI119.77+1.27+1.07%
22.098+0.006+0.03%
米国綿花2番136.25-1.49-1.08%
排出権82.13+0.70+0.86%
米国シカゴコーン748.RSIをあなたのチャートに追加する方法 60+6.60+0.89%
米国コーヒー233.35-4.20-1.77%
ドル/円132.65+0.77+0.59%
ドル/ウォン1,256.16+1.36+0.11%
ユーロ/ドル1.0680-0.0014-0.14%
ユーロ/円141.65+0.63+0.45%
トルコリラ/円7.9253-0.0211-0.27%
豪ドル/円95.31+0.47+0.50%
ポンド/円166.09+0.86+0.52%
大塚ホールディングス4,354.0-11.0-0.25%
ソフトバンクグループ5,430.0+39.0+0.72%
トヨタ自動車2,190.5+27.5+1.27%
三菱UFJフィナンシャル・グループ749.4+10.6+1.43%
ブイ・テクノロジー3,015.0-20.0-0.66%
東芝5,705.0-37.0-0.64%
みずほフィナンシャルグループ1,545.5+14.5+0.95%

本日の株式市場:ダウは消費関連株の好調により上昇した一方、ハイテク株は下落

ロシア「マリウポリ港の穀物輸出準備整う」、周辺の地雷撤去要求

消費者信用残高、Smuckerの決算発表、イエレン財務長官の証言:注目すべき3点

米ターゲット、利益率予想引き下げ 物価高で消費収縮

日銀総裁、値上げ許容度発言で謝罪 「誤解を招き申し訳ない」

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる