口コミ

最適な販売価格の決め方

最適な販売価格の決め方
同じくらいのサイズや作風のものはいくらくらいで売られているのか?を調査してみましょう。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

ジュエリーの粗利設定について教えてください。ジュエリーを作っています。 人伝でジュエリーがコンスタントに売れているので、 本業化していきたいと思っています。 しかしこれまで趣味で作っていただけで、 ジュエリー業界で働いた事は無いので、業界の定石など、全然知識がありません。 たまたま親戚にジュエリーの卸屋さんをしていた人がいたので、その人に「ジュエリーは一個の粗利、どのくらいにするのが相場ですか?」 と質問したのですが、 「好きに値付けしたらいいですよ」と、望んでいない答えが返ってきました。 まぁ、でも、それもそうかとは思いますが、 やっぱり、どの業界にもある程度の相場はあると思います。 ちなみに今は、 8万円で作ったものを、13万円くらいで売っています。粗利5万円て取りすぎ?? 宜しくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

ジュエリー類は原価がとても算出出来づらい商品です。例えばダイヤモンドや金などももともとは製造しているわけではなく、地球の鉱物のひとつですから価格なんてありません。それを採掘コストや希少性、流通性や需要を見極めて料金の設定をしていきます。 例えばブランドなどは広告宣伝費がコストの大部分を占め、さらに希少性を高めるために逆に高くなければ売れないなどの現象も起こります。 純粋に原材料の原価が商品コストとはなりません。 貴殿はジュエリーを制作しているとありますが、そのコストは材料費の他にデザインを考える時間、制作にかかる時間、さらに売れるまでに要する時間なども全て含んで考えなくてはなりません。またそのジュエリーの供給と需要のバランスも考えなくてはなりません。 ですので、一概には何割儲けるのが妥当であるかは言えないのです。例えば貴殿がジュエリーを卸店から仕入れで店で販売するにしても、販売店の家賃や人件費や宣伝広告費の掛け方によって追求する利益は異なってきます。ましてやご自身で制作するジュエリーの価格の決め方は貴殿にしか決められないのです。だから、お知り合いの方が好きな値段で売っても良いと言ったのだと思います。 私が経験上思うことは、もし宝石店を本業として今後されていくのであれば、販売価格は『売れ事のできる最高値』で販売するべきであると思います。一ヶ月にいくつ制作出来るのか私には不明ですが、ジュエリーで絶対に避けなければならない事は薄利多売方式です。薄利ではやっていけません。中には数年間も売れない商品も出てくる想定で価格を設定するべきです。一般ユーザーがジュエリーを買う場合、かかったコストなんかは考慮しません。その商品が気にいるかどうか、価格が予算以内であるかどうかのみです。貴殿のコストなんかは誰にも計算が出来ません。ですので良い商品を作れば、売り先が有れば問題はありません。早い話、売れる環境を持っている事が大事なのです。 以下、一般論となりますが街の宝石店やデパートなどで売値は仕入れ値の約3〜4倍。ブランドで20倍以上です。そうでないと在庫や店を維持出来ないし、宣伝費も出ません。 貴殿の場合、個人店のようですので店の維持費は今のところあまり掛からないようですが、それでも今後の製作費や宣伝などの販売経費を考えるなら最低でも2〜3倍の価格で売っていかなければ.長期間商売を維持していくのは難しいであろうと思います。

その他の回答

>8万円で作ったものを、13万円くらい. 個人で制作して販売するなら、ちょうど良いくらいの価格設定じゃないでしょうか。たとえば制作工房直でショップに商品を卸した 最適な販売価格の決め方 場合は、ショップの販売価格は工房からの卸価格の2倍になります。もちろん利益率はショップそれぞれですから色々ありますが、平均的にはそれくらいです。 ただ問題は「8万円で作ったもの」に工賃が含まれているか、ですよね。原材料費だけで8万円かかるものを13万円で販売していたら、どれくらいの手間が掛かるか知りませんが、ほとんど利益は出ないんじゃないかと思います。自分がそれでもいいと考えるならそれで良いのですが、これからの展開でもし他のショップなどが商品を卸して欲しいと言われた場合、販売価格が13万円では卸価格は6万5,000円です。

宝飾業界で働いています。 メーカー品の場合、下代が2万なら上代は25万〜という感じの値段設定であり、まさに「好きに値付けしたらいいですよ」です。 適当にあしらわれた訳ではなく、本当にそうなのです。 別に下代で8万なら、クォリティーによっては20万以上でも全く問題ないと思いますけど。 もっと高くても売れるならokです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる