初心者にもおすすめ

オルタナティブ資産の運用とは

オルタナティブ資産の運用とは
Based on the strong belief that alternative investments will オルタナティブ資産の運用とは help contribute to the development of the asset management industry

不動産用語辞典

検索

頭文字から探す

カテゴリから探す

金銭を金融商品等に変換し、あるいは事業に充当して利益を得る行為。株式、債券、不動産などを取得して配当等を受け取る方法、それらを売買して差額を得る方法、事業に出資する方法などがある。 例えば、「株式投資」または「不動産投資」は株式または不動産を金銭運用の対象とする投資、「投資信託」は投資利益を証券化した金融商品で信託のしくみを使うもの、「投資ファンド」は共同で投資するために集めた資金のことである。 投資は、費用とリスクを伴う。不動産投資を例にすれば、取引に伴って税(取引の内容に応じて、不動産取得税、印紙税、譲渡所得税、固定資産税など)や手数料を負担する必要があるほか、不動産価格の変動などによって賃貸料の減少や売却損が生じる恐れがある。 なお、経済学でも「投資」という用語を使うが、その意味は、一般的な意味とはまったく違うので注意が必要である。経済学でいう「投資」は、「消費」と対比した用語で、一定期間における実物資産の増加分(使われないで次の期に積み上がる資産)をいう。この場合、「投資」は事後的に「貯蓄」と等しくなる。

不動産投資

資金を不動産(土地・建物)の購入・賃貸に充てて運用し、収益を得ることをいう。運用益は、不動産価格の上昇益(キャピタルゲイン)または賃貸料収入(インカムゲイン)として得ることになる。 不動産投資は、自らが不動産を購入・賃貸する方法によるほか、不動産投資信託(REIT)のように投資の判断・運用を専門家に委ねる方法もある。 専門家が投資を判断・運用する方法による場合には、投資家は、あたかも株式を売買するように、不動産を証券化した金融商品を売買するかたちで投資するのが一般的である。 投資は一般に、高利回りの投資は大きなリスクを伴い(ハイリスク・ハイリターン)、リスクが小さい投資は利回りが低い(ローリスク・ローリターン)とされている。

オルタナティブ資産運用規模は10兆米ドルを記録 - 英リサーチ会社Preqinよりグローバルレポートを発表


”The Home of Alternatives”をコンセプトに、オルタナティブ投資の包括的なデータを提供するPreqin合同会社(本社イギリス、以下プレキン)は、保有するデータを活用し、年間のグローバルトレンドやインサイトを各アセットクラス毎にまとめた報告書を毎年発行しています。
2019年度のオルタナティブ投資についての報告書「2020 Preqin Global Alternatives Report」を発表したことをお知らせします。

■報告書サマリー
オルタナティブ投資の運用資産残高(以下AUM)は2019年に10兆米ドルの基準を超え、2019年6月末時点で10.31兆米ドルに達しました。2019年上半期だけで7,000億米ドル以上増加しており、アセットクラスをまたいで成果を上げています。
ファンドマネージャーは、投資家からの大量の資本流入と長期にわたる高パフォーマンスの恩恵を受けておりましたが、これから先は工夫が必要になってくる見込みです。
過去5年の高い成長率等を踏まえると、今後の見通しについては、2023年半ばまでに14兆米ドルの資産に到達する見込みで、2018年発表の「Future of Alternatives」報告書でPreqinが示した予測より好スピードで成長しています。

■プレキン CEO Mark O'hare氏のコメント
「2019年のレポートでは、金融市場は資産のバリュエーション高騰と経済的・政治的不透明さとで分水嶺にあり、また投資リターンが厳しい時期になるだろうと述べましたが、今日でもその傾向は続いています。これまでオルタナティブ資産は投資家に良い成果を還元しておりますが、今後も同様の実績を届けるには、市場の様々な困難や機会に対して、適応と進化をし続ける必要があります。」


■統計データでみるオルタナティブ投資業界全体像


オルタナティブ投資のAUMは、2019年6月末で10.31兆米ドルに達しました。2018年末の9.56兆米ドル、2013年末の6.43兆米ドルと比べ増加しています。
2013年から2018年にかけて、平均年率8%で成長しました。このペースが継続されると、AUMは2018年にPreqinが行った予測より早く、2023年半ばまでに14兆ドルに達するでしょう。
長期にわたる堅実なリターンと資産の多様化が魅力的に映り、より多くの投資家がオルタナティブ投資に注目しております。2019年末時点で、Preqinは世界の機関投資家の約8割である12,000の機関投資家をカバレッジしています。
市場環境はより複雑になり、今後1年でさらに進化を求められそうです。ファンドマネージャーは、それに応じ適切なアプローチをする必要があります。


■統計データでみる各アセットクラス


ヘッジファンドは、2019年1月から11月にかけて投資家が総額820億米ドルを引き出し、マーケットの集約が進んでいます。
小売業などの従来の分野での活動が減少しているにもかかわらず、技術系セクターにおけるプライベートエクイティ活動が急上昇しています。
プライベートデットファンドは、より競争力のある融資環境を作り出すために、コベナンツ・ライトなどを採用しています。
インフラストラクチャーマネージャーは、リターンを維持するためにリスクリターン曲線上を動いています。
不動産ファンドは、eコマースへの動きとコワーキング文化の盛衰によって絶えず変化しています。


■会社概要
会社名 Preqin合同会社
住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7-2 東京サンケイビル27階

本記事の内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ([email protected])までご連絡ください。また、製品・サービスなどに関するお問い合わせに関しましては、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる