FXトレーダー

ストキャスティクスのゴールデンクロス

ストキャスティクスのゴールデンクロス
TradingViewの場合、まず画面上にある「インジケーター」をクリックし、「ストキャスティクス」と検索してストキャスティクスを選択しましょう。

日本株の先高示す指標続出-三役好転、W底、ゴールデンクロス

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の宮田直彦チーフ・テクニカ ルアナリストは、日経平均が75日移動平均線から約12%下方かい離する と底入れするパターンが、2009年以降続いていると指摘。直近では、6 月4日に12.8%までマイナスかい離が広がったが、その後日経平均は底 入れ、反発に向かった。上昇局面では過去4年程度でみると「日経平均 は75日線から10%程度上振れる傾向がある」と指摘。これを足元の75日 線から試算すると9600円強となる。

もっとも、日本株が一段の上値追いとなるためには、TOPIXで のWボトム形成など、超えなければならないハードルがまだ控えている との指摘もある。

大和証券の木野内栄治チーフテクニカルアナリストは、日本株が現 状水準から一段高となるには、「騰落レシオ(25日移動平均)がピーク アウトする可能性が高い今月29日ごろまでに、同レシオが140%台に到 達するとか、TOPIXが7月4日に付けた直近高値(781.94)を上抜 け、Wボトムのパターンが完成するといったチャートイベントを確認す る必要がある」と話す。

東証1部の上昇銘柄と下落銘柄の割合を示す騰落レシオは22日 に114%まで上昇し、7月11日(117%)以来の高水準を付けた。23日時 点では110%。同レシオは一般的に120%以上が短期過熱感を表す水準と される。

12年の日経ヴェリタスによる金融機関のアナリストランキングで ストキャスティクスのゴールデンクロス ストキャスティクスのゴールデンクロス 「市場分析アナリスト」部門の1位となった木野内氏によれば、本来的 に短期の逆張り系テクニカル指標である騰落レシオは、一方向に行き過 ぎると順張り指標に姿を変え、「140%台に乗せた場合には、そこから 1カ月くらい余韻が残り、株高は続くことが多い」という。

一方、三菱Uモルガン証の宮田氏は、目先のハードルは日経平均で フィボナッチ比率の61.8%戻りに当たる9500円辺りとみる。「61.8%戻 りまでの範ちゅうなら、リバウンドという見方もできないことはな ストキャスティクスのゴールデンクロス い。9500円を上回ってくれば、単なるリバウンドでなく、1万円を目指 した強い展開が期待できるようになる」と話している。

騰落レシオと同様、短期逆張り指標であるストキャスティクスは、 TOPIX、日経平均ともに90%前後まで上昇している。過去の高値と 安値から相場の状態を判断するストキャスティクスは70%以上で短期過 熱を示すとされることが多い。SMBC日興証券株式調査部の西広市部 長は、「高値警戒水域入りとして、より信頼度が高いのは80%超え」と 言い、現状の水準はそれを上回ることから、短期的には相場がいったん 調整することも視野に入れる必要があるとみている。

24日の東京株式相場は反落しており、午後1時50分時点の日経平均 は前日比119円22銭(1.3%)安の9058円90銭、TOPIXは同8.37ポイ ント(1.1%)安の756.22。米国で23日発表された先週の新規失業保険 申請件数が低調だったほか、ギリシャが債務削減の時間的猶予を得ると の楽観的な見方が後退したことも重し。証券や不動産、鉄鋼、電機など 景気敏感業種を中心に安い。

【仮想通貨(ビットコイン)FX】ストキャスティクスの使い方や設定方法、RSIとの違いを解説


本記事では、仮想通貨(ビットコイン)FXで利用できるテクニカル指標「ストキャスティクス」についてを解説していきます。

仮想通貨(ビットコイン)FXのチャート分析で用いられる「ストキャスティクス」とは?

ストキャスティクスは2本のラインが用いられ、「ゴールデンクロス・デッドクロス」を狙ったトレードに使われますが、比較的価格変動の激しい仮想通貨では特に使いやすい指標となっています。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの特徴

  • 相場の過熱感を把握する事ができる
  • レンジ相場でのトレードに役立つ
  • RSIと違って相場への感度が高い
  • 価格変動の激しい仮想通貨に適した分析手法

ストキャスティクスを活用すれば相場の過熱感を把握する事ができる

しかし、重要なのは相場の転換のタイミングを「感覚」で予想するのではなく、指標に基づいた「根拠」を持って予想することです。


上記のチャートのように、RSIは基本的にその数値が80%を超えると「買われすぎ」のサインとなり、20%を割ると「売られすぎ」のサインとなります。

ストキャスティクスはレンジ相場でのトレードに役立つ

ストキャスティクスは横ばいのレンジ相場における細かな相場の過熱感を測る事ができるので、レンジ相場におけるスキャルピングトレードにも役立ちます。

例えば下記のような上昇トレンドの場合だとストキャスティクスが上に張り付いてしまうので、相場の周期を上手く察知出来ず、あまり参考になりません。

ストキャスティクスとRSIとの違いは?

ストキャスティクスは相場の加熱に敏感

上記のチャートはRSIとストキャスティクスの両方を用いていますが、レンジ相場の中ではストキャスティクスの方が上下運動が激しく、頻繁に買われ過ぎ・売られ過ぎゾーンにタッチしている事が分かります。

ストキャスティクスは2本の線を用いている

ストキャスティクスは価格変動の激しい仮想通貨に適した分析手法

ストキャスティクスはRSIよりも相場に敏感に反応してくれるので、レンジ相場における短期的な売買に最適であり、ビットコインのような短期的に大きく価格が変動するような投資対象に適しています。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの見方

    ストキャスティクスのゴールデンクロス
  • %Kの計算式(設定期間を14日にした場合)
  • %Dの計算式(設定期間を%Kを14日、%Dを3日にした場合)

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの使い方

  • ゴールデンクロス・デッドクロスを狙って売買する
  • ダイバージェンスを狙う

ゴールデンクロス・デッドクロスを狙って売買する

ですが、ストキャスティクスをよく見てみると、至る所でゴールデンクロスやデッドクロスが発生している事が分かります。

ダイバージェンスを狙う

上記のチャートのように、価格が高値を切り上げて更に高値を更新し、一方でストキャスティクスが逆に高値から安値へと切り下がった時がダイバージェンスのサインとなり、ここが逆張りのショート(売り)、もしくはロングの決済(売り)を入れるポイントとなります。

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの設定方法

TradingView

TradingViewの場合、まず画面上にある「インジケーター」をクリックし、「ストキャスティクス」と検索してストキャスティクスを選択しましょう。

GMOコイン

bitFlyer

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスの注意点

  • 買われすぎ・売られすぎ水準で必ずしも価格が反転するとは限らない
  • 相場のトレンドが強い時には有効ではない

あくまでも「買われすぎ・売られすぎ」の目安として見ておこう

ストキャスティクスの指標はあくまで目安であり、必ずしも「買われすぎ・売られすぎ」水準で相場が反転するわけではありません。

相場のトレンドが強い時には有効ではない

仮想通貨(ビットコイン)FXにおけるストキャスティクスのまとめ

ストキャスティクスを用いるメリット

  • 相場の過熱感を把握する事ができる
  • レンジ相場でのトレードに役立つ
  • RSIと違って相場への感度が高い
  • 価格変動の激しい仮想通貨に適した分析手法

ストキャスティクスを用いた売買方法

  • ゴールデンクロス・デッドクロスを狙って売買する
  • ダイバージェンスを狙う

ストキャスティクスの注意点

  • 買われすぎ・売られすぎ水準で必ずしも価格が反転するとは限らない
  • 相場のトレンドが強い時には有効ではない

ストキャスティクスはレンジ相場で最も力を発揮しますが、反対に強力なトレンド相場ではその数値が偏ってしまうので、まずは「今の相場がトレンドなのかレンジなのか」といった部分を認知しておく必要があります。

執筆者プロフィール

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

【必見】ストキャスティクスの正しい使い方と落とし穴【注意点4つあり】

ストキャスティクスとは?【基礎知識】


ストキャスティクスとは、基本的に現在の価格が『買われすぎなのか』『売られすぎなのか』を判断できる指標の1つになります。

以下の画像のように、 80 エリアを上回れば買われすぎ、 −30 エリアを下回ればで売られすぎといった感じで判断することができます。

ちなみに、ストキャスティクスには 3 本のラインがあり、以下のような名前と意味合いがあります。

ライン種類 意味 ※覚える必要なし
1: %K(青ライン) (直近の終値ー設定期間の安値) ÷ (設定期間の高値)
2: %D(オレンジライン) %K の設定期間の平均値
3: Slow%D %D の設定期間の平均値

ただ最近、ストキャスティクスは 2 本( %K と %D ストキャスティクスのゴールデンクロス )で使うことが主流となってきているため、本記事でも 2 ストキャスティクスのゴールデンクロス 本( %K と %D )のストキャスティクスの使い方で解説していきます。

ストキャスティクスの計算式

ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスの使い方

ゴールデンクロスの本質を理解しないとFX初心者から卒業できない!

ゴールデンクロスのサムネイル

FXを攻略しよう!

今回のテーマはテクニカル分析で最も有名なゴールデンクロス

一般的には ”上昇トレンドのサイン” として認識されてますが、実際の相場で「ゴールデンクロスしても全然上昇トレンドが始まらない!」なんて経験をしてる方も多いのではないでしょうか?

今回はゴールデンクロスが示す事やその本質に迫りながら、 ゴールデンクロスとの正しい付き合い方 をお話していきます。

【相場の本質】ゴールデンクロスが示す事とは?

本来ゴールデンクロスとは、 「過去の平均値を直近の平均値が上回った瞬間」 です。

ゴールデンクロスした瞬間

ゴールデンクロスのローソク足の本数


相場は相対的なものであり、今現在の価格が高いか安いか判断するには過去との対比で語られるので、例えば『過去と比べて高くなり始めたから買い時』といった判断が売買の根本にあります。

”相場の方向性を示している” とか、 ”ゴールデンクロスすればこの先相場が上昇していく” など、未来の相場を予測をしてる様にも見えますが、

ゴールデンクロスも 過去の値動きに比べて、「今現在の」値動きが上昇傾向にある ということが、可視化されただけということなのです(・∀・)

移動平均線の設定期間で優位性は変わるのか?

ゴールデンクロスを議論する上で必ずテーマに上がるのが 移動平均線の期間 ですよね。一般的に短い期間は反応は早いけど信頼性は薄い、長い期間は反応は遅いけど信頼性は高いと言われてます。

しかし冒頭でお話した、 「移動平均線は設定した期間の平均値を表してるだけ 」という事実はどんな期間に設定しようと変わらず、

短期と長期のゴールデンクロス

ただ冷静に考えてみると、 短い期間のゴールデンクロスは今現在の事実を示すだけなのに、長い期間のゴールデンクロスになるといきなり先の相場を予測してくれるなんて 、ありえない話ですよね(´ω`)

【バイナリーオプションでのストキャスティクス投資手法】設定からエントリーまで解説

ストキャスティクス

トレード初心者

トレード初心者

ミナト

バイナリーオプションでのストキャスティクス基本解説

  • ストキャスティクスとは何か?〜ストキャスティクスはどう使うの?
  • RSIとの違いは?〜同じく過熱感を示すインジケーターとの違い
  • MT4での設定方法〜実際に設定してみましょう!

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクスは、 「売られすぎor買われすぎ」を数値で示すオシレーター系インジケーター の一つです。

  • 数値が20%以下→売られすぎ
  • 数値が80%以上→買われすぎ

上記のように20%と80%を基準に 相場を分析 します。

  • 3本のラインが 何を示し、相場に対してどう反応する のか?
  • 2つのパターンは どのラインで構成され、相場に対してどう反応する のか?

トレード初心者

トレード初心者

  • %K:(直近の終値-ローソク足X本分の最安値)÷(ローソク足X本分の最高値-ローソク足X本分の最安値)
  • %D:%Kのローソク足Y本分の平均値
  • %SD:%Dのローソク足Z本分の平均値

(X、Y、Z)はパラメーターで設定していくのですが、一般的には( 9、3、3 ストキャスティクスのゴールデンクロス )が使われています。

トレード初心者

ミナト

相場に対して敏感に反応する順として、 「%K>%D>%SD」 と覚えておけばOKです。

  • ファストストキャスティクス :%Kと%Dの組み合わせ
  • スローストキャスティクス :%Dと%SDの組み合わせ

スローストキャスティクスは、 ファストストキャスティクスを平均化 しています。

相場に対して 敏感に反応する順 ストキャスティクスのゴールデンクロス として「ファストストキャスティクス>スローストキャスティクス」と覚えておけばOKです。

ファストストキャスティクスは 反応が早くダマシが多い ので、最初はスローストキャスティクスがおすすめです。

ミナト

RSIとの違い

ストキャスティクスは RSI と視覚的に似ており、よく比較されますが使い方・見方は異なります。

  • 計算が違う
  • ラインの数が違う
  • エントリーポイントの見つけ方が違う
  • RSI: 終値をベース に計算
  • ストキャスティクス: 高値・安値が計算式に含まれる
  • RSI: 1本 のライン
  • ストキャスティクス: 2本 のライン
  • RSI:ラインが 基準値以上のゾーンに侵入 した時にエントリーを見極める
  • ストキャスティクス:基準値以上に到達時・ 2本のラインのクロスポイント でエントリーを見極める

RSIとストキャスティクスの共通点は、「 ラインを用いて相場の過熱感を示すオシレーター系インジケーター 」であることで、実際の使い方は異なります。

MT4での設定方法

  • %K期間: ローソク足何本分 を計算に用いるか?
  • %D期間:何本分の %Kを計算に用いる か?
  • スローイング:何本分の %Dを計算に用いる か?
  • %K期間・・・9
  • %D期間・・・3
  • ストキャスティクスのゴールデンクロス
  • スローイング・・・3
  • 移動平均線の種別・・・Simple

ストキャスティクスを使ったエントリータイミング

  • 買われすぎ、売られすぎからの逆張り手法
  • ダイバージェンスでの逆張り手法
  • ゴールデンクロスとデッドクロス

買われすぎ、売られすぎからの逆張り手法


◯の箇所は、ストキャスティクスが20%を下回り「売られすぎ」と判断したところで、逆張りのHIGHエントリーをしたポイントです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる